2016年11月29日 (火)

紅葉をほんの少し楽しむ 2016

もう少し早く紅葉を見に行きたかったのですが、なかなか時間がなく…。

この日ちょうど娘の用事で霧島方面に行けたので、

その時にほんの少し紅葉mapleを楽しむことができました。

Img_1571

2016/11/26 霧島市 みやまコンセール駐車場

Img_1574

あと、幹に大きめのツユムシ系も見つけました。(サトクダマキモドキ?)

Img_1573

他に、幹にはカミキリの粉ふき穴もいくつか見受けられたので、

来年の夏に訪れてみる価値ありsmile

建物周辺ではイイ感じのクヌギも何本かあったので、楽しみです。

2016年11月 4日 (金)

オニバス

初めて見たオニバス。とても神秘的な印象でした。

Img_1507

2016/11/3 薩摩川内市 小比良池

Img_1508

遠くて大きさが分かりづらいのですが、直径1mは無かったと思います。

一年生の水草だそうで、夏に発芽し、葉は8月~11月に見られるようです。

出現する条件やタイミングもあるので、この日は実物を見ることができラッキーshine

それでもだいぶ葉が崩れ、枯れかけていますsweat01

県内ではここが唯一の自生地

ホテイアオイの勢いに負けず、この池で頑張って生き延びて欲しいです。

2016年11月 1日 (火)

クズにつく虫たち

クズの広がり方もすごいけど、クズを利用する昆虫も多種多様。

虫たちにとっては大切で、人間にとっては時にやっかいな関係性もあると言えます。

とりあえずこのクズに付き、そこで暮らす2種類の昆虫を紹介します。

小さなマルカメムシと、ベッコウハゴロモ

Image2_2

2016/9/21 指宿市

どちらも私の大好きな種類。ほのぼのとした光景に見えてしまいますhappy01

マメ科の植物なので、花にはチョウやハチの仲間も来るし、

オジロアシナガゾウムシホシハラビロヘリカメムシなどもよく見かけます。

2016年10月23日 (日)

ゴキヅル

すごく綺麗な花で、

Rimg0066_2

とても面白い実がなっていますhappy01

Rimg0067_2

「ここから割れます」と言わんばかりに、切れ目が入っているような果実。

実際に割ろうとすると、いとも簡単にパカーンと上下に割れました。

Img_1386

2016/10/10 薩摩川内市 藺牟田池

ウリ科のツル性植物ですが、名前を聞くと…「ゴキヅル」でした。

ゴキ…一瞬、ちょっと残念な響きを感じてしまいましたが、coldsweats01

漢字(和名)で書くと「合器蔓」、お椀とその蓋の意味だそうです。

2016年10月21日 (金)

ヒシの種子

長男がカトリヤンマを狙った池で、次男は拾い物bleah

なんとも奇妙なカッコイイ種子、ヒシの種子です。

Rimg0090

2016/10/16 伊佐市

ヒシとは、池などの水面に広がって浮かぶ水草の仲間ですが、

長く伸びた根が水底にしっかり届くと、流されることはないそうです。

左右に伸びたトゲはツノのよう。結構固いので刺さると大変かもsweat01

どうしてこんな形ができてしまうのか、

自然の造形美はミステリアスで、ワンダフルup 面白すぎますsign03

数個拾って帰り、次男が自宅のベランダビオトープ(池)に投入…sweat02

もし発芽したらまたここでお知らせしますcoldsweats01

2016年10月15日 (土)

キョウチクトウスズメの幼虫

いただいた指宿産のキョウチクトウスズメの幼虫が終齢に。

Rimg0080

2016/10/11 自宅にて

Rimg0085

2016/10/14 1匹はマットにもぐって蛹化しました。

まだ小さめの幼虫も飼育中なので、某所へキョウチクトウの葉を取りに行くと、

そこで大きな終齢幼虫を発見eye

食痕があり、糞も落ちていたことから、すぐに見つけることができましたgood

Rimg0083

2016/10/13 鹿児島市

市内にもこれだけ多くのキョウチクトウスポットがあるのですから、

探せばもっと見つかるかもしれませんflair

2016年9月 8日 (木)

ソテツにはこのシジミチョウ

今日は午後から次男の授業参観と学級PTAでした。

帰りに校門前にあるソテツを見ると、数頭のシジミチョウがチラチラ。

1匹が止まるのを待って…。

Rimg0031

2016/9/8 鹿児島市 クロマダラソテツシジミ

新鮮な個体に見えますが、ここで羽化したのではなく飛来したと思われます。

ソテツは古い外側の硬い葉を、児童に当たると危険とのことで、

夏休みに職員の方が切り落としてくださいました。

このシジミチョウの幼虫は、ソテツが大好物なのですが、

若葉と新芽は高い位置にあるので、卵・幼虫の付き具合は確認できませんでしたsweat01

でも食害はほとんど、と言うかまったくありません。

ここ何年か、すっかりウスバキトンボ並みに飛来する南方系のシジミチョウですが、

ソテツにとっては葉をボロボロにされてしまう厄介な害虫ですねsweat02

2016年8月21日 (日)

渓流脇のコケ岩の風景

そこにいるだけで癒されるような空間。

Image2_2

2016/8/13 伊佐市奥十曽

足を踏み入れるのが申し訳ない気がするのですが、

こういう場所にたどり着くと、いろんな虫に出会えたり、

鳥の声が聞こえたり、いろんなことを想像できるので楽しいheart02

2016年6月17日 (金)

千貫平のアザミ植栽場所 その後(2016)

以前(2013/4/13)にノアザミを植えた場所を確認。

もう3年も経つなんて…。

あたりは草ボウボウになっていて、目印がなければ分からないところでしたsweat01

Rimg2427

2016/5/22 南九州市頴娃町 千貫平

Rimg2424
でもその中を探せば、しっかりと根付き芽生えたノアザミを見つけることができました。

Rimg2428

さてさて、花は咲いているでしょうか?

2016/6/25(土)、アサギマダラのマーキング会が予定されています。

千貫平はチョウが集まりやすいポイントなので、

たくさんのマーキングができることを祈っています。(私は参加できないのでweep

関連記事はこちら

clover未来のチョウたちへ」(2013/4/13)

cloverノアザミ植栽、おじさんの前で号泣」(2013/4/13)

cloverノアザミの苗を確認」(2014/3/16)

2016年5月27日 (金)

ブルームーン(バラ)開花 2016

今年も咲きました。ベランダの鉢植えのバラ、ブルームーン

Rimg2367

2016/5/9 この前日(5/8:母の日)が一番美しかったheart

記録を見れば、毎年5月に咲いているようです。

その都度、このブログに載せています(笑)

それだけ大好きな思い入れのあるバラとなっていますheart02

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム