アクセスカウンター

  • TOTAL

2020年1月15日 (水)

アートアクアリウム(熊本)へ行きました

熊本城ホールで開催していたアートアクアリウムへ行きました。

年明け早々、娘と私が体調不良だったこともあり、

3日に行きたいと思っていた予定が、この日(開催最終日)になりました。

昼前に着いてランチ後、12時過ぎにチケット売り場に行ったところ「90分待ち」sign02

長蛇の列でしたが、並べばスムーズに進んではいくので、何とか60分ほどで入場できました。

中に入ると、待ち構えていたのは数々の幻想的な金魚の世界…圧倒されましたshine

Dsc_2137

2020/1/13 熊本城ホール アートアクアリウム

音、光、デザイン、そこに生き物である優雅な金魚たちが加わり、

本当に美しくディスプレイされ、訪れた人たちを魅了していました。

Dsc_2103

撮影可。フラッシュ・動画撮影は不可。金魚は動くので、同じ写真は撮れないですね。

Dsc_2105_2

Dsc_2114

なかなか見ることのできない種類の金魚もたくさんディスプレイされていました。

ゆらゆら泳ぎますが、そんなに早く動かないので撮りやすい。

Dsc_2133

ランチュウのコーナーでは、この鉢にも注目。それぞれの絵柄が見事。

Dsc_2134

Dsc_2143

同じ場所に居ても、光の色が次々と変化するので、見ていて飽きないし、その都度感動heart04

Dsc_2150

まるでガラスのケーキみたいなディスプレイ。中では様々な金魚が優雅に泳ぎます。

Dsc_2158

Dsc_2160

Dsc_2165

金魚の種類も豊富ながら、ひとつひとつの容器が美しい。ガラスも陶器も。

照明の当て方も工夫されているので、作品がそれぞれ引き立っています。

また、最終日だからと言って欠ける展示もなく、弱った金魚も入っておらず、

糞などの浮遊物も見当たらず、透き通った水の中で泳ぐ金魚が本当に綺麗でした。

管理が徹底していると感じましたし、見せる(魅せる)プロの仕事だと感動しました。

Dsc_2206

大きな金魚のディスプレイは大掛かりなものですが、どれも斬新で美しい。

Dsc_2210

Dsc_2215

Dsc_2226

見上げる天井のディスプレイ。

まるで宝石のようにキラキラ、鏡を使って金魚を様々な角度から堪能出来ます。

Dsc_2242

四季を表現した金魚が泳ぐ屏風絵巻。音楽と光と映像が素晴らしい。

Dsc_2245

年末に一瞬だけ見たTVコマーシャルで衝撃を受け、行きたい!と思いました。

本当に行ってみて良かったです。娘との日帰り二人旅でしたが、満喫しましたshine

アクアリウムは全国で開催されているようですが、もし鹿児島にも来たらぜひまた行きたい。

写真だけでも美しいと感じますが、やはり生き物の動き、流れる音や光を体感しての

全体的な作品なので、これは会場に行かなければ得られない感動でした。

本当に美しい世界に癒されましたconfident

2019年12月20日 (金)

帰り道、天文館ミリオネーション

この冬も「天文館ミリオネーション」開催のようです。

20191220

2019/12/20 鹿児島市 天文館公園

開催期間は本日12/20より、2020/1/31まで。

私は通勤路なので、そのまま眺めながら帰りますが、

あまり寒くない日なら、お散歩してもいいかも?confident

2019年11月25日 (月)

鹿昆大会 2019

今年も鹿昆大会2019に参加してきました。

というのも、今年もお茶係と忘年会係を担当させていただいたので、参加は必須(笑)

大会では貴重な講演を聴けることと、

この日この場でしかお会いできない方々にも会えるというのが醍醐味ですhappy01

当日の大会の様子は以下の通り。

201911231

2019/11/23 鹿児島市西別府町 武・田上公民館

201911232

提供品コーナーでは、各希望者が白熱のジャンケン大会でそれぞれ希望の品をゲット。

私はこの2品をゲットしましたscissors

201911234

福田晴夫先生著の「チョウの履歴書」には、その場でサインを入れていただきました。

201911235_2

「マンガチックなサインにしてあげますからね」と、描いて(?)くださったのはこちら。

201911236

「H」があるチョウの幼虫の頭部になっています。そう、イシガケチョウです!

素敵なサインをありがとうございましたheart02

午後からは宮崎大学の大野先生から特別講演もあり、とても興味深い話が続きました。

「生態系サービスを取り入れた害虫管理」

これは長男と、指宿のT子さんにぜひ聞いてもらいたかったsweat01

201911233

最後に、今年の鹿昆大賞も素晴らしい功績を残した方々に贈られ、

各受賞講演の内容もとても貴重なものでした。

201911237

2019112310

聴いてばかりで、つい写真を撮り忘れてしまうことが多くてsweat01

ここに集う方々は皆さん昆虫のことに熱心で、素敵な人ばかりhappy01

夜は一早く忘年会が開催されました。(downwardleft始まり・乾杯の挨拶、A子先生)

201911238

皆さん、隣席の方々と話が弾んだことと思います。恒例のビンゴゲームも大盛り上がり(笑)

鹿児島昆虫同好会会員の皆様、今年も楽しい一年の締めくくりができたと思います。

また来年も虫を通して、素敵な出会いと素晴らしい成果が得られますように。

私もいろんな方々に大変お世話になりました。ありがとうございました。

少し早いですが、来年もどうぞよろしくお願いいたしますheart04

2019年11月17日 (日)

鹿昆ナイターin寺山

秋の昆虫採集、しかもナイターを鹿児島昆虫同好会で開催。

今回は時期・場所の選定が難しかったようですが、

気軽に参加できるように、鹿児島市内の公園での実施となりました。

201911161

2019/11/16 鹿児島市吉野町 寺山公園

今回は小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭が多く、賑やかなナイターでした。

駐車場から展望所までの歩道途中には、輝彦先生自作の糖蜜トラップも仕掛けられ、

ライトで照らしながら歩くと、フクラスズメが多く集まっており、

目が反射で赤く光るので、すぐに分かりました。

途中、このクロモンシタバも見つかりました。

201911163

はっきり言ってピンボケですが、翅をずっと震わせながら動くので、スマホじゃ難しいsweat01

また、他のお子さんがヒメヤママユのメスを見つけていました。

(先生方から採卵を勧められていました(笑))

全体的な蛾などの飛来数は少なかったものの、網やライトを持って歩きまわる子供たちは、

イキイキとして本当に元気で、たのもしい光景でしたhappy01

201911162

展望台から姶良方面の夜景。時にはこんな風景も楽しんじゃったりして…heart02

手前の木々が鮮やかな緑色に写っているのは、この展望台下の灯火ライトのおかげです(笑)

2019年10月28日 (月)

鹿博・企画展「チョウに負けん蛾」へ行きました

鹿児島県立博物館で開催中(2019/9/28~11/24)の企画展、

チョウに負けん蛾」を見に行ってきました。

この日(10/20)は、一時帰省していた長男が福岡へ帰る前に立ち寄りました。

まずは企画展室への入口で、思わず立ち止まってしまいましたcoldsweats02

圧倒される数の標本箱が部屋中に広がっていたからです!

201910206

2019/10/20 鹿児島市山下町 鹿児島県立博物館

約1,600種類の蛾がぎっしりと並んでいます。そして総数16,000頭sign02

まさに蔵出し!本当にこれだけの蛾の標本を保持している博物館は他にないのでは??

1点1点が美しく、またそれを得る時のエピソードがたくさん詰まっている標本箱だと思います。

ナイターを再現したコーナーもありましたhappy01

201910208

標本箱の中の姿とは違って、白布に展示してある昆虫は、リアルな飛来時の姿。

本当によく作られています。いちいち感動させられましたheart04

また、別の日(10/26)、今度は私だけミュージアムトークを楽しんできましたnote

201910261

土曜日の午後とあって、小さなお子さん連れのご家族や、蛾好きのオトナも大勢。

そしてこの蛾たちの展示に一肌脱いでくださった、鹿児島の蛾の第一人者、

福田輝彦先生もミュージアムトークにご出演くださり、

ユーモア溢れる輝彦節が、ご来場の皆さんの心を鷲掴み(笑)

201910262

一般的に蛾は嫌われるといったイメージが強いのですが、輝彦先生からの視点からすると、

まさにこの世に生き残る術を身に付けた賢者です!

それぞれの色や形、生態を知れば知るほど、この世界はおもしろい。ホント沼ですねcoldsweats01

博物館のA子先生や、虫友になった親子(お母さん)ともお話しましたが、

この部屋なら一日過ごせる、「蛾MOEカフェ」なんていいね~heart02など、止まらない(笑)

帰りはエントランスで巨大模型のヤママユが見送ってくれました。

201910263

期間内にまた行きたいな!upこれだけの蛾展は二度と無いかもしれません。

まだ見られていない方、ぜひ素晴らしい標本展へ足をお運びくださいsign03

入館料無料 2019年11月24日(日)まで

2019年9月27日 (金)

鹿児島遠征⑧ 霧島その2(ナイター)完

さて、2019年夏の鹿児島遠征も今回で最終となります。

思いっきり鹿児島県本土の虫探しを楽しんだ最後は、輝彦先生によるナイターで締めくくります。

夕方、霧島市牧園町にある関平鉱泉(温泉水)の販売所(物産館)の駐車場で待ち合わせ。

三体堂という地域の、あるポイントへ移動しました。

昼間に一度、どんな景色かみんなで確認しているので、夜にどんな虫が飛んでくるか…?

ワクワクしておりましたheart02

まだ陽がしずまないうちにセットを組み始めます。

輝彦先生直々に道具や白布の張り方について教わりました。ものすごい工夫の数々。

長年の知識と経験が、ありとあらゆるところに施されていますflair

Dsc_1485

これを見せてもらって、彼らも自分たちなりにナイターができるようになるはず??

さて、これからが本番です。

発電機を始動させ、水銀灯が灯ると、一気にドキドキ感が高まりますup

しばらくすると、いろんな虫たちが集まり始めました。

気が付くと、みんなもう夢中・・・lovely

Dsc_1489 

ナイターは天候はもちろんのこと、月齢にも左右されます。(downfullmoon満月 < 新月moon3up

この日は残念ながら満月の翌日。ほぼ満月の月があたり一帯を照らしています。

そのためか、甲虫はあまり集まらず、ツヤアオカメムシチャバネアオカメムシが大量。

私の帽子も気づいたらこんなにカメムシだらけsweat01

Dsc_1495

しかしなんと、たくさんのカメムシの中に、アルビノ?黄色いツヤアオカメムシが飛来!

Dsc_1511

カブトムシは来ませんでしたが、1頭だけダイコクコガネのメスが来ましたnote

Dsc_1488

輝彦先生と大学生らは、経験談や虫の話をしながら、やってくる虫を楽しみます。

この日は特定の虫を狙ってナイターしたわけではなく、

帰省中に輝彦先生とお会いし、ナイターの勉強・体験をするのが第一目的。

得るものも多かったことと思いますconfident

Dsc_1493

輝彦先生、遠く、遅くまでありがとうございました。

今回、鹿児島県本土をあちこち駆け巡り、本当に充実した鹿児島遠征となりました。

子供たちもハードスケジュールでしたが、私も十分に楽しませてもらいましたhappy01

奄美大島には行けませんでしたが、クモ屋くんにも鹿児島を楽しんでもらえてよかったです。

翌日、彼らは柿の木ラーメンで昼食、㈲柳川氷室のかき氷を食べて福岡へ戻ったとのこと。

この経験が将来に役立ちますようにheart04(完)

2019年9月22日 (日)

鹿児島遠征編⑦ 霧島その1

8/14、15は天候不良のため、自宅待機または所用を済ませました。

そして8/16、私が同行できる最後の採集日。

次男と娘は宿題も溜まってきているとのことで自主的にお留守番sweat01

さて、大学生2人と向かった先は霧島市牧園町

音楽ホールとして有名な「みやまコンセール」付近から回りました。

2017年7月に、白い花が咲き乱れるリョウブの木で

とてもおいしい思いをしたポイントへ行きましたが、

なんと、そのリョウブが途中から切られていて、ひこばえがやっと伸びた状態…crying

花期は過ぎていたので以前と同じ光景を期待してはいませんでしたが、切られているとは…。

仕方なく、その周辺を散策。大学生らは思いのほか楽しんでいましたnote

お目当ての定食屋がお休みで、他のお店で軽く昼食を済ませ、クヌギ林を目指します。

しかし、前日までの悪天候の影響もあってかヌル。

その後、三体堂というポイントを目指します。

三体堂はナイター予定地。位置を確認した後、大霧の手前の林道で遊びます。

彼らは車を降りるとすぐに採集を開始。移動中は休息といった、ムダの無い行動。

途中、イイ感じの場所があるとすぐに停まります。

Dsc_1479

2019/8/16 霧島市牧園町

草原性、林縁性のハチや、朽木に集まる甲虫類を探しています。

Dsc_1480

私はここでクモ屋君からタイワンオオテントウダマシを見せてもらいました。

そのほか、草原では新鮮なベニシジミや、ヒメキマダラセセリが飛び回っていました。

この日、日中はあまり写真を撮っておらず、掲載するものが少なくてすみませんcoldsweats01

彼らの採集活動は、どこに停まっても1か所でかなり長い時間を要すのですが、

夕方は輝彦先生と待ち合わせのため、一旦切り上げて一時下山です(笑)

2019年9月15日 (日)

鹿児島遠征編⑥ 夜回り

(だいぶ、お待たせしましたが、鹿児島遠征の続編です)

この夜はクレイジー。ホントにバカだなと思います。

8/13に台風接近のため早々と大隅を撤退する予定でしたが、

夕方、次男と娘はフェリー&バスで自宅(鹿児島市)に戻ってもらい、

大学生組と私は陸回りで、ぐるーーーーっと夜回りしながら自宅へ戻ったという話。

・・・そう、なぜか台風前の静けさ?なのか、雨も降らず風もない不気味な夜でした。

「どうする?」そんな会話が自然と発生します(笑)。決して帰る方向の話ではないsweat02

「この時期、ヒゲコガネいいよね」「あー、いいねぇ!」「ビックリ甲虫キング」

そのまま国分あたりから高速に入ってしまいました。降りたのは湧水町

某コンビニと、某パチンコ屋の駐車場でウロウロ。ヒゲコガネのオスもメスも大量。

コガタノゲンゴロウも拾います。

さて、このままゆっくり横川まで下ろう。ぼちぼち各コンビニで止まりながら…。

あまり撮影をしていませんでしたが、唯一の画像。

Dsc_1472

2019/8/13 霧島市横川町 トゲサシガメ

このあと、溝辺から某コンビニ(姶良市加治木町小山田)まで走りました。

そこではシモフリスズメオオクロカメムシキイロサシガメなどを採集。

ここで、位置感覚のマヒしている人たちは「清浦ダム、もう一回行きたいね」

なんて言い出します…。阿保です。蒲生を抜け、薩摩川内市入来町へ出ました。

しかしなんと、ここで長男「この前、山崎行ってないよね?」という発言…sign02

(8/9の夜、清浦ダムまで行って、山崎までは行かなかったのです)

もう私も完全にマヒ。左折したらいいものを、右折してさつま町まで走りました。

山崎」とは、虫屋にとっては有名ポイントのローソンさつま町山崎店のことです。

でもこの日はヒットはなく、0時も過ぎてしまいましたsweat02

じゃあ、ゆっくり清浦ダムへ向かいましょう。彼らは私の運転中、仮眠。

若い彼らは短時間で体力が回復するのでしょうか、それともその場に着くとアドレナリンが

放出されるのでしょうか。清浦ダムに着くとすぐに行動開始!

Dsc_1474

2019/8/14(深夜)薩摩川内市入来町 清浦ダム

クモ屋くんは、初回訪れた時に採れたクモの追加を狙います。

水銀灯のある橋の上では、長男がオオルリオビクチバのオスを見つけました。

1568541321495

ヤママユもいくらか飛んでいましたが、8/9夜の客層とは少し異なりました。

最後やっとここで彼らは満足し、ようやく長い夜が終了しました。(朝は志布志スタート)

本当の帰宅は午前2時を回っていたと思います。

翌日(8/14)は少し台風らしく雨も降りましたので、クモ屋くんはうちで虫の整理や撮影、

子3人は墓参りへ行き、私はすぐに標本作りに励みました。

8/13は1.5日分、いや数か月であちこち行くような場所を一気に攻めたクレイジーな

長い充実した日となりました。

2019年9月13日 (金)

「秋から始める昆虫採集」お知らせ

今回はこの場を借りてお知らせです。

鹿児島昆虫同好会では、夏の終わりにすっかり昆虫の世界に魅了されたお子様や

そのご家族を対象に、今後じっくり昆虫採集や標本づくりに取り組んでもらえたら…と、

親子で参加できる「標本づくり講習会」と「昆虫採集体験会」を企画しています。

実は夏休みが終わってから、9月以降にもたくさんの秋の虫が現れます。

アカネ系のトンボや、カマキリ、キリギリス系、コオロギ系(秋の夜長に鳴く虫たち)、

渡りをするアサギマダラや、秋型のチョウたち、寒くなると出てくる蛾の仲間たち。

秋に成虫になる昆虫も実に多いのです。

虫たちは季節の植物や生き物たちと共存し、棲み分けしながら多種多様な姿を見せてくれます。

そんな虫たちと出会うチャンスに、興味のある方は、ぜひご参加くださいuphappy01

第1回【標本づくり講習会】(昆虫) 中止になりました(台風接近のため)

令和元年9月22日(日) 9:30~12:00 かごしま環境未来館

参加料:無料

持ってくるもの:標本を持ち帰る箱など。筆記用具。

お申込み:鹿児島昆虫同好会 ナカミネ先生 090-5284-4024

      ↓ ただし、こちらで行います!

第2回【昆虫採集体験会】

令和元年10月20日(日) 10:00~12:00 市立少年自然の家

   【標本作り講習会】  13:00~15:30(予定)

参加料:無料

お申込み:不要。自由参加のため、直接現地へお越しください。

服装等:長袖・長ズボン。帽子。運動靴。

持ってくるもの:捕虫網、三角紙。水筒、お弁当。(デジタルカメラなど)

どちらか一方だけでの参加でもOKですgood

昆虫の世界は一年を通して楽しめますので、ぜひこの機会にお集まりいただければ幸いですheart02

2019年9月 4日 (水)

鹿児島遠征編⑤ 大隅その3

まるで合宿…(笑)

志布志市のゲストハウス「すず風」に一泊し、また出発の準備。(朝の風景)

Dsc_1439

2019/8/13 志布志市有明町蓬原

長男らは昨夜、池の周辺を散策し、夜中に戻ってきたため朝起きるのは遅かったcoldsweats01

でも、チェックアウト後にまたその池の周辺へ行き、午前中、娘はギンヤンマを狙います。

Dsc_1445

ギンヤンマはどうしても振り逃がして採れませんでしたが、

タイワンウチワヤンマを採集できましたhappy01

台風10号接近中のため、午後は天気が崩れそうでしたので、早めに次の場所へ移動。

前々日、イエローパントラップを仕掛けた場所を目指します。

もともと黄色いバットに水を入れて置いておくのですが、雨が降ったら回収も難しいsign02

着いた時には雨が降ってきましたが、なんとか雨の強弱の合間を縫って回収。

水底に沈んだ昆虫が溢れ出ることはないそうですが、私はしばし車内で待機coldsweats01

その間、娘は少しの雨に濡れながらも、モンキアゲハを狙います。結果は…残念sweat01

Dsc_1450

肝属郡肝付町(頭にタオルを巻くのは、クモ屋くんの影響でもあるようです(笑))

雨風が強くなり始めたので、とりあえず昼食を取れる場所を探します。

コンビニのお弁当を買ったので、どこか落ち着いて食べられるところを…と、

思っているうちに雨は止み、辿りついたのが鳴之尾牧場。(なんでやねーんcoldsweats01

Dsc_1452

鹿屋市有武町 鳴之尾牧場

写真ではまったく分かりませんが、強風で牧草が波打っている状態。

風が強すぎて外で食べるのは無理だったので、結局風景を見ながら車内で食べましたcoldsweats01

クモ屋君は、それでも草原性のクモを探しにしばらく散策。本当に素晴らしい行動力!

特に収穫はありませんでしたが、「こんな場所もあるよ」と牧場の紹介で終わった感じ。

帰り道、クヌギが並んでいる道で(もちろん)車を止めます。

Dsc_1453

この子たちは、こんなところで何時間も遊べる人たち。

クモ屋くんは林の中へ。長男はスイープしてハチ採り。

次男はクヌギの根本を掘ってクワガタ探し(大きめのコクワガタ♂を採集)、

娘はスミナガシカナブンを採集しています。

さらに、「ダマスクの風」というフラワーガーデンへ立ち寄りました。

ここでは例年Blue Bee(ナミルリモンハナバチ)が観察できるそうですheart02

Dsc_1469

この日、見られた幸せの青いハチ。もちろん、見るだけwink

downwardright「園内での昆虫採集はご遠慮ください」(笑)

Dsc_1459

ここは休憩といったところ。名物のローズソフトクリームで癒されました。

Dsc_1457

雨が降らないといつまでも帰れず…でしたが、実家から心配の電話があり、

この日はこれにて終了(本当は終了ではなかった)。

夕方実家へ残りの荷物を受け取りに戻り、夕飯までお世話になって早々に鹿児島へ。

実家の車(5人乗り)も相当走りこんだはずsecret

次男と娘はフェリー&バスで。大学生組と私は、マイカー(軽)で自宅へ戻ることで、

両親に見送ってもらい、夕方~夜は雨も降らない不思議な天気に翻弄されながらもこの日は終了。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム