アクセスカウンター

  • TOTAL

2018年6月21日 (木)

シロスジカミキリ、クワカミキリ

どちらもビッグサイズのカミキリですup

こちらは紫尾山シロスジカミキリ

703f49805fc645758488ff0ec74cbc1a

2018/6/9 鹿児島県薩摩郡さつま町

これもシロスジカミキリ

D9d46b0325ae4ac0a1f6a32d017d2686

これはクワカミキリ

7308e447ced14c8fb087bf3791e5bb9b

上の2種、どっちもローソン。紫尾山の帰り、ここのローソンははずせない(笑)

D37db9cff6f44f91a7257d54debc4324

2018年6月18日 (月)

天文館でホタルガ

鹿児島市天文館公園近くの路上に、ホタルガが落ちていました。

1020e4a93d7d44d18bb28d20490bb73d

2018/6/10 鹿児島市松原町

触覚が片方しかありません。よく踏まれずにいたな…と思いました。

飛んでいると、白い輪が見えるような感じです。ヒラヒラ飛んでいきます。

踏まれない路地の片隅に移動させ、帰り始めると、そのすぐ近くにももう1頭。

どこかこの近所で発生した兄弟だったのでしょう。

幼虫はハマヒサカキを食べるようです。天文館公園のどこかに植わっていたのかも。

2018年6月17日 (日)

鹿昆灯火採集会 2018/6/16

夕方の臨時例会(前記事参照)の後、夜は鹿昆会員のための灯火採集会。

講演が終わった後、自由参加で清浦ダムへ移動です。

183f13ac98f3445fac6cfb810fa6ec94

2018/6/16 薩摩川内市入来町 清浦ダム

今回は4セットが組まれました。ただ、台風が影響していたのか、強風に見舞われ、

かなり寒かったし、飛来数も種類も少なかったという結果ですcoldsweats01

そんな中、ダムにかかる水銀燈のある橋の上では、Kさんが残り物を見つけていました。

0f331f5d78fd4d6c9e024264a5d886e4

カブトムシヒラタクワガタノコギリクワガタ、そして驚きのミヤマクワガタ

もう出てるのでしょうが、鳥か何かに食われた残骸の姿でした。

この日は普段、灯火でご一緒することのない方々との交流ができたり、

新規の親子連れさんとの出会いもあったりして、楽しい夜を過ごしました。

22時撤収でした。

鹿昆臨時例会 2018/6/16

異例の6月中に2回目の例会、今回は特別講演として、

市川俊英先生と金哲史先生によるコラボ講話がありました。

①市川俊英先生:クヌギ樹液の滲出要因とオオスズメバチが嫌う樹液

Cce8773bd2ca41d4b775b76951ad1bb3

②金哲史先生:オオスズメバチが嫌う樹液の成分

E255f154c8424044a05594fcab41deb5

市川先生の素晴らしい観察眼・観察力から得られたヒントが、

金先生の元で分析・解析され、新しい発見を生み出す感動のお話でした。

要は、オオスズメバチの観察中に、樹液の好き嫌いがあることを発見し、

嫌いな方の樹液からその成分を見つけ出し、その性能を生かしたある商品を開発するお話。

その成分でハチは攻撃性を失い、ただただうろたえた後、去っていくとのこと。

お二人はいかに人にやさしく、虫にやさしく、被害を激減できるかという方法を見出し、

共同で「スズメバチサラバ」という画期的なハチ避けスプレーを開発されましたsign03

参加者は1本ずつ手にすることができましたが、これはもう1本欲しくなる魅力的なスプレー。

ハチのいそうな環境に出かける時はもちろんですが、ハチ避け、駆除作業などに効果があります。

7f72b1355de94134a3a034f889afd522

私の会社でもシーズンになるとたまにハチ駆除の依頼が入ってきたりします。

その時はこのスプレーを紹介してみようと思いますup

2018年6月15日 (金)

「ペンションすずらん」で虫探し&ランチ

山梨昆虫ミステリーツアーの続き。

この日は(この日の前日関東は梅雨入り宣言したばかり)、お天気を気にしながらの

臨機応変コースだったため、天気が良ければ材を見に行く!というのがギリギリまで

分からずにいました。

しかしなんと晴れたので、少しでも材が乾いて陽が当たっていれば、

カミキリ類が狙える素敵な場所があると、午後になって到着したのが「ペンションすずらん」。

ここは、カミキリ好きの店主が経営する虫屋さんのためのペンションなのだそうです。

840c7dc96bbb4223abc787edc7de4920

2018/6/7 山梨県甲州市塩山上萩原 ペンションすずらん

敷地内にはこんな魅力的な昆虫館も!

Bf890ca8e5b04bbebc7146bccce6534f

宿泊もでき、立ち寄り客はランチだけでも楽しめます。

私たちも着いてすぐにランチ…ではなく、まずは敷地内を虫探し(笑)

2aaf2b5640bc472f92f67b34bda7187f

こんな大きな灯火セットも組まれていました。宿泊客の希望で灯火できるらしい。

31041508611c49d49daa160bebfefa1d

こんな感じで材が置いてあり、数種類のカミキリと、寄生蜂を見ることができました。

ほかにもいろいろ。

0a30d346937249459553543297f59a9e

これはカミキリではなく、ヒラタカメムシの一種。

0badd934e753485a9533aae380c5ed7f

こちらはブドウスカシクロバ。小さな美しい蛾です。

やっとランチ。店内は山小屋風の落ち着いた空間。

6b6b1f6a42064ba2b5ab6fe4e079dc4f

B5008526057a4a3dbb27a9768fad212c

メニューが面白い。ライダー定食、虫屋さん定食、釣り屋さん定食、山屋さん定食。

ここまできて「虫屋さん定食」以外は注文できませんsmile

E97c7e393ef346c199827d8ca70be054

虫屋さん定食を、本当にガッツリ味わいました。

この日の模様(昆虫写真など)は、まーくさんのブログで詳しく紹介されています。

昆虫の写真は断然キレイ!で、撮影数も豊富!(やっぱスマホより一眼ですね)

ぜひご覧ください!

2018年6月13日 (水)

エゾアオカメムシ(甲州市)

サクラの樹の幹で交尾中のエゾアオカメムシ

初めて見る!と思ってすぐに撮影しましたcamera

F57de3ac375b456a88955a00f450b6d8

2018/6/7 山梨県甲州市塩山

標高の高いところにいる生き物には、よく名前に「エゾ」や「ミヤマ」などが付きます。

このカメムシもそのひとつ。

出会えて良かったーsign03

2018年6月 8日 (金)

クジャクチョウ

社員旅行(東京班)2日目はフリープラン。

私はこの日、虫友のまーくさんにお願いして関東の昆虫を案内していただきました!

日帰り山梨ミステリーツアー(笑)

早朝から出発して9:00には最初の目的地に到着しました。

7dfd2d9038c640ee86ff860e40a8df88

2018/6/7 山梨県甲府市勝沼町

虫屋さんは観光地には行かなくても、名もなき林道で十分楽しめます!(笑)

この先をしばらく歩くと、まーくさんがクジャクチョウの幼虫を見つけました。

01820ca5096245d2a4c70e9bab8b42ca

今のシーズンはまだ幼虫だねーと話していると、何とミラクルなことでしょう!shine

目の前に成虫のクジャクチョウが現れましたsign03

一眼レフカメラは持って行っていなかったので、スマホカメラの証拠写真的な撮影sweat02

368d17ebe5b040af8343c05f286d7e06

鹿児島では見られない美麗種に大興奮lovely

22dfdf780f32459a8baf3e57025dab26

比較的警戒心が少なかったのか、飛び方は素早いのですが、

私たちの周辺をチラチラ飛び回り、その美しさを見せつけているようでした。

F32efa848420481aa9db8b66df6b3942

こんな感じの環境。至って普通の林道。

まーくさんが採集してくださり、憧れの蝶を初ゲットですshine

この後も何の変哲も無い林道で2時間近く散策し、

鹿児島とは違う関東の昆虫相を目の当たりにしながら、

小さな昆虫たちとの出会いを堪能しました。

しばらくこのブログで小分けにして紹介させていただく予定です。

お楽しみにwink

2018年6月 4日 (月)

キマダラセセリ日光浴中

今日は6月4日、「虫の日」でしたが、残念ながら仕事でしたsweat02

まぁまぁのお天気でしたが、それを少し恨めしく思いながら…coldsweats01

先日梅雨の晴れ間にパーっと明るくなったときに現れたキマダラセセリheart02

9b37657120ea4a96a769bda720980076

2018/5/30 薩摩川内市入来町浦之名

Dab512e840c94a269cf33118c6a26713

同じ場所に3頭がチラチラと連なったり離れたり。元気に飛び回っていましたが、

やっとバラけて1頭が草の上にじっとしてくれました。

ここは今度6/16に鹿昆ナイターをする場所のすぐ近くですhappy01

2018年6月 2日 (土)

シマクサアブ

アブの仲間は同定が難しい…と思いつつ、あまりに派手で綺麗なアブだったので

とりあえず撮影のみcamera

ネット調べ(絵合わせ)では、クサアブ科のシマクサアブ

02dc90ef5f2b403fa2c56ed1952f6014

2018/5/30 薩摩川内市 藺牟田池

2018年6月 1日 (金)

藺牟田池で見たカメムシ 2018/5/30

藺牟田池で散策中、この2種類のカメムシがたくさん見られました!

まずはイネクロカメムシ。4頭一緒にいるところを南風さんが発見。

D7a0b1caa59f42918f355272b6e06722

2018/5/30 薩摩川内市 藺牟田池

その後も単体でいるイネクロカメムシを何度か見かけました。

次にもっと多かったのが、ノコギリカメムシ

1匹見つけると、近辺にあちこちいるので、兄弟だったのかも。

69fa572760ea4138a2d16419369d3d18

それでも広範囲にわたって、ノコギリカメムシの姿を見ることができたので、

この日はノコギリカメムシの当たり日だったのかも?(笑)

あとは画像はありませんが、ハリカメムシの仲間や、

水面ではヒメアメンボシマアメンボを見かけましたよhappy01

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム