2019年6月 3日 (月)

ミヤマカワトンボが飛翔する風景

本当は縄張り争いをしている2頭のミヤマカワトンボのオスがハイスピードで飛び回りますが、

その事実とは対照的に、優美な川の風景に鮮やかなオスの色合いがアクセントを添えています。

まるで日本画の様な風景。(やや画質が悪いかもしれませんsweat01


YouTube: ミヤマカワトンボ戯れる沢

2019/5/25 伊佐市 奥十曽

Dsc_0831

向こう側にはたくさんのミヤマカワトンボが降りてきていました。

この風景は何度来て見ても見飽きない。幻想的な、癒しのスポットですheart02

2019年5月27日 (月)

ツバメの巣マンション

娘とお気に入りの温泉へ行くと、ツバメの巣がたくさん並んでいました。

風呂から上がり、帰るときにはすっかり暗くなっていて、

巣を見ると、それぞれの巣にオーナーツバメたちが帰ってきていました。

Dsc_0811_2

2019/5/19 鹿児島市川田町

Dsc_0814

こちらはヒナが大きくなりすぎて、親鳥が隣の崩れかけた巣で休んでいる様子。

みんな子育て頑張ってますねheart02

Dsc_0815

錦江町 花瀬公園にて

長男がこの日一時帰省してくれたので、大隅遠征となりました。

向かった先は花瀬公園

Dsc_0784

2019/5/12 鹿児島県肝属郡錦江町

途中寄り道もあったので、着いた時にはもうお昼。

バンガロー隣にある浜田農園でそうめん流しの昼食note

Dsc_0767

渓流の絶景を楽しみながら…のはずが、

長男は待っている間、午前中寄り道した場所で採った微小昆虫の仕分けcoldsweats01

Dsc_0774

そうめんランチ、やっぱりこんな景色の中で食べられるのは最高shine

食後は、自家製シャーベットもいただきましたdelicious

Dsc_0779_2

私はここの農園で育ったブドウのシャーベット。娘はマンゴー。さっぱりして美味heart02

この後、一応ネットを持って散策。特に何狙いというわけでもなく。

ヤマサナエイチモンジチョウミヤマカワトンボなどを採集。

そして、この風景。鹿昆会員の方で、懐かしいと思われる方もいらっしゃるかも?

Dsc_0781

2011年、合宿なるものを行い、集合記念写真を撮った階段ですconfident

実に8年ぶりに訪れましたsweat01

天気も良すぎて、歩いているだけで自然を満喫できる一日。

Dsc_0782_2

長男もすっかり虫屋です。(ネットの中で小さな虫を自作の吸虫管で採集しているところ)

次男が参加できなかったのが残念ですが、良い大隅遠征=母の日となりましたup

長男はこの日の晩、新幹線で福岡へ帰りましたcoldsweats01

2019年3月23日 (土)

夕刻の湧水町某所

ラストチャンス、湧水町某所へ。

ここの風景は、今は少し淋し気ではありますが、

その中にも生命の芽吹きを蓄えた冬の終わりと、凛とした強さが感じられます。

Dsc_0201

2019/3/20 鹿児島県湧水町

Dsc_0205

Dsc_0207

これは巣ではなく、球体になっているヤドリギの影。

Dsc_0208

Dsc_0209

ここをご存知の方は、何のためにここに居たのかピンとくるかも?

次回が本編。今回は序章といったところ。

2019年1月14日 (月)

宮田屋珈琲たるみず店のオブジェ

鹿児島県垂水市浜平にオープンした「道の駅たるたるぱぁく はまびら」。

そこの2階の展望デッキ横にある宮田屋珈琲たるみず店には、

中央の柱にこんなオブジェがsign03 カッコイイshine

Img_7871

2018/12/11 垂水市浜平

うちにもこんなオブジェ欲しいなぁheart04

2019年1月 2日 (水)

桜島とカツオドリ、冬鳥について

お昼から子供たちを連れて霧島神宮へ向かいました。

途中、磯庭園までの海岸沿いの道がひどい渋滞…。そこで40分も費やしましたが、

車窓の向こうでは、数羽のカツオドリが漁をしている最中でした。

Img_8009

2019/1/2 鹿児島市

もちろん、スマホ撮影なんかではカツオドリは写りません。残念ながらsweat02

しかし、渋滞中も何度かダイビングする光景を見ることができて楽しめましたnote

今年は冬鳥をあまり見る機会がありません。ハクセキレイも少ないし、

ヒヨドリムクドリメジロツグミなんかさっぱり見ていません。

少し山へ入れば見られるのかな?シロハラも見ていません。

なんだか冬鳥に対する個人的な備忘録になってしまいました(笑)

2018年12月26日 (水)

2018 Last Fullmoon

この日は夕方から温泉へ(笑)

行った先は、轟温泉。お気に入りの温泉です。肌すべすべ、髪サラサラになります。

着いた時にはフルムーンがお出迎え。

Img_7918

2018/12/23 鹿児島市川田町


Img_7920

今年最後の満月でした。

温泉では前日が冬至だったので、ゆず湯も楽しめましたnote

2018年12月21日 (金)

天文館ミリオネーション2019へ

夕方、天文館公園の前を通ると、眩いばかりのイルミネーション!?

Img_7901

2018/12/21 鹿児島市千日町 天文館公園

この日は夜でもあまり寒くなかったので、子供たちを連れて再び出かけてみました。

Img_7903

Img_7906

去年も来ているので、感動は半分でしたが、なかなかの散歩コースnote

親子連れやカップルも多かったかな。

初日で金曜日ということもあり、人出も多かったように思えます。

天文館ミリオネーション2019は、2018/12/21~2019/1/31まで。

2018年12月15日 (土)

鹿児島県立博物館へ行きました

「平成最後の」ってフレーズが何に対しても使われがちな昨今ですが、

その最後の12月、今年最後かな?鹿児島県立博物館へ行ってきました。

Img_e7879

2018/12/14 鹿児島市城山町

目的は3つ。①ツマベニチョウ幼虫、②企画展、③かがり火。

①博物館の建物横にあるギョボクで、ツマベニチョウの幼虫を探すこと。

以前訪れた時には卵も小さな幼虫も確認できたので、今回はその成長具合を。

Img_e7880

大きいもので体長20ミリ前後の幼虫が、葉脈を真似て必死に体を浮かせていました。

上の画像、どこにいるか分かりますか?coldsweats01

②企画展は、12/22(土)から始まる生物多様性」について。

まだ今ちょうど準備中でしたが、予告という形で中を少し見せていただきましたnote

Img_e7881

鹿児島県の生き物の数の豊富さ、南北600kmの自然の豊かさに感動しつつ、

未来の世界を見つめ直すことができる企画展となりそうです。

かがり火。これは2017年7月19日に小学2年生が栗野岳北麓で採集したという

クロアゲハの異常型の標本。その名も「かがり火」。

Img_e7883

通常の斑紋とは異なり、後翅の赤班が多く広がっているところから来ているネーミング。

なんて素敵な別名でしょう!名付けた人のセンスに魅せられますheart04

これは2Fフロアの中央に展示してありますので、ぜひ多くの人に見て欲しいですね。

学芸主事のK井先生にもいろいろお話をうかがいました。ありがとうございました。

博物館は入館無料です。年末年始は12/29~1/1が休館日だそうですが、

2日以降に照国神社初詣へ行かれる方は、ぜひ立ち寄ってみられては?happy01

2018年12月12日 (水)

たるたるぱぁくへ行きました

この日はあいにくの曇り&小雨でしたが、父の誕生日、実家(垂水市)へ。

午後から垂水市鹿屋市を行き来する海岸沿い(国道220号線)の浜平

新しくオープンしたばかりの道の駅 たるみず浜平「たるたるぱぁく」へ行きました。

Img_7874

2018/12/11 垂水市浜平(11/23オープン)

平日ということもあり、すいてはいましたが、初めてくるお客さんが多い印象。

ここに行く前にランチを済ませていたので、2Fの宮田珈琲店で両親と私の3人で

美味しいコーヒーをいただきながら、しばし歓談…。たまにはいいものですねconfident

Img_7872

upwardright2Fデッキフロアからの桜島錦江湾の眺めも良いです。

施設内はまだオープンから日も浅いこともあるのでしょうが、

これから設備や商品なども充実してくるのかな?と思います。

軌道に乗れば、来年以降は多くのお客様がそこへ立ち寄り、

新しい観光スポットとして活用される、人気の道の駅になればいいなと思います。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム