« 2020元旦の初採集 | メイン | 帰路の夕陽 »

2020年1月15日 (水)

アートアクアリウム(熊本)へ行きました

熊本城ホールで開催していたアートアクアリウムへ行きました。

年明け早々、娘と私が体調不良だったこともあり、

3日に行きたいと思っていた予定が、この日(開催最終日)になりました。

昼前に着いてランチ後、12時過ぎにチケット売り場に行ったところ「90分待ち」sign02

長蛇の列でしたが、並べばスムーズに進んではいくので、何とか60分ほどで入場できました。

中に入ると、待ち構えていたのは数々の幻想的な金魚の世界…圧倒されましたshine

Dsc_2137

2020/1/13 熊本城ホール アートアクアリウム

音、光、デザイン、そこに生き物である優雅な金魚たちが加わり、

本当に美しくディスプレイされ、訪れた人たちを魅了していました。

Dsc_2103

撮影可。フラッシュ・動画撮影は不可。金魚は動くので、同じ写真は撮れないですね。

Dsc_2105_2

Dsc_2114

なかなか見ることのできない種類の金魚もたくさんディスプレイされていました。

ゆらゆら泳ぎますが、そんなに早く動かないので撮りやすい。

Dsc_2133

ランチュウのコーナーでは、この鉢にも注目。それぞれの絵柄が見事。

Dsc_2134

Dsc_2143

同じ場所に居ても、光の色が次々と変化するので、見ていて飽きないし、その都度感動heart04

Dsc_2150

まるでガラスのケーキみたいなディスプレイ。中では様々な金魚が優雅に泳ぎます。

Dsc_2158

Dsc_2160

Dsc_2165

金魚の種類も豊富ながら、ひとつひとつの容器が美しい。ガラスも陶器も。

照明の当て方も工夫されているので、作品がそれぞれ引き立っています。

また、最終日だからと言って欠ける展示もなく、弱った金魚も入っておらず、

糞などの浮遊物も見当たらず、透き通った水の中で泳ぐ金魚が本当に綺麗でした。

管理が徹底していると感じましたし、見せる(魅せる)プロの仕事だと感動しました。

Dsc_2206

大きな金魚のディスプレイは大掛かりなものですが、どれも斬新で美しい。

Dsc_2210

Dsc_2215

Dsc_2226

見上げる天井のディスプレイ。

まるで宝石のようにキラキラ、鏡を使って金魚を様々な角度から堪能出来ます。

Dsc_2242

四季を表現した金魚が泳ぐ屏風絵巻。音楽と光と映像が素晴らしい。

Dsc_2245

年末に一瞬だけ見たTVコマーシャルで衝撃を受け、行きたい!と思いました。

本当に行ってみて良かったです。娘との日帰り二人旅でしたが、満喫しましたshine

アクアリウムは全国で開催されているようですが、もし鹿児島にも来たらぜひまた行きたい。

写真だけでも美しいと感じますが、やはり生き物の動き、流れる音や光を体感しての

全体的な作品なので、これは会場に行かなければ得られない感動でした。

本当に美しい世界に癒されましたconfident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/34200233

アートアクアリウム(熊本)へ行きましたを参照しているブログ:

コメント

行かれたんですね!!
素晴らしいですね~綺麗ですね~いいな~☆
鹿児島で開催されたら嬉しいですね(#^.^#)
写真で気分を味わえました!
ありがとうございます!

kazumamaさま
鹿児島でもぜひ開催して欲しいですね!
本当に感動しますよ。
フィールドとは違う、人工的なデザインの中の感動も新鮮shine
もし鹿児島開催になったら一緒に行きましょうねup

ぜーひー(#^.^#)♪♪

kazumamaさま
それでなくても、またゆっくり語りましょう!

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム