2018年10月14日 (日)

サドルにツヤアオカメムシ

仕事の帰り、通勤に使っている私の自転車のサドルにツヤアオカメムシsweat02

Img_7586

2018/10/11 鹿児島市

このままでは乗れないので、とりあえず移動してもらいます(笑)

Img_7588

すぐ隣のブロック塀に移して帰りましたが、今年は昨年ほどの大発生は無いはずsign02

それでも今は成虫が多く見られる時期です。出会いは必須…ですね!

2018年10月13日 (土)

秋の高江 2018

秋の高江の風景です。たわわに実った稲穂ですが、台風時の風の形を残しています。

Img_7573

2018/10/8 薩摩川内市高江町

この用水路の眺め・風景は、どの季節も心を和ませてくれます。

Img_7575

ここではハグロトンボが多くみられ、オス同士で縄張り争い?

左右へ行ったり来たり、追いかけっこしながら飛び交う姿が多く見られました。

娘がいたずらに網を振った時、慌てて方向転換したハグロトンボのオスが、

蜘蛛の巣にかかってしまうハプニング発生…sweat02


Img_7577

娘はショックで「ごめんなさーいsweat01」を連発していましたが、

これも自然の中では起こりうるありのままの姿。

大きな自然の中には小さな生き物たちの厳しい世界が広がっています。

2018年10月 9日 (火)

ツノトンボ 2018

ススキなどの多い草むらに、ツノトンボ

Img_7560

2018/10/8 薩摩川内市高江町

一見、ウスバキトンボのような、ヘビトンボのような、ウスバカゲロウのような?

名前のとおり立派な触角があり、トンボに形がよく似ていますが、カゲロウに近い仲間です。

(トンボにはこんなに長い立派な触角はありません)

ちょっと不思議な昆虫ですね。

トンボ幼虫調査会に参加

薩摩川内市藺牟田池、ビオトープ近くにて、

この場所におけるトンボの種類調査を行っているとのこと。

そのトンボの幼虫調査会にお手伝いに行ってきました。

Img_7532

2018/10/8 鹿児島県薩摩川内市 藺牟田池

この各トロ舟に、いったいどれくらいの種類のトンボのヤゴが見つかるでしょう?

Img_7508

水草ブロックを除いて、水網で掬います。

Img_7512
Img_7548

掬ったヤゴを各トロ舟ごとに別々のバットへ入れていきます。

Img_7551

これを種類別に分けてカウントし、記録していきます。

Img_7553

藺牟田池愛好会のお二方は、ヤゴの種類もすばやく見分けて、次々と記録していきます。

私と娘は掬うお手伝いしかできませんでしたが、次々に見つかるヤゴに心躍りましたnote

見つかったヤゴの種類は、ハラビロトンボショウジョウトンボシオカラトンボ

チョウトンボ、イトトンボ(おそらくアオモンイトトンボ)などです。

不明なヤゴは要調査となりました。

大きな池(ビオトープ)の方には、クロスジギンヤンマなど、ヤンマのヤゴも多いです。

面白いのは、こんなにたくさんのトロ舟を並べていても、

そこに産卵したトンボの状況によって、入っているヤゴの種類数に大きな差があること。

それでも、たくさんのトロ舟があるので、満遍なく調査できたと思います。

カウントが済んだヤゴたちは、また同じ場所のトロ舟に帰しました。

秋晴れで、お昼前は暑いくらいでしたが、心地いい時間を過ごせましたhappy01

2018年9月26日 (水)

路上のノコギリクワガタ(メス)

次男の運動会の帰り、路上にひっくり返って死んでいる虫を見つけました。

一度はスルーしようと思いましたが、やっぱり気になって引き返すと、

それはノコギリクワガタのメスの死骸でした。(ゴキブリかと思っちゃってsweat01(笑))

手に取り、自転車のサドルに乗せての撮影。

Img_7457

2018/9/23 鹿児島市樋之口町パース通り


Img_7458

上翅に深い傷痕があります。これが致命傷となったかは分かりませんが、

こんな街中でこんな時期にクワガタを見るのも珍しいものです。

ひょっとしたら飼育個体が逃げ出して?…だったのかもしれませんけどcoldsweats01

2018年9月23日 (日)

ランタナに多数のイチモンジセセリ

次男の中学校運動会、校内のランタナに多数のイチモンジセセリ

Img_7423

2018/9/23 鹿児島市樋之口町

Img_7425

この一角に十数頭が乱舞。一緒に見学に行った長男は素手キャッチにも成功。

2018年9月19日 (水)

イチモンジセセリが多い(画像なし)

先週末、娘の運動会の時に、目の前を横切るイチモンジセセリを多数見かけました。

それ以降、街中でも至るところで目にしています。

イチモンジセセリは集団で移動するそうですが、今は低地での移動時期なのかな?

夕方、私の車のドアミラーに止まりそうで止まれなかった個体がいたのですが、

結局ピューっと去ってしまったので撮影できずdown

私は車内でじっと動かずに待っていたのにcoldsweats01

**(追記)2018/9/20************************

イチモンジセセリは目にも止まらぬスピードで飛び回り、

体(翅)の色も茶色~金色っぽいので、人目につきにくいのだと思いますが、

イチモンジセセリに限らず、他の虫たちも目の前、足元を素早く通り過ぎて行きます。

それを見逃さず、情報としてキャッチするのが虫屋の仕事ですね!

2018年9月15日 (土)

運動会とアブラゼミ

娘にとって、小学校最後の運動会が無事終了。

それぞれの種目で一生懸命競技する子供たち、保護者ほか白熱の応援席、

そして感無量の閉会式。

Img_7365

2018/9/15 鹿児島市郡元

Img_7385_2

帰り、校門近くで娘を待っていると、建物の隅っこにアブラゼミ

弱々しく建物伝いに歩いていましたが、しばらくすると急に飛んで行きました。

この日、校内で確認した昆虫は…

イチモンジセセリ、ウスバキトンボ、スジグロギンヤンマ、アオスジアゲハ、

ムラサキシジミ、モンシロチョウ、アブラゼミ、ツクツクボウシ

娘の応援に専念してはいましたが、やっぱり目の前を横切る虫の姿はチェック(笑)

閉会式の時、遠くで聞こえるツクツクボウシの鳴き声が、

秋の気配を一層深めてくれた気がしました。

2018年9月13日 (木)

ヤマトとクマソ

鹿児島市役所前の花壇に植えてあるメランポジウムという黄色くて小さな花。

そこにたくさんのシジミチョウが吸蜜のためやってきていました。

こちらはヤマトシジミ

Img_7277

2018/9/12 鹿児島市山下町

こっちはクロマダラソテツシジミ。(奥はヤマトでした)

Img_7279

大きさも似ているけれど、こちらには尾状突起が付いています。

可愛いけれど、外来種でソテツの大害虫とされていますsweat02

2018年9月12日 (水)

アオスジアゲハの産卵

この日は娘の小学校運動会予行練習があり、午前中少しだけ参観に行きました。

その後、クラスランチ会へと向かう途中、駐車場まで歩いていると、

小学校近くの歩道でアオスジアゲハが舞っているのを見かけました。

街路樹のクスの木の根本、ひこばえの若い葉の回りを飛び回っています。

なかなか落ち着かない様子でしたが、少し離れて見ていると、やっぱり産卵しましたheart02

Img_7256

2018/9/11 鹿児島市郡元

逃げない距離まで近づくのは難しく、慌ててスマホで撮影したので結果はピンボケsweat02

ですが、飛び去った後にその葉を見ると、産み付けられたばかりの卵が2つありました。

Img_7257

赤い丸で印を付けましたが、ちょっと分かりづらいかもしれませんsweat01

驚くほど地面スレスレの低い場所で、新芽の近くに産み付けられていることが分かります。

孵化する頃、この新芽が食べ頃になっているのかもしれませんが、

少しでも幼虫が食べやすい若葉付近に産卵する、…母蝶の愛ですねheart02生き物の知恵confident

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム