2020年5月18日 (月)

城水渓谷(じょうすいけいこく)

この日、枕崎からの帰り、新しいルートを通ってみたくて、

カーナビの言う通りに走ってみたり(結構変な案内になることもあるため)、

カーナビに反して、絶対ここからも帰れる!と思ったルートを走りました(笑)

かなりの冒険野郎みたいですが…coldsweats01

最後に迷った道?は、このまままっすぐ帰ればいつも通りの帰路なのに、

カーナビが「右です」と案内したとおり、狭い道へ入ったのが幸いでした。

いつもこの先に行ったことないなぁ…と思っていた道。これはなにかのお導き?

とても素敵な場所にめぐり合いましたheart02

2020050411

2020/5/4 鹿児島市下福元町 城水渓谷

202005049

パワースポットとか何とか言われているようですが、

なるほど、心が落ち着き、癒される、そんなとても美しい場所です。

2020050410

残念ながらこの時、すでに夕方17時を過ぎており、ここで虫探しなんてできませんでしたが、

また機会があったら立ち寄りたい場所でした。

川辺方面からの帰り道、錫山自然遊歩道を通って、坂之上に出る細道でした。

2020年5月11日 (月)

台明寺と黒石岳

コロナのステイホーム期間でもある大型連休でしたが、ひとりドライブです。

目的は霧島市国分台明寺の昆虫でしたが、結果は惨敗down

まずは、渓谷公園手前の橋からの風景ですが、ここではアオハダトンボは見つからず。

202005011

2020/5/1 霧島市国分台明寺

時期的には発生していてもよいのですが、この画像からも分かるように、

下流の方では護岸工事が行われています。かなり開発が進んできている様子…sweat02

この橋の前後はまだそのままの姿が残っていましたが、アオハダトンボがいないのは寂しい。

そして台明寺渓谷公園に着くや否や、駐車場でもうガッカリdown

その先の遊歩道で伐採工事の真っ最中で、大きなショベルカーやクレーン車、

ダンプカーが走っており、周囲に大きな音を響かせていました。

これじゃあこの先に進こともできないし、虫も逃げて行ってしまっているな…と、

散策することなく、駐車場で軽食を食べただけで次の場所を適当に探しました。

次に向かったのは、そこからほど近い?黒石岳公園

しかし、初めて行ったので、その道中の方がいろいろ楽しめたような気がします。

黒石岳は、あまり人気がないのか、案内板が劣化、傷んでいました。

展望駐車場付近から、案内板の絵図では渓谷のような場所に降りる道があったので、

なんとかむりやり整備されてないような細道をマイカーで下ると、

藪漕ぎちっくな場所でまぁまぁの風景を見ることができました。

202005012

小川には無数のオタマジャクシと、セアカアメンボが見られました。

小川の反対側には湿地?のような場所もありましたが、山自体が乾燥している感じで、

そこまで湿っている様子ではありませんでした。

ハラビロトンボのメスがいた程度です。駐車場で小さめの?ニワハンミョウ

なんだか何か得られたのか、何も得られなかったのか、よく分からないミニ探検。

誰にも会わず、時間を好きに使った一日でしたが、こんなのもいいかな?coldsweats01

2020年4月 5日 (日)

七福にて

鹿児島市内から藺牟田池へ向かう途中、県道328号線を北上していくと、

清浦ダムのすぐそばに、食事処「七福」があります。

主にうどん・蕎麦になりますが、この日はここに立ち寄って、天ぷらうどんを注文。

202004041

2020/4/4 薩摩川内市入来町 七福

なんかとっても落ち着く~confident

木枠の窓の外は、清浦ダムの桜が満開cherryblossom 花びらが風に舞うのを眺めながら。

202004042

ゆっくりとした時間を過ごしました。

温かいうどんのつゆも飲み干すほど美味しかったですheart02

途中、奥から従業員のおばちゃんたちのおしゃべりや笑い声が聞こえてきました。

何を話しているかは聞き取れませんでしたが、

さてそろそろ会計へ…と思った時に、知り合いのおじちゃんがタケノコを持って

お店に立ち寄ったようです。渡すとすぐに行ってしまいましたが、

そういう季節だなぁ…と思いながら、私も会計を済ますと、

奥で「雄筍だって~。雌筍がよかったね~」なんて聞こえてきちゃって(笑)

大した出来事ではありませんが、なんとなく昭和のドラマのワンシーンのような??

お腹も気持ちも満たされて、この後、藺牟田池でも癒やされましたnote

2020年3月12日 (木)

ふいやしき公園でシオヤトンボ、ツマキチョウ初見

先月の鹿昆例会にて紹介された志布志市にある「ふいやしき公園」へ行きました。

この日は風が強く、気温も低かったので、着くまでは心配でしたが、

なぜかここは別世界?風がまったく無く、日が照って、気温19度!?(別の場所は15度)

202003111

2020/3/11 鹿児島県志布志市有明町 ふいやしき公園

散策しようと木製の階段を降り始めたときに、足元にシオヤトンボ

202003112

202003113

まだ飛べるほど、体が固まっていないのでしょう。翅もピカピカに光っていました。

池の周りは、まだそんなに水草もなく、飛び交う昆虫の姿もありませんでしたが、

池の表面にはアメンボヒメアメンボ?)がスイスイ移動しています。

足場にはツクシがたくさん生えていたので、どうしても若干踏んでしまうので歩きづらいcoldsweats01

202003115

途中、アカタテハが飛び出して振り向くと、今度はクロスして白いチョウが飛んでいきます。

飛び方でツマキチョウだと思い、久しぶりに走って追いかけました(笑)

しばらく追うと、土手に生えるダイコンの花群のどこかに消えました。

そこに辿り着く間にも、シオヤトンボが数頭飛び出して、もうどこを見たらいいのやらcoldsweats01

土手を降り、ダイコンの花のどこかにいるツマキチョウを探そうとしたら、

そこにはビロードツリアブがたくさん吸蜜に来ていて、思わず撮影。

2020031110

そして、いつの間にか近づき過ぎていたのでしょう。

ツマキチョウはパッと飛び立って、またさらに遠くへ行ってしまいましたが、

目の前を通る際、翅の先にあのオレンジ色が見えましたので、オスのツマキチョウ

これが私の初見ですheart02

とても素敵な環境でしたので、また時間をつくってゆっくり散策に行きたいですup

シーズンになれば、ここに飛び交う虫たちの姿が…目に浮かぶようでしたconfident

2020年2月16日 (日)

正円池には水鳥が

最近は仕事が繁忙期、残業も多く、休みの日に限って雨だったり予定があり、

なかなか思うようにフィールドに出られない毎日です。

先月少し時間をとって出かけてみた正円池をご紹介します。

以前はビックリするくらいホテイアオイがはびこって水面を覆っていたのに、

今回はビックリするほどそれが除去されていて、空を映す水面が広がっていました。

202001292

2020/1/29 日置市 正円池

対岸には水鳥(カモ類)が集まっています。双眼鏡もなく、裸眼じゃちょっと…。

でも、頭が赤茶色で体が灰色のようでしたので、ヒドリガモか、ひょっとしたらホシハジロ

カルガモもいたみたいです。

202001291

これじゃ、分かりませんねcoldsweats01

橋を渡った先のアジサイのある土手から、池辺へ降りることができたのですが、

今回は水際があまりにも近くて降りませんでした。

202001293

一部、橋の反対側には、まだびっしりホテイアオイが取り残されていましたが、

この大きな池のほとんどのホテイアオイを除去するのは大変だったと思います。

たまにしか訪れない場所ですが、いつも行くたびに景観が変化していますcoldsweats02

今年しばらくは水面の見える池として、水鳥や虫たちが集まるといいですね。

2019年12月23日 (月)

金山橋 kinzanbashi

雨でしたが、案内板を見てどんな所だろう?と、フッと立ち寄ってみました。

201912221

2019/12/22 鹿児島県姶良市加治木町 金山橋(きんざんばし)

アーチのかかった石橋は必見sign01ですが、撮影にはこの日の雨量と風の強さに苦戦しましたsweat01

橋を渡った先には水神様の石碑がありました。(分かりづらいけど下の画像、右側です)

201912222

駐車場もきれいで広く、トイレも東屋(屋根付き休憩所)もあり、

回りは自然がいっぱいup

これはいい場所だな!と思いました。何目的?(笑)

来年、初夏~夏のいい季節に、のんびり散策しに行きたいですhappy01

2019年12月20日 (金)

帰り道、天文館ミリオネーション

この冬も「天文館ミリオネーション」開催のようです。

20191220

2019/12/20 鹿児島市 天文館公園

開催期間は本日12/20より、2020/1/31まで。

私は通勤路なので、そのまま眺めながら帰りますが、

あまり寒くない日なら、お散歩してもいいかも?confident

2019年10月 8日 (火)

金峰山にて

ママ友と年に一度のぶらり旅。

ランチの前に立ち寄ったのは金峰山

20190918

2019/9/18 南さつま市 金峰山

バードウォッチャーのための展望所から、吹上浜を見下ろします。

先客が数組いらっしゃいました。

私のママ友の左側にいるお二人は、静岡からアカハラダカの渡りを見に来たのだそう。

彼らは10時頃着いて、その時にその日のピークを見て、そのあとのんびりしているところに

私たちが11時頃やってきた…という感じです。

他の男性からは朝8時頃に一度1回目のピークがあり、10時で最後だったかもと聞きました。

私たちが着いてから、ちょうど数羽~5・6羽、姿を見せてくれたのが最後、

どんどん空高く小さな点になって消えていきました。これだけ見れただけでも良し!

また好きなものを追い求める(趣味のある)人たちとの交流も、小さな楽しみhappy01

ママ友は「へぇ~happy02」と新しい世界に驚きつつも、楽しんでくれましたnote

この日はバイキングランチ、温泉(みどり荘)と、この夏の疲れを癒す久々の休日となりましたheart02

2019年6月 3日 (月)

ミヤマカワトンボが飛翔する風景

本当は縄張り争いをしている2頭のミヤマカワトンボのオスがハイスピードで飛び回りますが、

その事実とは対照的に、優美な川の風景に鮮やかなオスの色合いがアクセントを添えています。

まるで日本画の様な風景。(やや画質が悪いかもしれませんsweat01


YouTube: ミヤマカワトンボ戯れる沢

2019/5/25 伊佐市 奥十曽

Dsc_0831

向こう側にはたくさんのミヤマカワトンボが降りてきていました。

この風景は何度来て見ても見飽きない。幻想的な、癒しのスポットですheart02

2019年5月27日 (月)

ツバメの巣マンション

娘とお気に入りの温泉へ行くと、ツバメの巣がたくさん並んでいました。

風呂から上がり、帰るときにはすっかり暗くなっていて、

巣を見ると、それぞれの巣にオーナーツバメたちが帰ってきていました。

Dsc_0811_2

2019/5/19 鹿児島市川田町

Dsc_0814

こちらはヒナが大きくなりすぎて、親鳥が隣の崩れかけた巣で休んでいる様子。

みんな子育て頑張ってますねheart02

Dsc_0815

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム