2018年8月17日 (金)

クロスズメバチがアブラゼミの…

某施設の駐車場に、アブラゼミが落ちている…そう思って近寄ってみると、

まだ動いていました。

ただ、交尾器の先端には、クロスズメバチがいて忙しく動いています。


YouTube: 20180814クロスズメバチとアブラゼミ

2018/8/14 肝属郡肝付町

動画を見ていただければ分かると思うのですが、アブラゼミは後ろ脚でイヤイヤしながら、

クロスズメバチを追い払おうとしています。

しかし、クロスズメバチは針で攻撃したようで、セミはやや動きがにぶります。

クロスズメバチは柔らかい交尾器の辺りから肉を食いちぎって肉団子を作っているようです。

20180814

撮影をやめた直後、クロスズメバチは小さな肉団子を抱えて飛び去ってしまいました。

小さな命の連鎖の一部を垣間見た気がします。

2018年8月16日 (木)

ミルンいいよね

薄暗い林道を歩いていると見つかるミルンヤンマ

87eb75ca453c467e925472f8d597c11f

2018/8/14 肝属郡肝付町

こちらはまた少し別の場所で。

60b4abb6522d4a2688f884c1b49136b4

台風前に隠れ家探し中だったかもしれませんが、採った(撮った)後はリリース。

ミルンの黄帯はいいよねgood

2018年8月15日 (水)

じゃーんけーん ぽん!

じゃーんけーん…

ぽん!!!

5713df8ed9284bc18fb67e7191d3fcad

2018/8/14 鹿児島県肝属郡肝付町

キマダラカミキリくん、一応「チョキscissors」のつもりです。

立派な長〜い触覚shine

てなわけで、グーを出した人が勝ちですよ〜up

大隅での採集 ミツギリゾウムシ

お盆は実家(鹿児島県垂水市)から、早朝大隅方面へ。

台風前のためか厚い雲の層が横一直線に渡っています。

07da9eb83af74d25ac7a1360ef1fd4e0

2018/8/14 鹿屋市郷之原町(国道220号線)

時期がもう遅いのは分かっていますが、肝付町のクワガタポイントへ。

お盆中に先客があったか、台風15号前だからなのか、やはり時期が遅かったか…、

クヌギ林を見て回りましたが、幹を蹴ってもほとんど落ちてくるのはコフキコガネのみ。

唯一ノコギリの中歯型オスと、メス2頭が落ちてきただけでした。

そんなことでめげてしまってはいけませんので、来年のことも考えて周辺でポイント開拓。

イイ感じの倒木を見つけました。まだ最近のもののようです。

48bcea0f371f4efd8e069c11d6fe9cb7

ここでは長男がミツギリゾウムシを発見。3~4頭いたようです。

0e2ae5e4c7e3499da31bf83d72918e98

ポロッと落ちるので、網は下から伸ばします。

2b5eb8c582614c36add7bed49e4dd9d5

オス2、メス1(一番左)

ここはこのまま倒木が残されていれば、来年も見に行きたいポイント。

クワガタも楽しいけど、倒木に来る甲虫(カミキリ類やゾウムシ、タマムシ)も楽しい。

あとは周辺で車を停めては小道を散策。短時間でも楽しい虫探しとなりました。

2018年8月 9日 (木)

写ってないけどウスバキトンボ大量

娘の小学校合唱部がNHK合唱コンクール鹿児島大会に出場。

この日は応援のため、午後からずっと鹿児島市民文化ホール内で過ごしました。

途中、休憩時間にママ友とロビーでペットボトルのお茶を飲んでいたら、

何げに桜島方面、窓の外がウスバキトンボだらけ。えーーー!すごーーーい!!

でも、そう思ったのは私だけだったようです。あんなに人がロビーにいても、

誰一人見向きもせず、トンボの話なんてしているようではありません。

「みなさーん、外にすごい数のウスバキトンボが飛んでますよー!見てください!」と

言いたくなるほど(言えやしませんが…)でしたsweat01

B09a91fedb7a468aa0a1181bee5e9b13

2018/8/8 鹿児島市与次郎2丁目 市民文化ホール

画像にはまったく写っていませんが、(若干黒い点で数箇所確認できるのですが)

捕虫網をひと振りすれば数頭入るんじゃないかと思うほど、窓の外はウスバキトンボだらけ。

63d722af03344de78ff08019d37a2bfb

面白いのは、桜島側(東側)は建物の日陰で吹きだまりのようになっていて、

そこに暑さをしのぎたいウスバキトンボたちが集中しているっぽい様子。

駐車場側(西側)は日差しが強く、見てもチラホラしか飛んでいません。

さすがに夕方帰るときには、駐車場側にも分散してきていて、

低い位置を飛び交っている個体をやや多く見かけました。

台風の風を大きな移動手段にしているのかもしれませんね。

2018年8月 6日 (月)

このハエの名は…

娘が車内のフロントガラスにとまっている、このハエに気づきました。

E43a8f4c653a43c482b07b4d034a4570

2018/8/5

娘「ツワブキケブカミバエじゃない?お兄ちゃんが言ってたやつ?」と(笑)

前日、確かにツワを採集して車内に持ち込んでいたので、

その中から羽化したものが車内に取り残されていたのかもしれません。

翌朝、娘を合唱部に送らなければ気付かなかったかもしれません。

一応ちいさなチャック付きビニール(常備!(笑))に入れて持ち帰ると、

長男もビックリしていましたが、これを見てハエの名前が言えた娘に大笑い(イイ意味で)

このハエを見て名前が言える子供、むしろ一般の人でも、そうはいないでしょうしね。

2018年7月30日 (月)

ヒグラシ食らうオニヤンマ

食事中のトンボはおとなしい。むしろ、おとなしいというより食事に夢中sign03

のすけ君が見つけたオニヤンマ。ひたすらヒグラシを食べていました。

Cf47d7087b2d4cad9aac875cc78144a1

2018/7/21 霧島市田口

Ddf853c2adfb49e39554e90f5f8ba7d5

あまりにも動かないので、手を近づけると、ちょっとだけ慌てて動きました。

それでもその場で食事を続けるオニヤンマでした。

2018年7月29日 (日)

国民宿舎「みやま荘」行けず

金さん親子と霧島で遊び、帰りは温泉に入るつもりでした。

虫探しポイントでもある国民宿舎「みやま荘」へ向かいましたが、

なんだか様子が変…。営業していないっぽい。

車から降りて、ちょっと建物前まで行ってみました。

08ed620ff6dc4738a7a638cbe662a00d

2018/7/21 霧島市田口 国民宿舎「みやま荘」

なんと!!!そういうことだったのか…、と。

でも、よく考えたらここはそういうゾーンであるわけだし、

安易・軽率だったのはこっちの方。この日、新燃岳は静かでしたが、

このような避難壕ができていて、降灰量調査のためのバケツもありました。

7626a70cd7d2471f8f82816f23a10605

バケツの中は、最近チェックしたばかりなのか、たいして降灰はたまっていませんでしたが、

近くの道路のカーブ沿いには灰溜まりができていました。(結構灰の粒が荒かった)

ここの温泉は湯温も泉質も気持ちよくてすごく気に入っていたのですが無念。

またの再開を待つことにしましょう。

結局、牧園町の「関平温泉」に寄りましたが、またいつかの楽しみにしておきます。

2018年7月26日 (木)

ミヤマカミキリ祭り

その日その虫にとっての大量発生日というものがあります。

いわゆる祭り日、当たり日。時に私はフィーバーとも言います(笑)

この晩は、ミヤマカミキリ祭り。

Img_6785

2018/7/14 薩摩川内市入来町

ここの外灯下のエリアに5頭。別の場所でも10~15頭ほど見てきた帰りでした。

2018年7月22日 (日)

のすけとミヤマ

福岡から金さん親子が来鹿!一日霧島で遊びました。

とは言っても、行動範囲はものすごく狭く、一箇所で何時間も…でした。

リョウブを見て午前中を過ごし、お昼は定食屋に入り、午後はクワガタ探し。

クワガタ探しは子供たちが頑張って、本当に楽しかったhappy01

クヌギを探しては、次々とノコギリクワガタを落としてゲット。

しかし最後に見つけたクワガタロードでは、ミヤマクワガタ2頭もゲット。

013a552e80b449b3ac4ad9cada8f53a8

C5103071fd644bfbb205f0f540e8f84f

2018/7/21 霧島市牧園町 (標高約600m)

最高にワクワクする時間を共有できて、本当に楽しかったnotes

久しぶりに再会した金さんの息子さん(のすけ君)とうちの次男は同い年。

最初は、はにかみながらも共に行動しながら少しずつ会話も増え、

再び馴染んでいく…そんな光景。

最後は温泉spaでシメ。天気が不安定でしたが、遊んでいる間は大丈夫でした。

体は疲れたかもしれませんが、心は元気になりましたhappy02 また頑張れますup

金さんには鹿児島まで足を運んでいただき、本当にありがとうございました。

またみんなで遊びましょうsign03

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム