2017年12月 5日 (火)

ハマベハサミムシ

植林体験イベントに参加した時、植えた苗木の脇にずっとワラを敷き詰めていったのですが、

何もなくなったワラ置き場の地面には、そこに潜んでいたたくさんの昆虫やクモ類がワラワラ(笑)

コオロギの幼虫、チャバネゴキブリ?の幼虫、ゴミムシの仲間、そしてこのハサミムシ。

Img_4680

2017/12/3 霧島市国分 上野原縄文の森

ハマベハサミムシだと思いますが、ここは標高254mの山の上。

名前に「ハマベ」と付いていても、浜辺にいるばかりとは限りません。

(同じくハマベアワフキもここで、ワラの近くで1頭確認しました)

全国的にみられる普通種ですね。

Img_4678

長男が手に這わせ、参加者の中の虫好きなお子さんが熱心に見入っていましたcoldsweats01

2017年12月 1日 (金)

クスアオシャク

今日から12月ですね。

今朝、自宅マンションの壁に美しい緑色の蛾を発見shine

Img_4640_3

2017/12/1 鹿児島市

わざわざ白いタイルの壁にとまっているので、とても目立っていましたcoldsweats01

絵合わせで調べてみると、クスアオシャクのようです。

いつもお世話になっている福田輝彦先生の蛾類抄録によると、

鹿児島県各所で6月と9~10月にまとまった採集記録例がありました。

今週は暖かかったので、出てきたのでしょうか?綺麗な個体でした。

2017年11月27日 (月)

みんなが避ける当たりキャベツ

スーパーで、キャベツが半分だけ欲しかったのですが、

半分に切ったものはラップしてあるものがほとんど。

残っているキャベツを手に取ると、裏側に虫が一緒にラッピングされていました!

Img_4629

2017/11/26 モンシロチョウの幼虫などに寄生する寄生蜂、コマユバチの仲間です。

今の時期にアオムシはそうそう居ないと思いますが、

寄生蜂はそれでも産卵場所を探していたのでしょうか…?

みんなが一度手に取っても、置いていってしまうキャベツ、うちには当たりキャベツshine(笑)

別にこの蜂を食べるわけじゃないので、取り除けば普通のキャベツですもの。

2017年11月18日 (土)

鹿昆大会 2017

鹿児島昆虫同好会2017年大会に参加しました。

今年もユニークな講演の数々、どれも素晴らしかったです。

Img_4571_2

2017/11/18 鹿児島市 かごしま環境未来館

Img_4573_2

2017年度の演目は以下のとおり。

・アメリカで鳴いたツクツクボウシ(国分高校、K.K先生)

・新島の昆虫相解明(K.K先生)

・リュウキュウアサギマダラの集団越冬について(T.F先生)

・大隅諸島のエンマコガネ類の分布(国分高校S.Yさん、K.K先生)

・今年、カメムシ界で何があった?(K.M氏)

・特別講演 鹿児島になぜチョウがいるのか?~鹿児島県のチョウ相成立史~(H.F先生)

Img_4576_2

upwardright持ち寄り展示会場(生体展示、標本箱や食草、パネル、書籍等の展示)

Img_4578_2

upwardright昼食後の休憩時間、歓談中のワンシーン。

Img_4588_2

upwardright夜は忘年会。(鹿児島市上荒田町 ジェイドガーデンパレス

今年は例年より参加者が若干少なかったのですが、

福岡や熊本、宮崎など、遠方からの出席者も混じって楽しい宴となりました。

最後のシメのお言葉は、副会長のT.F先生からでした。

「同好会としての活動は本日が最後かもしれませんが、冬の間は皆さんそれぞれやることが

たくさんあるはず。虫屋に休みはありません!」そうですよね!(笑)

今年もたくさんの方々にお世話になりました。親子共々、この場を借りて再度感謝申しあげます。

来年もそれぞれの活動を楽しみましょう!!happy01

2017年11月16日 (木)

チャイロカメムシ

東京の虫友から送っていただいたチャイロカメムシ

Imgp1029

2017/11/9着(11/6採集、東京都府中市

Imgp1030

Imgp1031

体長約9mm。小さくて地味ですが、これでもキンカメムシ科。

生きたまま送ってくださったので、歩き方やしぐさ、可愛さを堪能しましたheart02

まだ生きてます。(11/16現在)

2017年11月13日 (月)

鹿昆バッヂ

人のご縁はどこで繋がっているか分かりません。

私はこの方とは直接の面識がありませんでしたが、

今年(2017年)5月に亡くなった今村氏、その奥様とご親戚の方との巡り合わせで、

この日は今村邸へ昆虫コレクションの見学に行くことになりました。

故今村氏のご自宅では、奥様にご案内いただき、ご主人のお部屋を見せていただきました。

衣類用のタンスではなく、開けると昆虫標本箱がギッシリ並んだ標本箱専用のタンスが2つ。

同じ種類ごとに整理され、びっしりと昆虫で埋まったドイツ箱はどれも圧巻でした。

また、標本作成時に使っていた道具や、図鑑、写真集などもたくさんあり、

ご主人の遺品となった今でも、とても温かみがあって、ご本人と奥様の想いが伝わりました。

お部屋の中でいろいろ見せていただいていると、素敵なものが見つかりました。

Img_4565

2017/11/12 鹿児島市 今村邸にて

Img_4564

創立30周年記念で作成された鹿昆バッヂです。約35年前のものですね。

今村氏は73歳で亡くなられたとのことですが、

亡くなった今でも、奥様に本当によく愛されていらっしゃいます。

好きなことを一生懸命できる、支え合うパートナーがいて、幸せだったと思います。

奥様からは「またいつでも来て欲しい」と仰っていただき、嬉しかったです。

今回は長男と私の二人でご訪問させていただきましたが、また時々遊びに行きたいと思います。

素敵なご縁に感謝heart02

2017年11月 8日 (水)

紅葉始め 2017/11/8

少し小雨のパラつく一日でしたが、ママ友とちょっと遠出して紅葉を見てきましたmaple

Image11081

2017/11/8 薩摩川内市入来町

Image11082

まだモンシロチョウを見かけます。小雨の中、飛んでいました。

ほか、ヤマトシジミキチョウキタテハも見かけました。

2017年11月 5日 (日)

シルエットその2(ジャコウアゲハ蛹)

Img_4477

野鳥観察ができる建物の壁では、こんなシルエットが見つかりました。

Img_4471_2

2017/11/3 南さつま市 金峰町

ジャコウアゲハの蛹です。「お菊虫(お菊さん)」という俗称もあります。

Img_4473_2

建物周辺のマツ林では、ウマノスズクサがたくさん見つかりました。

餌も豊富だったためか、建物の壁だけで9体ものお菊さんを見つけることができました。

この姿のまま来春まで無事越冬してくれたら、優雅なチョウとなって、

周辺を舞うことでしょうheart02

2017年11月 3日 (金)

シルエットその1(ハラビロカマキリ)

あいにくの雨でした。

Img_4464

2017/11/3 南さつま市 金峰町

Img_4463

せっかく雨を避けているのに、体には雫のアクセサリー。

こちらを不思議そうに見ていたハラビロカマキリ

ほとんど動かず…寒そうに見えました。

2017年11月 2日 (木)

寄り添う成虫と幼虫(サツマゴキブリ)

台風22号が去った直後の指宿市

Img_4394

2017/10/29 指宿市開聞十町 花瀬望比公園

少しズームアップ…。彼らの位置的なものが分かると思いますが…。

Img_4397

こんなところで台風をやり過ごしたのでしょうか???

タイトルの通り、サツマゴキブリの親子(?かは不明)が、寄り添いあっています。

Img_4398

なぜかすぐ右下には、青色系のヨモギハムシまでhappy01

コンクリートの別の面には幼虫も一匹。

Img_4400

角にはもう一匹。若い成虫?

Img_4401

ウスバキトンボは既に出てきて低いところを飛び回り始めましたが、

彼らはつついても動かない。本当にただただじっとしているようでした。

Img_4399

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム