2018年6月11日 (月)

G高 文化祭へ行きました 2018

この日午前中は娘の合唱部保護者会が終わったら、次は長男の高校最後の文化祭へ。

C5b933f9d4f34181ae21ae948c041813

2018/6/9 鹿児島市池之上町 G中・高校

Cc46eb0f6a0b48c69b76f5311c68481d

一応、昆虫標本の展示もありましたが、今年のテーマは「ゲテモノミュージアム」sweat02

036855b3698c40b89bb339119d88990a

アナグマの骨格標本をはじめ、ゲジゲジマダガスカルゴキブリサツマゴキブリ

ミミズなどの生体展示もありました。

E0dfd134d30c4abfae85a7df817bca87

ガムテープで説明文が貼られているのがちょっと…coldsweats01

ラットの解剖シーンも動画で紹介。「グロッ」と言いながら見る生徒たち。

8ca806450dfa4606b2cf436378154ae8

01ad09400306412f8d2e0a804962976b

仲の良い級友と共に。

意外と来客者数が多かったらしいです。最後の良い思い出になったかなheart02

2018年6月 6日 (水)

アウルの森へ行きました

社員旅行で東京へ。

あいにくの雨でしたが、浅草スカイツリーを見学しました。

4680afd6f3a54bcbb33b1f9abf2f02f2

2018/6/6 東京都台東区 浅草

先輩と散策中に呼び込みしていた人気のフクロウカフェへ入ることに。

A164944705f64d91b09c5ab3944a0652

downwardrightメンフクロウ、可愛いheart02

E74338eeacbc4e9f947c37aab77d8907

A4099db941024c8cb899eb323a63c0ca

A0fdeaf5f6384bb68c3eab0694622dc9

A85bb24bdebd4d87ab146cafa3a846ba

満喫…(笑)

続きを読む »

2018年5月27日 (日)

清浦ダム 2018/5/26

まずは下見へ。

C7d55daeaecd489795e4b53a4afbc0f9

2018/5/26 薩摩川内市入来町 清浦ダム

こちらが管理棟。

Eadb126da8a24dea98ebcea97e05a808

入口が分かりにくいのですが、カーブミラーのある広めの道路から上がります。

駐車場とトイレもあり、なかなか良い場所です。

193fb9ed9c3042f0909f497ac5464bb8

そしてとりあえず予行。せっかく雨も上がって晴れたので(笑)

4738105993bd443eae45feda7e59519a

この日は気温が低く、昆虫の飛来数は少なかったのですが、

本番の日、お天気に恵まれることを祈ります。

2018年5月19日 (土)

虫のシャワー(ナイター in 寺山)

今回、LIVE的ブログ!?

ただ今、絶賛、虫のシャワーを浴びています(笑)

104786299e1b404688636a95f4244c27

2018/5/19 鹿児島市吉野町 寺山公園

気温20℃、湿度80%、天気くもり(19:40頃)

微小蛾類とカメムシ類が多数。

たまにスズメガ系も来ますが、ほとんどが小さめ。

2018年5月14日 (月)

鹿昆例会 2018/5/12

毎月楽しみにしている鹿昆例会

この日はK高校2年のS.Yさん(女子高生)の発表で、

タイトルは「ゴマダラチョウの越冬幼虫を本気で探してみました

 ~採集状況から寄生バエまで」でした。

F7b6e7cfe648448f942b461b9f00c312

2018/5/12 鹿児島市 かごしま環境未来館2F

実は私はエノキの樹の下でゴマダラチョウの幼虫探しのために

枯葉をめくったことがありません。(ハマったら楽しそうheart04…と思いましたが)

彼女の発表は笑顔いっぱいで楽しんでやっていることが十分に伝わりましたheart02

途中、後半から顧問のK溝先生が補足と寄生バエの話をされましたが、

どれも聴き応えがありました。

後半は一人一話。これまたすごい情報量。みんな熱い!happy02

9e86784ed45c4bc293a1de5efc6da5e5

ここ最近、春~初夏にかけて、さまざまなジャンルの昆虫が出てきました。

一人一話もそんな昆虫たちの話題で賑やかでした。

登場した昆虫名:ゴマダラチョウ、トラフシジミ、キオビエダシャク、イボタガ、

ルリシジミ、スギタニルリシジミ、アオハダトンボ、クロイトトンボ、ゼフ飼育、

ベッコウトンボ、ウスバキトンボ、ミカドアゲハ、モンシロチョウ、ツマキチョウ、

オオスカシバ、ルリカミキリ、モンキタマムシ、ムネアカハラビロカマキリ、

オオミノガ、カワゴケミズメイガ、ムカシヤンマ、ヨツボシトンボ、ハルゼミ、

コトラガ、オオムラサキ飼育、コノハチョウ飼育、…etc

この他にもまだまだあったと思うので、失念しているものもあると思います。

思い出せた分だけ記載しましたが、また思い出したら追記しますsweat01

2018年5月 5日 (土)

鹿児島県立博物館3Fリニューアルオープン

鹿児島県立博物館の3階が、2018/4/27にリニューアルオープンしました。

ゴールデンウイーク、子供の日、その3階展示室の紹介として、

ミュージアムトークが計4回行われ、私は娘と一緒に最終の15時から伺いました。

Dd8134e80a0e417996b9af7092d2fed4

00b988d0ead1485db872b7e7e17522db

2018/5/5 鹿児島市城山町 鹿児島県立博物館

A50c50b2bdbe49beacfc184744e40b50

01337d010fdb4f70be2c1dc484438c92

D2a58a8678774799acc644f3fa250b1f

フロア内はシックな感じに仕上がっていて、落ち着いた雰囲気。

広々としたスペース配分と、あちこちにソファが配置されて休憩も可。

何といっても、今回のリニューアルの目玉はこちら!

Cb849b724c7e471083f134fe0fd5ef15

斬新だったのが、文字の入った解説用パネル展示を減らし、

各展示物の解説をスマホアプリのダウンロードでそれぞれ入手できるというもの。

その名も「ポケット学芸員」sign03(博物館内では無料Wi-Fiも利用できますgood

この機能を体験するだけでも、行く価値ありますup

0ed1de193b2340a4a7ae16fcb9463c66

鹿児島の魅力がいっぱいの展示。入館無料なので、ぜひ皆さん足を運ばれてみてください。

2018年4月29日 (日)

ベッコウトンボ調査会 2018に参加

毎年4月、薩摩川内市藺牟田池にて行われているベッコウトンボ調査会

今年も参加してきました。

1回目は4/21、2回目は4/28に実施され、私は2回目のみの参加でした。

6c289928cc584b41a19934f6dfabb0b4

2018/4/28 まだ若いベッコウトンボ

8c64de5da8dc43f694b7d4d9dbf6f0fc

ビオトープ周辺での観察風景upwardright (撮影 by HM氏)

A班とB班に分かれてのエリア別調査でしたが、

私は番外編で生き物大好きな師匠と一緒に、ゆっくりゆっくり回りました。

3699cbd8b6bb4470a6712485ef7dcf4b

晴天にも恵まれ、今年は3,000頭超えの結果となりました。

2009年、極度の渇水に見舞われた藺牟田池でしたが、

ベッコウトンボはもうすっかり、十分と言える以上に大復活しているようですhappy01

2018年4月15日 (日)

指宿のベッコウトンボと備忘録(鹿昆例会)

所用を兼ね、指宿へ。T子さんと待ち合わせたのは国民休暇村前の通称ひょうたん池

観察小屋で一緒にお弁当を食べ、虫談義の後、池の周辺を散策しました。

この日はあいにくの雨…のはずでしたが、着いてしばらくすると雨が止み、

散策時にはそこで発生しているベッコウトンボをたくさん観察することができました。

412bb5de2b7b4f1f935702dc55b460bf

2018/4/14 指宿市東方

ここで見られたのは大半が黒々と成熟したオス。メスはほんの数頭しかいませんでした。

Imgp1160

今まで見てきた薩摩川内市藺牟田池ベッコウトンボより、飛び方が素早くて、

なんとなく野性味が強く、警戒心も強い印象を受けました。

撮影もかろうじてこのオスのみ。

他にはショウジョウトンボハラボソトンボアオモンイトトンボが見られました。

雨が止むと、お腹のすいたチョウ達も飛び出してきて、吸蜜に夢中です。

こちらはモンキアゲハdownwardright

Imgp1151_2

そしてイチモンジセセリdownwardright

Imgp1152_2

T子さんとわずかながら楽しい時間を過ごした後は、

夕方から鹿昆例会へ参加。

かごしま環境未来館2Fにて、この夜は長男がツワブキケブカミバエの発表をしました。

事前に自宅での練習も何もなく、私的にはぶっつけ本番で聴いたので、

ヒヤヒヤドキドキものでしたが、なかなかの良い発表ができたようですcoldsweats01

これも何度か大勢の前で個人発表をしてきた経験が生かされている気がします。

そして一番ありがたいのは、多くの大先生・大先輩方より、あらゆる角度からのアドバイスを

たくさんいただけたこと。(それだけツッコミどころが多かっただけなのですが…sweat02

今年度は高校3年生として、受験勉強をキバらなければなりません。

出来る時にやることはやる、時と場合をわきまえて、前に進めるよう、私も応援しもす!(笑)

2018年3月30日 (金)

先生のお見送り

娘の小学校でお世話になった元担任の先生が異動で奄美大島へ行くことに…。

夕方、鹿児島新港から出航するフェリー、残る先生&保護者&児童で盛大にお見送り。

002b5015cfb94ba39aaa9e2eefc1b647

2018/3/30 鹿児島新港

3fef5477998740db9b1d52a0de4905a8

71789c1931634596b35d8e2aa3d4167b

私はこういうお見送りは初めてでしたが、たくさんの紙テープがちぎれるまで、

互いに声を掛け合いながら、手を振って別れを惜しむ情景に胸を打たれました。

長男で1年間、娘で2年間お世話になった中野先生、奄美で頑張ってきてほしいです。

2018年3月29日 (木)

城山生態学調査会に参加

※今回は備忘録として詳細を記したので、割と長編になっていますsweat01

日本応用動物昆虫学会の大会(2018/3/25~27 於:鹿児島大学)の開催に合わせ、

湯川淳一先生による城山生態学講座」が(学会とは別に)ありました。

前日には室内講義(夜は懇親会)もありましたが、

私は当日の現地調査会のみ長男と参加。

鹿児島市内の身近な自然、城山において、これだけの調査ができるなんて感動ですshine

城山は保全されているため、植物や生き物の種類が豊富です。

今回は、南九州では普通に見られる植物に形成される虫こぶゴール)を探しました。

それぞれの植物に棲み分けした寄生者がそれぞれの独特なゴールを作るのです。

まず最初はホルトノキ。落葉した赤い葉を探します。ゴールがあれば当たりgood

Imgp1087_2

2018/3/28 鹿児島市城山

参加者が24名(湯川先生含む)だったので、1人10枚拾うだけで240枚は集まります。

短時間で皆で手分けして270枚ほど集まり、その中で7枚のゴールが確認されました。

調査方法にまずビックリ。そうやって数値を出していくんですね!

downwardrightこちらはヤブツバキでの調査。

Faaad53b2053404484b7adcf07353825

葉裏の葉脈にウロコタマバエの仲間がゴールを形成。

Imgp1088

downwardrightこちらはシロダモ葉の付き具合で年数を調べ、ゴール数をカウントします。

Aa85c3b6de0643708813ac5ddb1796b1

Imgp1090

シロダモタマバエゴールは、南九州では葉の上に出ますが、

あるラインを堺に北部(福岡など)では葉の下に出るそうです。驚きsweat01

downwardrightこちらはアオキ茎が青いからアオキ

Imgp1092

冬の間は赤い実が目立ちますが、この時期まで実が付いているのはほぼ虫こぶ

アオキミタマバエの仕業。

downwardrightこちらはイスノキに作られたゴール形成者はアブラムシの仲間。

Imgp1097

downwardrightこちらはよく見かけるけど、初めて名前を知ったハクサンボク

864858d44c3f42cfbca10a5ac3b1ee1f

赤い蕾のようなゴールができるのだとか…。

こちらはアラカシを囲んでdownwardright

489d021c3c8f4d178ee83b40db35d1b3

若葉の部分にゴールができています。

Imgp1099

ここでは番外編。トタテグモ探しnote

E59f22d43caf42bf91f26fd9574562a2

ここら一帯の土手は、トタテグモの集合住宅地帯(笑)

Imgp1106

薄い膜のような扉をめくると、奥にトタテグモが潜んでいます。

巣の前を昆虫が通ると、サッと穴から飛び出して引きずり込む戦法。

downwardrightその土手周辺にあったのがマルバウツギゴール

Imgp1109

葉の表面にボコボコ出ているので、分かりやすいです。形成者はタマバエの一種。

この他にも、バリバリノキや、ネズミモチヤブニッケイヤマモガシなど、

城山にある様々な木を観察しながら、湯川先生からそれに関するご解説をいただきました。

あっという間の2時間でしたが、植物を通して知る多くのことに刺激を受けました。

またここでご縁のあった方々にも感謝です。楽しい観察会となりました。

湯川先生、関係者の方々、参加者の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム