« 2017年7月 | メイン

2017年8月22日 (火)

タマムシ 2017/8

標本作りしています。

Img_3931

Img_3932

Img_3933

タマムシはこのスタイルが好きconfident どこまでも「玉虫」な美しい体shine

2017年8月20日 (日)

サマーナイト花火大会(2017)を堪能

娘のクラスメートのご自宅(ゲストルーム)を提供していただき、

クラスメート全員+都合のつく保護者のみが集って、

最高のロケーションで鹿児島サマーナイト花火大会2017を堪能しました。

夕方、まだ明るいうちの桜島と桟橋の風景。

Img_3988

2017/8/19 鹿児島市

Img_3990

Img_3994

焼肉やそうめん流しまで。いっぱい食べたら、特等席にて花火を観覧。

Img_3995

Img_3996

Img_4005

この夏、みんなと楽しく過ごせて、最高の思い出になりました。

お招きくださったS家に感謝ですsign03

2017年8月19日 (土)

福昌寺墓地のソテツとクロマダラソテツシジミ

長男の三者面談後、学校裏にある福昌寺へ。

そこのソテツにはクロマダラソテツシジミがいっぱい。

Img_3975

2017/8/19 鹿児島市池之上町

Img_3974

来年(平成30年)明治維新150周年として、当時の偉人調べという宿題があり、

ここ福昌寺に眠る島津斉彬公のお墓を見てきました。

2017年8月18日 (金)

薩摩剛家姶良エネルギー店へ行きました

帰省中の先輩と、すーぷかれー専門店の「剛家」に行きました。

Img_3945

2017/8/17 鹿児島県姶良市脇元

久々のスープカレー、美味heart02

店を出ると…のれんに影(笑)

Img_3946

まずはクサギカメムシdownwardright

Img_3947

変な格好でとまっていたウスバキトンボdownwardright

Img_3948

触れたらクラクラしたのか、少し飛んでまた同じような格好でとまりましたsign02

白布代わりの「のれん」でしたcoldsweats01 結局「虫」メイン??(笑)

2017年8月17日 (木)

ツノゼミ 

この体長6ミリくらいしかない昆虫に魅了されてしまいますlovely

Img_3927

2017/8/12 紫尾山 ツノゼミ

白布で見つけた瞬間、胸が高鳴りますheart04

2017年8月16日 (水)

ツノアオカメムシ

エメラルドグリーンがキラキラする美しいカメムシshine

灯火に来たツノアオカメムシです。

Img_3926

2017/8/12 紫尾山

2017年8月15日 (火)

クロシデムシの背中に…

背中に模様(斑紋)のようなものがあるクロシデムシ

Img_3925

2017/8/12 薩摩郡さつま町

もちろん、そんな斑紋ではありませんsign01ダニですsign03

コオイムシ状態のクロシデムシ(笑)

どうしてこんなにきれいに左右対称に同じくらいの数でくっついているのか?

とっても不思議ですが、撮影中にモゾモゾ場所を入れ替わったり、

降りていってしまう個体(ダニ)もいました。

このクロシデムシダニの運び屋になっていましたcoldsweats01

2017年8月14日 (月)

アオバセセリ

この日多かったアオバセセリです。吸蜜に夢中!!!

撮影したのは長男。

Img_3929

2017/7/29 霧島市牧園町

この中で、花から離れホバリングしながら上昇していくメスに、

その周りをぐるぐる飛ぶオス…そんな求愛シーンを何度か見ることができました。

とても神秘的な光景でしたheart02

2017年8月13日 (日)

実家でクロマダラソテツシジミ

実家の花壇に吸蜜に来ていたクロマダラソテツシジミ

Img_3920

2017/8/13 鹿児島県垂水市

少し前までは迷蝶だったのかもしれませんが、今は気をつけて見れば、

至るところで目にするようになりました。

この個体は少し翅が傷んでいます。近くにソテツもありません。

風に乗って、ここへたどり着いたのでしょうね。

2017年8月11日 (金)

上司とナナフシの話をしました

気が付いたら次男の衣服にくっついていたナナフシの赤ちゃん。

当然ながら、次男は嬉しがっていました(笑)

Imgp0928

2017/5/4 伊佐市

昨夜(2017/8/10)、会社の暑気払い(ビアガーデン)にて、上司と話をしていたら、

意外にもアドレナリン放出のタイミングが同じで意気投合してしまいましたsign02

昆虫と子育てに関する話題からでしたが、上司も(お互い意外と思っていた?)昆虫好き。

特にナナフシの話、ミヤマクワガタの話で盛り上がりました。

初めてナナフシを見つけた時はビックリした!とか、

クワガタ、カブトムシはやっぱりクヌギの樹液酒場で見つけたい、など。

親子で虫探しに出かけたり、見つけた昆虫を飼育してみたり、子供時代の体験は大事です。

ときめきのような感動(アドレナリン放出!)は、大人になってからも大事です!(笑)

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム