2016年6月29日 (水)

夜のカマキリの幼虫

クヌギ近くの草むらで、次男が見つけたオオカマキリの幼虫。

Rimg2515

2016/6/26 鹿児島市

Rimg2516

本当にカマキリの複眼は、夜見ると全体的に真っ黒に見えますね。

近くにキリギリスの仲間の幼虫もいたので、

それを狙っていたのか?、ただ単にそこで休んでいたのか?

それよりも私たちにライトを当てられ、ビックリしていたかもしれませんねcoldsweats01

2016年6月26日 (日)

夜間観察(2種類のガ)

毎日忙しいのですが、今夜はもう頑張って飛び出しましたsign01

日曜の夜なのに…coldsweats01

平日はいつも長男の帰りが遅いし、次男も19時まで遠泳練習をしているので、

土曜日か、日曜の夜しか時間がとれません。

さて、向かった先は市内某所。車で35~40分ほどの郊外です。

目的は甲虫(クワガタ類)でしたが、残念ながら見ることすらできずcrying

代わりに樹液に集まっていたのは、フクラスズメカギバトモエヨツボシケシキスイ

Rimg2512

2016/6/26 鹿児島市某所(笑)

上の画像は手元の懐中電灯だけ当てていますが、(それなりに雰囲気あり)

フラッシュをたくと、下の画像のようになります。

Rimg2513

今回は空振りでしたsweat01 時間帯が早かったのかなsweat02

帰りは車内で子供たちは寝てしまいました。ま、こんな日もありますねcoldsweats01

2016年6月25日 (土)

知林ヶ島のカタツムリ

結構、数多く見ることができたカタツムリ

Rimg2327

2016/5/5 指宿市 知林ヶ島

これは普通の右巻きですが、稀に左巻きの個体もいるそうです。

そんなことを調べていたら、おもしろい記事があったので紹介しておきます。

http://s-park.wao.ne.jp/archives/1443

clover右利きのヘビと左巻きのカタツムリ…「右」と「左」から迫る生物進化の謎

この日、知林ヶ島で本当にたくさん見かけたので、つい1枚写真を撮りましたが、

左巻きもいると知っていれば、もっとよく見ておいたのになぁ…coldsweats01

今度からカタツムリを見つけたら、気をつけてみようと思いましたflair

2016年6月24日 (金)

アブラゼミ初鳴き?(画像なし)

夕方、次男の遠泳練習のお迎えの際、

帰り際に校門近くのサクラからアブラゼミ?の鳴き声らしきものが

聞こえました。

ただ…鳴き方が…すごくヘタクソで(笑)

羽化して鳴けるようになってからの、本当の初鳴きだったのでしょうか?

アブラゼミsign02ear」と一瞬確信はしたのですが、

聞けば聞くほど分からなくなるほど、グニャグニャした変わった鳴き声でした。

近づくとピタッと止んでしまい、薄暗い枝の中で姿を探し出すことはできず、

残念ながら明日以降に期待して帰りましたcoldsweats01

2016年6月23日 (木)

ゴマダラカミキリ

結構好きheart02 ゴマダラカミキリ

0717_2

2011/7/17 垂水市 猿ヶ城

普通種ですが、見つけるといつもカッコイイな!と思います。

背中の斑紋も変異があっておもしろいので、いっぱい並べたくなりますconfident

でもそんな時に限って、なかなか手に入らないんですよね~coldsweats01

2016年6月22日 (水)

ウスバキトンボやや群飛(画像なし)

夕方(19時前)、次男の小学校近くの交差点付近で、

数十頭のウスバキトンボ群飛を確認。(鹿児島市南林寺町

最近雨が多く、今日は少し晴れ間も出て蒸し暑い一日だったので、

他にもチラホラ虫が目につきました。

でも、ウスバキトンボ初見日から単体でしか見ていなかったので、

久しぶりに群れて飛んでいるものを見た印象です。

低空では木にとまろうとしている個体もいたので、

ねぐらを探していたのかもしれませんねconfident

2016年6月20日 (月)

リンゴマダラヨコバイ

さて帰ろうとした時、私のチャリに乗っていたのは…

Rimg2507

Rimg2508

2016/6/20 鹿児島市樋之口町

つい、見入ってしまいましたeye

Rimg2509美しい…heart02

Rimg2510

実はもう命は尽きていて、濡れたサドルにくっついていたようです。

それにしても久しぶりにこんな小さなヨコバイの仲間に出会えてプチ興奮lovely

ネット調べ(絵合わせ)では、リンゴマダラヨコバイのようです。

微小昆虫は、その姿を拡大して見れば見るほど、そのカッコ良さにシビレますsign03

2016年6月17日 (金)

千貫平のアザミ植栽場所 その後(2016)

以前(2013/4/13)にノアザミを植えた場所を確認。

もう3年も経つなんて…。

あたりは草ボウボウになっていて、目印がなければ分からないところでしたsweat01

Rimg2427

2016/5/22 南九州市頴娃町 千貫平

Rimg2424
でもその中を探せば、しっかりと根付き芽生えたノアザミを見つけることができました。

Rimg2428

さてさて、花は咲いているでしょうか?

2016/6/25(土)、アサギマダラのマーキング会が予定されています。

千貫平はチョウが集まりやすいポイントなので、

たくさんのマーキングができることを祈っています。(私は参加できないのでweep

関連記事はこちら

clover未来のチョウたちへ」(2013/4/13)

cloverノアザミ植栽、おじさんの前で号泣」(2013/4/13)

cloverノアザミの苗を確認」(2014/3/16)

2016年6月14日 (火)

ザトウムシの仲間

Rimg2254

2016/5/1 南九州市川辺町

Rimg2255

カメラを近づけると威嚇しているのか、興奮しているのか?(笑)

ビヨンビヨン動くので、ピントも合いませんcoldsweats01

脚は8本なので、昆虫ではありませんが、肉食でいろいろな獲物を食べるそうです。

体は大きくても5ミリ程度。

でも脚は長く、放射状に伸びた脚の直径は5~8センチほどあるものもいます。

これとは別種で、以前ギンボシザトウムシを載せたことがありますが、

今後長男の学校のサイエンス部で、調査対象として扱うそうです。

不思議な生き物ですが、いろいろ発見があることを期待していますheart04

2016年6月12日 (日)

白い姿の昆虫

朽ちた木製の柵の中から、シロアリがうじゃうじゃ出てきたのですが、

他にはこんな白い昆虫も出てきました…。

Rimg2345_2

2016/5/5 指宿市

脱皮したばかりの○○○○でしょうね。

目だけ黒いのは、やっぱり一番早く必要とするからでしょうか?

2016年6月10日 (金)

スズメの巣穴

Rimg2491

2016/6/8 次男の小学校、体育館への渡り廊下部分。

Rimg2492

あの小さな隙間を行き来するスズメ

遠泳練習のお迎えに行くと、いつもスズメが出入りしているのを目で追ってしまいます。

この下をみんなが通るので、スズメも警戒しながら一瞬で出たり入ったりsweat01

だからなかなか親スズメの画像は撮れていませんが、

近くを通ると可愛い雛鳥の鳴き声が聞こえてきますhappy02

プールのそばの大きな木は、ゴイサギがねぐらにしている様子。

学校って意外とワンダーランド(笑)

2016年6月 9日 (木)

病院で見た虫の本

「皮膚炎をもたらす身近な虫」とあります。

Rimg2496

2016/6/9 鹿児島市 猿渡ひふ科クリニック

スズメバチ、ブユ、イラガの幼虫、ネコノミ、ヒトスジシマカ、

ムカデ、アオバアリガタハネカクシ、ミツバチ、

ヒロヘリアオイラガの幼虫、チャドクガの幼虫・成虫、

アシナガバチ、イエダニ、アカイエカ…。さすが、皮膚科。なるほど…。

Rimg2495

次男に突発的なクインケ浮腫という病症が現れ、朝イチで皮膚科受診。

原因不明で薬もないのですが、数日で自然消滅するというので安心しました。

(この日の夕方には腫れは引きましたheart02

「皮膚炎をもたらす虫」とは全く関係のない病気ですが、

待合室でついつい手に取ったというのは、こんな本だったという話です。

2016年6月 7日 (火)

何の幼虫かは不明…

大きくなったら、どんな姿になるの??

Rimg2433

2016/5/22 南九州市 頴娃町

かなり特徴的なので、もっとちゃんと調べたら分かりそうなものですが…。

「イモムシハンドブック」では見当たらず…coldsweats01

また分かったら追記します。

もしご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示くださいheart02

2016年6月 5日 (日)

鹿昆例会 2016/6/4

この日は64(虫)の日、6月4日でした。

ちょうど鹿昆例会と重なりましたhappy01

今回の講話は、

山根正氣先生による「最近日本から発見された大型ドロバチについて

Rimg2485_3

2016/6/4 鹿児島市 環境未来館

上の画像で先生が指しているのは、ごくメジャーなオオフタオビドロバチ

その右側が珍しいハグロフタオビドロバチで、

さらにその右(一番右)が、第3のドロバチ、オデコフタオビドロバチ

まだ発見されて6年sign02(2010/7/25に採集され新種となる)

一見同じように見えても、よく観察し、よく比較することで、

実は別種と認められることがあります。調査・観察・比較はとても大事です。

今回そんなドロバチがいると知り、今後注意してみようと思いました。

また、他の種類の昆虫でも、パッと見同じじゃないかもしれない?と留意し、

いつも新鮮に観察しなければ!と初心に帰ることの大切さを学びましたconfident

2016年6月 3日 (金)

灯火採集 in 寺山 2016/6/3

以前からノビノビになっていたナイター、やっと今夜実現good

201606032

2016/6/3 鹿児島市吉野町 寺山展望所

201606031

とりわけスペシャルな甲虫や蛾類が来たわけではありませんでしたが、

灯火に集まるこの時期の昆虫を待ちながら、談話を楽しむという、

一風変わった素敵な“夜遊び”かもしれませんsmile

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム