2019年6月15日 (土)

伊丹昆虫館へ行きました

1泊2日の社員旅行で、京都大阪へ行ってきました。

初日の京都は団体行動、金閣寺二条城などを駆け足で回りましたが、

2日目の自由行動では、ここに行かずしてどこに行く??

私にとっては、こここそが今回のメイン、伊丹昆虫館へ行ってきました!

社員の中で生き物好きな方々と仲良くなり、5人で訪れることにhappy01

ミツバチの巨大模型の前で記念撮影camera

Dsc_1019_2

2019/6/8 兵庫県伊丹市昆陽池 伊丹昆虫館

事前に連絡のついた学芸員の長島さんにも直々に館内をご案内していただきました。

Dsc_1009

バックヤードツアーでは、なるほどと思える昆虫館の飼育裏話や、

工夫を凝らした飼育方法などを見せていただきました。みんな感動~heart02

Dsc_1024

upwardrightチョウ温室にて、ツマベニチョウが休んでいます。

チョウ温室の中では、フワフワと飛び回るチョウたちに癒されました~lovely

止まっている時しかうまく撮影できませんでしたが、こちらはオオゴマダラdownwardleft

Dsc_1025

とても大きいので、飛ぶ姿が優雅です。(指宿フラワーパークでも飼育されてます)

こちらはスジグロカバマダラdownwardleft

Dsc_1026

downwardrightカバタテハ。これは嬉しいsign03 どれもフィールドで出会いたい南の島のチョウたち…。

Imgp1218

ちょうど「羽化したチョウを放そう」という企画で、プラカップに入ったチョウを

配っていたので、私はリュウキュウアサギマダラをもらい、1頭放しました。

企画展でも「ちょうのくらし」を開催中でした。

そこではイモムシベンチに座れるコーナーや虫のお面屋台コーナーがあったのですが、

そこで撮ってもらった私の写真が、あまりにも喜びすぎていて…ここには載せられませんsweat01(笑)

伊丹市の生き物についても資料や標本が豊富で、とても楽しめる施設でしたhappy01

土曜日だったので親子連れも多かったのかと思いますが、

このご時世に、こんなにもまだまだ虫たちに興味がある子供たちがたくさんいることに感動sign01

こんな素敵な昆虫館があるからこそ、子供たちや大人にとっても身近に親しめるのでしょう。

お忙しい中、ご案内くださった長島さんには本当に感謝ですup

お土産を買ってバタバタと帰りの伊丹空港へ向かいましたが、またいつか行きたいですhappy02

Dsc_1053

最後に飲み物の伊丹昆虫館オリジナル自販機。

(私はこの虫の写真の載ったデザインのクリアファイルを買いました)

2019年6月12日 (水)

アカスジキンカメムシ 令和で初

平成で憧れたこのカメムシに、令和になってついに会うことができました!

Dsc_1064

2019/6/11 霧島市牧園町

アカスジキンカメムシです!とまっていたのはキブシの葉です。 

2019年6月 7日 (金)

産卵を見守るアサヒナカワトンボのオス

葉の上にじっとアサヒナカワトンボのオスがとまっています。

画像の左下には、メスがしっぽの先を曲げて、水中で産卵中。

Dsc_0842

2019/5/25 伊佐市

見ていると、近くまで飛んでくる同種のオスを追い払っては、

またメスの元へ戻ってきて、また定位置にて見守りを続けていました。

私がこんなに近くで見ていても、彼らにとっては命を繋ぐ一大イベント。

本当は私のことも追い払いたかったかもしれませんが、

何もしなかったので(撮影だけさせてもらいましたが)許してくださいcoldsweats01

2019年6月 4日 (火)

グンバイトンボ 2019

可愛らしいイトトンボの仲間。グンバイトンボ

Dsc_0840_2

2019/5/25 伊佐市

この日は「当たり日」だったのかも。足元からあちこちフワフワ出てきました。

白い軍配を持ったオスが多かったので、撮り放題と思いきや、

イトトンボの撮影は難しいsweat01

2019年6月 3日 (月)

ミヤマカワトンボが飛翔する風景

本当は縄張り争いをしている2頭のミヤマカワトンボのオスがハイスピードで飛び回りますが、

その事実とは対照的に、優美な川の風景に鮮やかなオスの色合いがアクセントを添えています。

まるで日本画の様な風景。(やや画質が悪いかもしれませんsweat01


YouTube: ミヤマカワトンボ戯れる沢

2019/5/25 伊佐市 奥十曽

Dsc_0831

向こう側にはたくさんのミヤマカワトンボが降りてきていました。

この風景は何度来て見ても見飽きない。幻想的な、癒しのスポットですheart02

2019年5月27日 (月)

錦江町 花瀬公園にて

長男がこの日一時帰省してくれたので、大隅遠征となりました。

向かった先は花瀬公園

Dsc_0784

2019/5/12 鹿児島県肝属郡錦江町

途中寄り道もあったので、着いた時にはもうお昼。

バンガロー隣にある浜田農園でそうめん流しの昼食note

Dsc_0767

渓流の絶景を楽しみながら…のはずが、

長男は待っている間、午前中寄り道した場所で採った微小昆虫の仕分けcoldsweats01

Dsc_0774

そうめんランチ、やっぱりこんな景色の中で食べられるのは最高shine

食後は、自家製シャーベットもいただきましたdelicious

Dsc_0779_2

私はここの農園で育ったブドウのシャーベット。娘はマンゴー。さっぱりして美味heart02

この後、一応ネットを持って散策。特に何狙いというわけでもなく。

ヤマサナエイチモンジチョウミヤマカワトンボなどを採集。

そして、この風景。鹿昆会員の方で、懐かしいと思われる方もいらっしゃるかも?

Dsc_0781

2011年、合宿なるものを行い、集合記念写真を撮った階段ですconfident

実に8年ぶりに訪れましたsweat01

天気も良すぎて、歩いているだけで自然を満喫できる一日。

Dsc_0782_2

長男もすっかり虫屋です。(ネットの中で小さな虫を自作の吸虫管で採集しているところ)

次男が参加できなかったのが残念ですが、良い大隅遠征=母の日となりましたup

長男はこの日の晩、新幹線で福岡へ帰りましたcoldsweats01

2019年5月21日 (火)

クロツマキシャチホコ

突如、葉っぱに木の枝がくっついたように見える!?

Dsc_0766

2019/5/12 肝属郡錦江町

おそらくクロツマキシャチホコ。かなり日当たりの良い場所でしたが??coldsweats01

2019年5月20日 (月)

モンキタマムシ 2019

この時期、やっぱり一度は確認に行かないと…と思いまして…。

Dsc_0723

2019/5/5 鹿児島県枕崎市

モンキタマムシです。昨年もこの場所で1頭だけ採集しています。

2010年に発生木とされるウメの木でたくさん見たことがありましたが、

現在はその木は撤去され、そこはただの草地(空地)になっています。

周辺でなんとかポツリと立っているウメの木を見つけ、本種も確認できましたshine

チャック付きビニールに入れていますが、その背景にぼやけて写っているのが、

今回の発生木です。

まだこの周辺でウメの木があれば発生していると思われます。

2019年5月10日 (金)

いのちのたび博物館(北九州市)へ行きました

大型連休中に北九州市にある「いのちのたび博物館」へ行きました。

Dsc_0520

2019/5/2 北九州市八幡東区 いのちのたび博物館

この時は企画展「獣は毛もの」を開催中で、実に多くのはく製や毛皮が展示してありました。

Dsc_0524

スマトラトラ(貴重なはく製とのこと)

Dsc_0526

白い動物シリーズ。モルモット紀州犬。個人的に(笑)

Dsc_0537

触れる毛皮と、触れない毛皮有り。右側の壁に広げてある毛皮は触れません。

Dsc_0548

貴重な動物のはく製や毛皮を通して、その動物の生態や、人間との関わりの歴史を学びました。

また常設展では、入ると入館者を魅了する圧巻の恐竜骨格標本!!!(レプリカ)

Dsc_0553また行きたいです。

Dsc_0557

そして昆虫好きは必ずここでまた感嘆するのですsign03

Dsc_0575

Dsc_0574

Dsc_0572

ちょっとそこのお兄さん、見入り過ぎでしょう…(笑)

そして表からも裏からも見ることができるモルフォチョウ

Dsc_0569

Dsc_0568

特殊なガラス板の展示となっていました。どれも芸術的で度肝を抜くような展示。

最後に美しいチョウたちheart04

Dsc_0576

館内は撮影可で、たくさん写真を撮りましたが、とてもブログでは紹介しきれないsweat01

鳥類コーナーも両生類・爬虫類も、魚類も、その他見所満載の博物館でしたhappy01

時間があまりなくて全部じっくり回れなかったかもしれないので(結構見ましたが)、

また行きたいです。ここは何度行っても癒されるかも~。ちょっと遠いのですが。

企画展「獣は毛もの」は2019/3/16~5/12まででした。

次回は「両生類・は虫類の世界」7/13~だそうです。これまた凄そう!ですねnote

2019年5月 6日 (月)

クロサナエでした

この日は午後から駆け足で北薩エリアを回りました。

ムカシトンボのポイントでは、雨は止み、少し晴れ間も出ました。

河原を歩くと何やらピロピロ~っと飛び立つ虫が!

ムカシトンボかと思って胸が躍りましたが、着地地点へ駆け寄り撮影してみると、

羽化してやっと飛べるようになったばかりのクロサナエ(メス)でした。

Dsc_0509

2019/5/1 伊佐市奥十曽

ここ何年かムカシトンボ探しに通っていますが、じっくり探す余裕がなく、

なかなか出会えていません。(この日は天気も悪かった…sweat01

長男は河原でナベブタムシもいないか、淡い期待をしながら探していましたが、

短時間でそう簡単に見つかるわけではありませんsweat02

帰省中に長男がこの時期行っておきたい場所のひとつだったので、

とりあえず行けたということで、目的達成??coldsweats01

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム