« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月13日 (月)

巴里市場へ行きました

次男の方でのママ友Maryさんと、巴里市場へ行きました。

少し郊外にある落ち着いた雰囲気のフレンチレストランです。

98d27f3fbb2c413596383e5039aa6b75

2018/8/13 鹿児島市武岡 巴里市場

783e067be54a44d3b2d62ac41f5a7096

可愛らしくて話しても楽しいMaryさんnote

育児のことやお互いの息子の進路のこと、これからの私たち…について、

たくさん語り合いながら、食事も美味しく頂きましたrestaurant

急なランチ予定になったにも関わらず、予約までしてくれた挙句に、

ご馳走にまでなってしまいましたsweat01 本当にありがとうheart02

次男のママ友の中で、唯一ホンネで話せる大切な女性です。

お料理も素晴らしかったけど、Maryさんの笑顔がとても印象的でしたhappy01

2018年8月 9日 (木)

写ってないけどウスバキトンボ大量

娘の小学校合唱部がNHK合唱コンクール鹿児島大会に出場。

この日は応援のため、午後からずっと鹿児島市民文化ホール内で過ごしました。

途中、休憩時間にママ友とロビーでペットボトルのお茶を飲んでいたら、

何げに桜島方面、窓の外がウスバキトンボだらけ。えーーー!すごーーーい!!

でも、そう思ったのは私だけだったようです。あんなに人がロビーにいても、

誰一人見向きもせず、トンボの話なんてしているようではありません。

「みなさーん、外にすごい数のウスバキトンボが飛んでますよー!見てください!」と

言いたくなるほど(言えやしませんが…)でしたsweat01

B09a91fedb7a468aa0a1181bee5e9b13

2018/8/8 鹿児島市与次郎2丁目 市民文化ホール

画像にはまったく写っていませんが、(若干黒い点で数箇所確認できるのですが)

捕虫網をひと振りすれば数頭入るんじゃないかと思うほど、窓の外はウスバキトンボだらけ。

63d722af03344de78ff08019d37a2bfb

面白いのは、桜島側(東側)は建物の日陰で吹きだまりのようになっていて、

そこに暑さをしのぎたいウスバキトンボたちが集中しているっぽい様子。

駐車場側(西側)は日差しが強く、見てもチラホラしか飛んでいません。

さすがに夕方帰るときには、駐車場側にも分散してきていて、

低い位置を飛び交っている個体をやや多く見かけました。

台風の風を大きな移動手段にしているのかもしれませんね。

2018年8月 6日 (月)

深海ドロップス

池袋サンシャイン水族館へ行った時に、子供たちに買って帰ったおみやげのひとつ。

その名も「深海ドロップスsign03

235f8e5344b8443e94a153c69d243121

2018/6/8(購入日)

キャッチフレーズが「なめてみるまで何味かわからない」ですよsign02(裏面)

14cea6faf7ce472da43139c397cbe054

缶から出しても、皆同じ大きさ・形をした真っ黒なドロップスsweat02

75b99d9f5a6042f0bbab636919332793

味は、微妙に「そう思える」感じで違うみたいですが、

私が食べたときはヨーグルト味っぽいような??…ということは、

ラブカという深海魚に出会えたということになりますねsign01(笑)

どこでも売っているのかは不明ですが、

水族館などのお土産コーナーで、もし見つけたら試しに買ってみると面白いかも?smile

このハエの名は…

娘が車内のフロントガラスにとまっている、このハエに気づきました。

E43a8f4c653a43c482b07b4d034a4570

2018/8/5

娘「ツワブキケブカミバエじゃない?お兄ちゃんが言ってたやつ?」と(笑)

前日、確かにツワを採集して車内に持ち込んでいたので、

その中から羽化したものが車内に取り残されていたのかもしれません。

翌朝、娘を合唱部に送らなければ気付かなかったかもしれません。

一応ちいさなチャック付きビニール(常備!(笑))に入れて持ち帰ると、

長男もビックリしていましたが、これを見てハエの名前が言えた娘に大笑い(イイ意味で)

このハエを見て名前が言える子供、むしろ一般の人でも、そうはいないでしょうしね。

2018年8月 5日 (日)

オープンキャンパス参加

高3の長男、今年度は大学受験生。

この日は某大学のオープンキャンパスへ行ってきました。

7311009b9f544bb38c005bdea5ee588b

2018/8/4 福岡県

学部説明会の後、見たいブースのみ訪問した後、某A先生とバックヤードツアー??

B0a2fc03607f4b0c80581042ce87e334

A先生が休日等でも散策するという近隣の林へ。これがとっても楽しかったnotes

その後は大学院の某研究室も見学。それぞれのテーマは異なるようですが、

皆さん楽しんで研究に勤しんでおられるご様子でした。

4fb5948ac0e9426185abfd242131cc70

今回は大学そのものの位置関係、周辺環境・状況の確認の他に、

大学関係の方々からさまざまな貴重なお話を伺えたことが何よりの収穫。

日帰り福岡で長男と二人旅となりましたが、とても充実した一日となりました。

ご案内くださったA先生、K野氏、その他貴重なお話をしてくださった先生や学生さん方、

本当にありがとうございました。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム