2019年8月21日 (水)

鹿児島遠征編② 南薩

この日は南薩方面へ向かいました。台風の影響で、やや風の強い日です。

まずは吹上浜方面に行きましたが、ここではハンミョウを探すも、

こんな強風の中、虫は出てくるはずもなく、早々に切り上げて次のポイントへsweat01

開聞岳へ向かう途中寄り道。ここは特に何があるわけでもないのですが、クモ屋くん大喜び。

Dsc_1372

土手に潜むキムラグモをたくさん見つけていましたhappy01

Dsc_1369

2019/8/10 南九州市川辺町塘之池に近い場所)

長男もスイープしたり、私も葉をめくったりクヌギの幹を見たり…。

娘はコシアキトンボのメス、パトロール中のオニヤンンマを狙うも採れずsweat01

しばらく遊んだ後、やっと開聞岳へ向かいました。

開聞岳周辺は、多くのマツが伐採され、かなり様変わりしてしまいましたが、

車をゆっくり流しながら、気になるポイントに停めてはその場で各自虫探し。

Dsc_1375

長男はスイープで小さなハチ類を採っていましたが、

ここではエビイロカメムシの成虫と幼虫がたくさん網に入ったようですup

クモ屋くんは、土手に上がりこんでこんな綺麗なクモを見つけ、私に見せてくれました。

Dsc_1374

スズミグモというのだそうです。個体や成熟度によって模様に変異があるとか。

クモの世界も面白い!今までスルーしていたクモも気になるようになりましたup

Dsc_1383

少し竹山に立ち寄りましたが、以前T子さんとアシビロヘリカメムシを観察した場所は

草に覆われていて、カラスウリは見つけましたが、カメムシはいませんでした。

ソテツもあり、クロマダラソテツシジミが乱舞。

長男はハヤバチ(速く飛ぶハチの仲間)を採集して喜んでいましたnote

日が沈みかけ、最後に新牧へ。ここもついに田んぼが閉鎖されたようで荒れ地に…。

Dsc_1384

たいした収穫はありませんでしたが、黄昏活動性のミルンヤンマを採集できました。

この日はこの後、丸亀製麺で夕飯を軽く済ませて桜島フェリーに乗り、

実家(垂水市)へと向かい、ヘトヘトになって就寝しましたcoldsweats01

2019年8月20日 (火)

鹿児島遠征編① 鹿児島市

久しぶりの更新となりました。(お待たせしました??coldsweats01

お盆前に長男がクモ屋くんを連れて帰省し、本当なら奄美へ行くはずでしたが、

台風9号、10号と相次いで接近しており、奄美行きを断念せざるを得ませんでした。

飛行機もフェリーも出ないのであれば、行く術がありません…crying

鹿児島県本土は特に影響もなく、天気のいい日も多かったので、

可能な限りの場所を案内しました。

長男たちが着いたその日は、そのまま奄美へ行くはずがフェリー欠航となったため、

急きょ城山公園に友人たちと集まり、クモ屋君のためにキムラグモ探し観察会。

Dsc_1339

2019/8/9 鹿児島市城山

平日の午後だというのに、中国人観光客があまりにも多過ぎて短時間で別の場所へ移動。

次に向かった先は西ノ谷ダム公園

Dsc_1348

ここでは夕方までのんびりと楽しみました。

疲れを知らない彼らは、この後ジョイフルで夕飯後、コンビニ回りをしたいと言い出します。

友人らとジョイフル郡山店へ行った後、清浦ダムへ。

Dsc_1358

薩摩川内市入来町 清浦ダム

4本の外灯下にはカブトムシヤママユの飛来も確認できました!(ヤママユは今年初)

Dsc_1359

Dsc_1362

クモ屋君は、側溝に潜む南方系・徘徊性のクモ探し。たくさん見つけたようですgood

初日からこんな感じで長男ら大学1年生の鹿児島遠征はスタートしました。

私はプランナー兼ドライバー。彼らは行く先々で豪快に思いっきり活動していましたup

今回の遠征の模様はダイジェストで随時アップ予定です。

2019年8月 3日 (土)

蛾シャワー

いつもお世話になっている輝彦先生に、

この夜もまたライトトラップ(灯火採集)を楽しませていただきました。

Dsc_1277

2019/7/30 霧島市某所

新月の前々日、昼間は一時的に激しい雨が降るもすぐに止みましたが、

夜は真っ暗な中、霧が立ち込めて…ますます光が膨張し、イイ感じでしたup

小さな蛾から大きな蛾まで、いーーーっぱい飛来しました。まるで蛾シャワーsign03

Dsc_1300

服にはもちろんのこと、帽子やズボン、バッグにも、顔にもメガネにも蛾がとまります。

虫が苦手な人にはたまらないでしょうねbearingdown 虫屋にはたまらないhappy02upのですけど(笑)

ときにはこんな珍客も。ヒメカマキリモドキです。

Dsc_1276

体長20ミリくらい。小さな昆虫です。

こちらはベニモントラガ。翅の先に美しい紅紋があるのが特徴です。

Dsc_1295

お次はシロフクロノメイガ。マントを広げた貴族のような雰囲気?

Dsc_1279

そしてこれぞ透けた翅を持つスカシエダシャク。定番ですね!

Dsc_1283

娘は飛んできたミヤマクワガタに感激!初めてそのシーンを見たとのこと。

Dsc_1289

足元に置いて撮影しようとしたら、飛んで逃げそうになりましたが、

おかげで?いい写真が撮れました。そしてすぐに再捕獲coldsweats01

Dsc_1287

ほかに、アカアシクワガタのペアも採集できました。(画像なし)

蛾類は本当に多種類採集できましたので、標本にし、データは輝彦先生へ。

行う時期、気温、時間帯によって来る種類も様々です。

だからナイターは楽しいのでしょうheart04

2019年7月26日 (金)

夜のコンビニ、来訪虫

コンビニ来訪者(虫)。

こちらはトビイロスズメかな?downwardright

Dsc_1231

2019/7/23 薩摩川内市 某コンビニ

定番のカブトムシ(メス)downwardright

Dsc_1232

そして、マイマイカブリニイニイゼミを食している図。

Dsc_1239

近距離で撮影されてもお構いなし。そんなにニイニイゼミは旨いのか??

ノコギリクワガタも中歯型のオスや、メスなら多数見かけましたが、

「こっちにいるよ!」と、同目的の小学生の男の子に譲りましたcoldsweats01

本来なら樹液に集まる姿を見つけるのがワクワクするのですが、

ある意味、熱中症対策?の夜間採集でしたsweat02

2019年7月20日 (土)

雨でも屋内でアオスジカミキリ

娘の行事と絡めて、この日は絶対に休みにして、昆虫採集もしちゃおう!と

思っていたのですが…午後からは大雨。結局、娘やその部活仲間の送迎のみ。

昨年は、この施設の入り口でアオマダラタマムシの死骸を拾ったのですが、

今年は施設の中の「霧島周辺の植物」の写真展示のある場所で、

アオスジカミキリを見つけました。

Dsc_1220

2019/7/20 霧島市牧園町 霧島自然ふれあいセンター

写真はちょうどオオキンケイギク(外来種)のものでしたが、

こんな大雨の日でも1種類はイイ虫に出会えてラッキーscissorsですhappy01

2019年7月16日 (火)

ツマグロヒョウモン(メス)羽化

先々週、見つけたと同時に連れて帰ってきたツマグロヒョウモンの幼虫が、

まもなく蛹になり、昨日羽化しました。(前回の記事はこちら

Dsc_1215

2019/7/15 自宅にて

メスでしたupツマグロヒョウモンのメスの翅の模様は見れば見るほど美しいのですheart02

2019年7月 7日 (日)

シルエットクイズ

鳴き声をたよりに、なんとか居場所を突きとめました。

さて、何がいるでしょう?(笑)

Dsc_1194

2019/7/4 鹿児島市清水町 多賀山公園

相変わらずのスマホ撮影なので、これが限界sweat01

この日は個人的にニイニイゼミと、そしてこのヒメハルゼミ初鳴を確認できた日。

このシルエットはヒメハルゼミですwinkニイニイゼミは時間的にも見つけられなかったcoldsweats01

2019年7月 4日 (木)

迷子の幼虫(ツマグロヒョウモン)

買い物からの帰り道、路上で目立つ幼虫発見!ツマグロヒョウモンです。

赤と黒、そしてトゲトゲしい体が特徴的smile

近くにスミレは無いか?と、その子を拾って少し歩くと、すぐに見つかりました。

Dsc_1196

2019/7/4 鹿児島市南林寺町

ここから迷い出てしまったのでしょうか?

餌を求めてなのか、もしくは蛹になる場所を求めてだったのか?

とりあえず「もう少しお食べ」と、スミレの元に置くと、すぐにモグモグし始めました。

Dsc_1190

そして、その隣の株にも、またその隣にも、周辺でツマグロヒョウモンの幼虫が計6匹。

Dsc_1191

拾った子は餌を求めていたのかもしれません。でもみんなだいぶ終齢に近い感じでしたが…。

鹿児島市は7/3、記録的豪雨のためほとんどの小中学校・高校が臨時休校となり、

各地で様々な被害もあったようですsweat02

幸い、自宅周辺は大したことなく、事なきを得ましたが、

このツマグロヒョウモンのいた駐車場もやや傾斜がかかっており、

水捌けが良かったのかもしれません。ちょっと弱っている感じもしましたが、

こうやってみんな生き残っている子たち、頑張って蛹になって次の命を繋いでほしいものですheart02

2019年6月30日 (日)

ベニツチカメムシの幼虫

ここにはボロボロノキがあり、立ち寄った際はいつもチェックしています。

今回は、野イチゴが落ちている?のかと思いました。

Dsc_1160

2019/6/19 霧島市国分台明寺

赤くツヤツヤした球体は、すべてベニツチカメムシの幼虫です。2~3齢でしょうか?

ボロボロノキの落ちた球果に群がって、鮮やかな「野イチゴ」になっています(笑)

よく見ると、周辺にはまだいくつもの「野イチゴ」が点在していました。

うまく成長して、来年もここで見られるといいなheart02

2019年6月29日 (土)

ヤマアジサイ、ハナイカダ

雨上がりの午後、少し時間が余ったので、国分台明寺渓谷公園へ寄り道。

一応、ネット(網)を持って歩きましたが、昆虫はそんなにいませんでしたcoldsweats01

ゆっくり歩いていると、川沿いの道際にヤマアジサイを見つけました。

Dsc_1163

2019/6/19 霧島市国分台明寺

アジサイは大きな花序であるイメージですが、こちらの花序はとても小さいです。

手を添えて撮ってみました。(一応、成人女性の手になります)

Dsc_1164

葉も薄く、楕円形で先端が少し尖っています。花期はもう終盤といったところ。

そして行きは気づかなかったのに、帰り道で気が付いたハナイカダ

Dsc_1165

誰かがいたずらに黒い玉を乗せたみたい。熟した実です。

Dsc_1166

実が生るということは、この葉の中央に花も咲くのですが、

花は黄緑色の小さな花で、とてもかわいいのですheart02

最後はおまけbleah これは実ではありません。

Dsc_1167

笹の葉の上にいるのは、タケトゲハムシ

葉の表面に白いかじり痕の線がついていたら、たいていこの虫の仕業ですsmile

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム