アクセスカウンター

  • TOTAL

« 2018年4月 | メイン

2018年5月 9日 (水)

2ヒット!ルリ、モンキ

年に1~2度会うママ友と、南薩方面へランチを兼ねて出かけました。

出先で見つけた2種類の昆虫。

F76e1ecff96a4b03a25070b07ec6cfac

2018/5/9 南さつま市加世田

某カフェの駐車場にベニカナメモチ。もしやと思って近寄ると、ビンゴgood

きらめく小さな甲虫がフワ~っと飛び立ちました。

ルリカミキリ。交尾個体も発見。

3b84ffb797ed4020aea699636653db83

気を良くして、そこから南下し枕崎へ。

ウメの木を探していると、なんとなく引き寄せられる1本。

F238d0531bb040a1a256a47a0a0da175

枕崎市木場町

少し時期が遅いかと思いましたが、目的の昆虫いましたup

撮影しようとしたらコロっと落ちて飛び立ったので、思わず手でキャッチpunch

E9ac63f9efc240b2b27887eee2f65e1b

モンキタマムシ。この木で唯一の1頭。

時間の関係で、周辺のウメの木を1本1本確認するわけにもいかず、帰路へ。

ママ友とのランチもお喋りもドライブも楽しかったし、

この時期にしか見られない、この2種類の昆虫も確認できて大満足ですnote

2018年5月 7日 (月)

子キリンの骨格標本(鹿児島県立博物館)

2018年4月27日に3Fがリニューアルオーブンした鹿児島県立博物館

こちらはそのフロアの目玉展示のひとつ、子キリンの骨格標本です。(№73)

4b5bcac0da7b46f6acdeca69c036e6da

2018/5/5 鹿児島市城山町 鹿児島県立博物館

91b6f1c6bb904618a4fb972c95e80ed0

とてもきれい。なんと、この展示は腹の下をくぐり通り抜けることもできますsign03

下から見上げた骨格標本。

7c08783a185b416bb50820e601234b69

これは昔、鹿児島市鴨池にあった鴨池動物園にいた子キリンなのだそう。

鴨池動物園は1916年開園~1972年閉園・平川動物公園へ移転という歴史があります。

今はもう鴨池には動物はいませんが、当時の施設の名残がいくつか残されています。

この子キリンの生前の写真を、博物館では探しているそうです。

もしお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ博物館へお知らせくださいhappy01

2018年5月 6日 (日)

「ダマスクの風」へ行きました

所用を兼ね、母と娘と一緒に鹿児島県鹿屋市の「ダマスクの風」へ行きました。

ここは、長年かのやばら園の園長を務められた方が、(実は母の知り合い=同級生)

退職後、2012年に設立したハーブ園です。

Aba64f4871634505b16d37b517208d19

D9757389205e4e3cbdcbb7672cffb83d

2018/5/6 鹿児島県鹿屋市小薄町 ダマスクの風

店内は天井にハーブのドライフラワーがぎっしり吊るされ、とってもいい香りheart02

960c724ba0774e13a389439c07c5e8fa

バラの香りのするソフトクリームも人気です。(1個400円ですが、食べる価値あり!)

5aa7a36903f94040a1192e7a892b3fa2

ハーブ園も散策しましたが、小雨が降ったり止んだりで、傘を差しながら鑑賞。

720d060c88654f9bb1ec2efb6f202660

0259fa73ed0c4366819a29977dcc61b4

7023f7babd1e42c1bcfd9c89485cc97f

8de507ab4edc40b282af938054dbc19b

ここでは鹿屋市の虫友親子との約束を果たすこともできましたscissors

観光客が絶え間なく訪れる、超癒しポイントでした。また寄りたいと思いますhappy01

2018年5月 5日 (土)

鹿児島県立博物館3Fリニューアルオープン

鹿児島県立博物館の3階が、2018/4/27にリニューアルオープンしました。

ゴールデンウイーク、子供の日、その3階展示室の紹介として、

ミュージアムトークが計4回行われ、私は娘と一緒に最終の15時から伺いました。

Dd8134e80a0e417996b9af7092d2fed4

00b988d0ead1485db872b7e7e17522db

2018/5/5 鹿児島市城山町 鹿児島県立博物館

A50c50b2bdbe49beacfc184744e40b50

01337d010fdb4f70be2c1dc484438c92

D2a58a8678774799acc644f3fa250b1f

フロア内はシックな感じに仕上がっていて、落ち着いた雰囲気。

広々としたスペース配分と、あちこちにソファが配置されて休憩も可。

何といっても、今回のリニューアルの目玉はこちら!

Cb849b724c7e471083f134fe0fd5ef15

斬新だったのが、文字の入った解説用パネル展示を減らし、

各展示物の解説をスマホアプリのダウンロードでそれぞれ入手できるというもの。

その名も「ポケット学芸員」sign03(博物館内では無料Wi-Fiも利用できますgood

この機能を体験するだけでも、行く価値ありますup

0ed1de193b2340a4a7ae16fcb9463c66

鹿児島の魅力がいっぱいの展示。入館無料なので、ぜひ皆さん足を運ばれてみてください。

2018年5月 4日 (金)

ムカシヤンマ 産卵シーン2018

今年もムカシヤンマに会えるかな?と思って、某ポイントへ。

昨年そこを訪れた時は、オスが道路で点々と縄張りを張っていたのですが、

今年はまったくそんな姿を見かけません。

しばらく歩いていると、草むらから羽音!…メスが産卵していました。

6c16a65982db4db980c5d9439d1a674b

2018/5/3 鹿児島県姶良郡湧水町

1時間くらいの間に、同じ個体なのか、2頭以上いたのか分かりませんが、

3回ほど産卵シーンを観察することができました。

湿った土手の草むらに潜るように、尾の先を差し込むように産卵しています。

昨年は5/28に同じようなシーンを見ているのですが、

今年はサクラや他の植物の花の開花が早いことに連動して、

虫の出る時期も早いのかもしれません。

クリもすでにつぼみが出ているし、ホタルも5月中旬かなぁ?

2018年5月 1日 (火)

ヨコヅナサシガメ、久しぶり~

実はここ数年、個人的にはヨコヅナサシガメに出会えておらず…。

今回久しぶりにたくさんの個体群を見れました~happy01

F7a05454704b4c8d8a97721c906d93fe

2018/4/28 薩摩川内市藺牟田池

こちらは、彼らの抜け殻が多数残っていた集会所(笑)

F708c0056f8347a288aba7c004ad15ce

サクラの樹の幹によく見られます。

203e2084bef4466293c566d79309ce35

いろいろな昆虫がいますが、

このサシガメも本当にカッコいいデザインの一種だと思います。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム