2017年2月23日 (木)

春の香り(ピンクの梅)

ほんの少し車を走らせ、某所へ。

Img_2713

2017/2/19 薩摩川内市入来町

目的地への途中、きれいなピンクのが咲いていましたheart02

Img_2712

梅?…だと思いますcoldsweats01 (違ったら教えてくださいsweat01

チョウの食草探しだったのですが、ほんの少しでも出かけられてよかったです。

2017年1月24日 (火)

ツワブキロード

Img_2507

2017/1/22 南さつま市笠沙町 野間半島

咲き残りのツワブキの花と、咲き終わった後の綿毛(種)。

Img_2506

この先もずぅーっと続くツワブキロード。

Img_2505

久しく、乱舞するほどのアサギマダラを見に行っていません。

今年はここでマーキングもできたらいいなぁ…confident

とにかくシーズンになったら、また出かけてみようsign03と思っています。

2016年12月28日 (水)

マムシグサの実

「私を食べて」と言わんばかりの真っ赤な実。

Img_1821

2016/12/21 薩摩川内市

でも食べたらダメですよ。マムシグサ有毒植物です。ご注意ください。

2016年12月21日 (水)

キジョラン

アサギマダラの食草として知られているキジョラン

Img_1822

2016/12/21 薩摩川内市

ツル性植物ですが、これはかなり上までつたっていました。

Img_1824

Img_1826

絡みかけているのは、ノバラの幹です。かなり太いものでした。

若干の虫喰い痕はありましたが、丸い穴模様と幼虫は見つかりませんでしたsweat02

現在自宅には小さなアサギマダラ(幼虫)が3匹いるので、

餌が足りなくなったら、ここに来てみようかな?coldsweats01

2016年12月11日 (日)

千本イチョウとツワブキの花

父の誕生日だったので、実家(垂水市)へ。

昼間は鹿屋市で遊び、帰りに垂水千本イチョウの場所へ寄りました。

Img_1753

2016/12/11 垂水市

Img_1757

イチョウもまだまだ見頃でしたが、遊歩道の中に咲くツワブキの花も

同色ですが、それもまた強調(協調)し合って美しい風景となっていました。

Img_1764

両親・家族と共に、久しぶりの休日らしい休日を満喫した一日です。

2016年11月29日 (火)

紅葉をほんの少し楽しむ 2016

もう少し早く紅葉を見に行きたかったのですが、なかなか時間がなく…。

この日ちょうど娘の用事で霧島方面に行けたので、

その時にほんの少し紅葉mapleを楽しむことができました。

Img_1571

2016/11/26 霧島市 みやまコンセール駐車場

Img_1574

あと、幹に大きめのツユムシ系も見つけました。(サトクダマキモドキ?)

Img_1573

他に、幹にはカミキリの粉ふき穴もいくつか見受けられたので、

来年の夏に訪れてみる価値ありsmile

建物周辺ではイイ感じのクヌギも何本かあったので、楽しみです。

2016年11月 4日 (金)

オニバス

初めて見たオニバス。とても神秘的な印象でした。

Img_1507

2016/11/3 薩摩川内市 小比良池

Img_1508

遠くて大きさが分かりづらいのですが、直径1mは無かったと思います。

一年生の水草だそうで、夏に発芽し、葉は8月~11月に見られるようです。

出現する条件やタイミングもあるので、この日は実物を見ることができラッキーshine

それでもだいぶ葉が崩れ、枯れかけていますsweat01

県内ではここが唯一の自生地

ホテイアオイの勢いに負けず、この池で頑張って生き延びて欲しいです。

2016年11月 1日 (火)

クズにつく虫たち

クズの広がり方もすごいけど、クズを利用する昆虫も多種多様。

虫たちにとっては大切で、人間にとっては時にやっかいな関係性もあると言えます。

とりあえずこのクズに付き、そこで暮らす2種類の昆虫を紹介します。

小さなマルカメムシと、ベッコウハゴロモ

Image2_2

2016/9/21 指宿市

どちらも私の大好きな種類。ほのぼのとした光景に見えてしまいますhappy01

マメ科の植物なので、花にはチョウやハチの仲間も来るし、

オジロアシナガゾウムシホシハラビロヘリカメムシなどもよく見かけます。

2016年10月23日 (日)

ゴキヅル

すごく綺麗な花で、

Rimg0066_2

とても面白い実がなっていますhappy01

Rimg0067_2

「ここから割れます」と言わんばかりに、切れ目が入っているような果実。

実際に割ろうとすると、いとも簡単にパカーンと上下に割れました。

Img_1386

2016/10/10 薩摩川内市 藺牟田池

ウリ科のツル性植物ですが、名前を聞くと…「ゴキヅル」でした。

ゴキ…一瞬、ちょっと残念な響きを感じてしまいましたが、coldsweats01

漢字(和名)で書くと「合器蔓」、お椀とその蓋の意味だそうです。

2016年10月21日 (金)

ヒシの種子

長男がカトリヤンマを狙った池で、次男は拾い物bleah

なんとも奇妙なカッコイイ種子、ヒシの種子です。

Rimg0090

2016/10/16 伊佐市

ヒシとは、池などの水面に広がって浮かぶ水草の仲間ですが、

長く伸びた根が水底にしっかり届くと、流されることはないそうです。

左右に伸びたトゲはツノのよう。結構固いので刺さると大変かもsweat01

どうしてこんな形ができてしまうのか、

自然の造形美はミステリアスで、ワンダフルup 面白すぎますsign03

数個拾って帰り、次男が自宅のベランダビオトープ(池)に投入…sweat02

もし発芽したらまたここでお知らせしますcoldsweats01

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム