アクセスカウンター

  • TOTAL

2019年12月11日 (水)

すかしだわら

沢の近くに、すかしだわらを見つけました。結構目立つように、ポツンと。

201912046

2019/12/4 湧水町

中に蛹が見えますが、今年のものかは分かりません。

大型の蛾、ヤママユガ科のクスサンの繭です。

2019年12月 7日 (土)

12月のモンシロチョウ

最近とっても寒くなりましたbearingsweat01

でもこの日は日だまりにモンシロチョウのオスが1頭。

201912041

2019/12/4 えびの市?(湧水町よりやや北)

遠くから見た時は白くフワフワ飛んでいましたが、近くでよく見ると翅はもうボロボロです。

だからこそ一生懸命、吸蜜中。頑張って!

2019年12月 2日 (月)

ツマベニ幼虫が蛹になりました2019/12/2

1匹だけ育てていたツマベニチョウの幼虫がついに前蛹になりましたup

ここまで早かったなぁ…という印象。いつもどこにいるか探すのが大変でしたsweat01

20191130

2019/11/30 朝、自宅にて

気づいたのは翌々日、立派なになっていましたshine

20191202

2019/12/2

それにしても、探しにくい…。今後のために、近くの茎に赤い印を付けました。

前蛹の時はまだ幼虫そのままの緑色でしたが、

はすでに周囲の葉の色と同じになってるような気がしますsign02

葉の裏でになったので、落葉が心配…sweat02

2019年11月28日 (木)

ツマベニチョウ2019幼虫 その後

少し前に鹿児島県立博物館の横のギョボクにいたツマベニチョウの幼虫と卵。

A子先生にお願いして頂いてきたのですが、4体のうち、残ったのは1匹のみ。

羽化直後の若齢幼虫と、もうすぐふ化すると思っていた卵はダメでした。

1匹の幼虫のみ、すくすくと育ってくれています。

20191126

2019/11/26 自宅にて

この日で体長65ミリくらい。すでに70ミリほどになっているかも。

自宅の鉢植えのギョボクは、毎年紅葉して黄色い葉になるのですが、

今回もこれで育てれば黄色い蛹になるか実験です。

本当は別の幼虫を違う環境で同時に育ててみたかったのですが、残念。

2019年11月17日 (日)

鹿昆ナイターin寺山

秋の昆虫採集、しかもナイターを鹿児島昆虫同好会で開催。

今回は時期・場所の選定が難しかったようですが、

気軽に参加できるように、鹿児島市内の公園での実施となりました。

201911161

2019/11/16 鹿児島市吉野町 寺山公園

今回は小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭が多く、賑やかなナイターでした。

駐車場から展望所までの歩道途中には、輝彦先生自作の糖蜜トラップも仕掛けられ、

ライトで照らしながら歩くと、フクラスズメが多く集まっており、

目が反射で赤く光るので、すぐに分かりました。

途中、このクロモンシタバも見つかりました。

201911163

はっきり言ってピンボケですが、翅をずっと震わせながら動くので、スマホじゃ難しいsweat01

また、他のお子さんがヒメヤママユのメスを見つけていました。

(先生方から採卵を勧められていました(笑))

全体的な蛾などの飛来数は少なかったものの、網やライトを持って歩きまわる子供たちは、

イキイキとして本当に元気で、たのもしい光景でしたhappy01

201911162

展望台から姶良方面の夜景。時にはこんな風景も楽しんじゃったりして…heart02

手前の木々が鮮やかな緑色に写っているのは、この展望台下の灯火ライトのおかげです(笑)

2019年11月 6日 (水)

ツマベニチョウ飼育チャレンジ

鹿児島県立博物館の横にあるギョボクに、ツマベニチョウが産卵しているとのこと。

前回の例会でA子先生がお話されていたので、連絡を取り、

本日4頭分、分けていただきました。

私も10月下旬に勢いよく飛んでいくツマベニチョウを目撃したばかり。

ベランダにある鉢植えのギョボクを使って、また飼育にチャレンジしますup

まだふ化したばかりの1齢幼虫と、これからふ化するであろう卵。

観察を続けます。うまく育つといいのですが…。

20191106a

A まだ卵殻のそばにいます。

20191106b

B 頂いた時は黒い卵でした。ちょうどふ化開始かも??

20191106c

C ふ化間近。

20191106d

D まだ新しい卵。

とりあえずまだ名前は付けず、A~Dの記号で個別カップで飼育します。

2019年10月28日 (月)

鹿博・企画展「チョウに負けん蛾」へ行きました

鹿児島県立博物館で開催中(2019/9/28~11/24)の企画展、

チョウに負けん蛾」を見に行ってきました。

この日(10/20)は、一時帰省していた長男が福岡へ帰る前に立ち寄りました。

まずは企画展室への入口で、思わず立ち止まってしまいましたcoldsweats02

圧倒される数の標本箱が部屋中に広がっていたからです!

201910206

2019/10/20 鹿児島市山下町 鹿児島県立博物館

約1,600種類の蛾がぎっしりと並んでいます。そして総数16,000頭sign02

まさに蔵出し!本当にこれだけの蛾の標本を保持している博物館は他にないのでは??

1点1点が美しく、またそれを得る時のエピソードがたくさん詰まっている標本箱だと思います。

ナイターを再現したコーナーもありましたhappy01

201910208

標本箱の中の姿とは違って、白布に展示してある昆虫は、リアルな飛来時の姿。

本当によく作られています。いちいち感動させられましたheart04

また、別の日(10/26)、今度は私だけミュージアムトークを楽しんできましたnote

201910261

土曜日の午後とあって、小さなお子さん連れのご家族や、蛾好きのオトナも大勢。

そしてこの蛾たちの展示に一肌脱いでくださった、鹿児島の蛾の第一人者、

福田輝彦先生もミュージアムトークにご出演くださり、

ユーモア溢れる輝彦節が、ご来場の皆さんの心を鷲掴み(笑)

201910262

一般的に蛾は嫌われるといったイメージが強いのですが、輝彦先生からの視点からすると、

まさにこの世に生き残る術を身に付けた賢者です!

それぞれの色や形、生態を知れば知るほど、この世界はおもしろい。ホント沼ですねcoldsweats01

博物館のA子先生や、虫友になった親子(お母さん)ともお話しましたが、

この部屋なら一日過ごせる、「蛾MOEカフェ」なんていいね~heart02など、止まらない(笑)

帰りはエントランスで巨大模型のヤママユが見送ってくれました。

201910263

期間内にまた行きたいな!upこれだけの蛾展は二度と無いかもしれません。

まだ見られていない方、ぜひ素晴らしい標本展へ足をお運びくださいsign03

入館料無料 2019年11月24日(日)まで

2019年10月25日 (金)

秋のホトトギス(花)と、ゴマダラカミキリ他

長男が家族の行事のため、週末だけ帰省してくれました。

合間を縫って、鹿屋市有武町を少し散策。

201610196

遠くに鳴之尾牧場が見えています。とても清々しい眺め。

まずはこの日、山際で多く見られたホトトギスという花。

201910194

2019/10/19 鹿屋市有武町

201910192

あちこち満開といったところ。トラマルハナバチも多く飛来していました。

こちらはゴマダラカミキリ

201910195

私が近づいたので、翅を広げて近くの高い木の上に飛んで行ってしまいましたcoldsweats01

もうとっくに10月ですが、まだ見られるものなのですね。

クズの群生の中にシロコブゾウムシも。

201910199

じっとしていましたが、近寄ると葉の裏側にソソッと隠れてしまいました。

まったりとした時間が過ぎ、夕刻となりました。夕日が薩摩半島の向こうに沈みます。

201610197

この日の夜は、鹿屋市の料亭で両親の金婚式・食事会でした。

山を下りる途中、開聞岳のシルエットもきれい。

201910198

長男も9月に運転免許を取得したため、今回の帰省で初めての運転。

大隅半島を十分に楽しむ一日となりましたheart02

2019年10月 2日 (水)

見つけるとちょっと嬉しいクロボシセセリ

これって例の巣だよね~?と思いつつ確認。

Dsc_1696

2019/9/25 指宿市山川町

Dsc_1694

入居中かな~?と思っていたら、近くにお母さんが飛んできました。

Dsc_1695

だよね~。私を警戒しているのかな?それともただ卵を産みに来たのかな?

そこから全然逃げようとしなかったクロボシセセリのメス。

一応、手短に巣の中を覗いたら、向こうもこっちを覗いてた!?

Dsc_1697

写真だけ何とか撮らせてもらいましたcoldsweats01

クロボシセセリ指宿方面で2007年以降話題になりましたが、

最近では既に鹿児島市内でも見られるようになりました。分布北上中!?

2019年9月28日 (土)

キョウチクトウスズメ幼虫 2019

「お久しぶりですsign01」、モジモジ…(笑)

Dsc_1709

2019/9/25 鹿児島県指宿市

キョウチクトウスズメ、今年は飛来があったようです。

終齢幼虫もたくさん(10頭以上)見ましたが、1~2齢?のおチビちゃんから、

いろんな齢サイズがあちこちで見つかりました。

指宿在住の虫ママ友、T子さんからの情報。東京からお越しのMさんご案内にて確認。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム