« 2017年4月 | メイン

2017年5月27日 (土)

クビグロアカサシガメ

Img_3373
201/5/17 湧水町 クビグロアカサシガメ

サシガメの仲間は神出鬼没sign02

いつも同じところで見つかるとは限りません。

2017年5月26日 (金)

アブラギリ 2017/5/20

夕方、ヒノコラへ向かう前にいつものあの場所へ。

Img_3401

2017/5/20 鹿児島市中山町

Img_3404

2017/4/22に行ったっきり、なかなか行く機会がなく、

結局、約1ヶ月後の観察となりました。

花期はすっかり過ぎてしまい、すでに実が付き始めています。

実の大きさはまだ中くらい。

オオキンカメムシはまだ確認できませんでした。次回に期待sign03

2017年5月25日 (木)

和気神社近くのフジ

和気神社…一度フジが見頃な時に行ってみたいと思って、

通りがかりに寄りましたが、中には入らず…。

Img_3215

2017/4/29 霧島市牧園町 和気神社近く

また見頃な時、時間に余裕があるときにゆっくり行ってみたいです。

2017年5月24日 (水)

ヒメクロオトシブミ

ノバラについていたのはヒメクロオトシブミ

Imgp0971

2017/5/20 鹿児島市平川町(ヒノコラ)

Imgp0973

小さくてピント合わせが難しいsweat01

似たものでヒメコブオトシブミという種類もいますが、

ホスト(住みかとする植物)が違います。

またヒメコブには背中に一対のコブがあるので、よく見たら分かるかも。

2017年5月23日 (火)

ハラビロトンボのブルー

夕刻、ねぐらの草むらで眠っているハラビロトンボ

もう近づいても逃げやしません。

Imgp0974

2017/5/20 鹿児島市平川町(火の河原=ヒノコラ)

体は黒に近い紺色で、顔にはメタリックブルーに輝く眉斑があります。

里山などでよく見られるトンボですが、自然が作り出す色彩は凄すぎるsign03

2017年5月22日 (月)

鹿博企画展「イモムシ・ケムシどんな虫?」へ行きました

鹿児島県立博物館で開催中の企画展「イモムシ・ケムシどんな虫?」を見に行きました。

(2017/3/25~2017/6/11 入館無料

Img_3433

2017/5/21 鹿児島県立博物館

なかなか足を運ぶ時間がなく、「博物館まつり」の日にようやく…coldsweats01

Img_3434

たまたま、誰も居ない時に撮影しているだけです!(背後には居ます!)

実は次から次に親子連れが入ってきては、

「うわぁ~sweat01」「きゃーーーーsign03」という声が響きわたっていました(笑)

なじみのある幼虫、育てたことのある幼虫も多種、生体展示してあり、

パネルの解説もじっくり読んで勉強になりました。

様々な幼虫期の姿がありますが、その後成虫になる過程も様々…。

立派な成虫になれる確率も低い中、いろんな工夫をして生き延びているんだよup

ということが伝わりましたhappy01

2017年5月21日 (日)

博物館まつりへ行きました 2017

鹿児島県立博物館の「博物館まつり2017」へ行きました。

今年はさらに大盛況sign03

建物裏の駐車場では、ふれあいコーナーや手作りおもちゃコーナーがあり、

コガタノゲンゴロウ釣りや、シマヘビタッチなど大人気shine

Img_3440

Img_3441

3F研修室「とほうもなく冷たい実験」

2017/5/21 鹿児島市 鹿児島県立博物館

Img_3445

チョウのゲージにも(もちろん)入りましたhappy01

中にはリュウキュウアサギマダラモンシロチョウなどがいました。

あまりにも暑い一日だったので、担当のK井先生は日陰を作ったり、

霧吹きをしたり忙しそうでしたsweat01

このリュウキュウアサギマダラも、網に残った水滴を無心に吸っています。

博物館まつり、親子で休日を楽しむにはとても良いイベントですnotes

私もゆっくり過ごさせていただきました。ありがとうございます。

長男も午後からスタッフとしてお手伝いさせていただきましたが、

皆さん本当にお疲れ様でしたconfident

2017年5月20日 (土)

ヘソカドケマイマイ

今年も同じ場所で見ることができました。ヘソカドケマイマイ

Imgp0963

2017/5/20 鹿児島市平川町 火の河原ヒノコラ

Img_3405

民家の小屋?の裏のネットにポツポツと…。比較的たくさん、いるところにはいる。

この小屋周辺の草や、アジサイの枝にも着いていました。

Img_3407

違う種類のカタツムリも同じようにあちこち着いています。(種名は不明…sweat02

今回は直径15~20ミリくらいの大きな個体が多く見られました。

ヘソカドケマイマイ(柄眼目 オナジマイマイ科)

厚みというか立体感はなく、平べったいような薄っぺらい印象です。

トゲトゲはむしろフサフサ。
 
鹿児島県では準絶滅危惧。森林の環境指標生物となっているそうです。

これがいるということは、自然環境が素晴らしいということですねhappy01

ホタル観察会のため訪れましたが、ホタルはチラホラ程度。ちょっと残念sweat02

私としては陽が落ちる前にヘソカドケマイマイの確認が出来て大満足heart02

藺牟田池 マガモがいる風景

いつ撮っても絵になる場所です。

この時は、たまたまマガモがやって来てくれました。

Img_3166

2017/4/29 薩摩川内市 藺牟田池

オオヤマトンボの抜殻

ベッコウトンボ調査会の日、オオヤマトンボ羽化シーンも見ましたが、

抜殻もたくさん見つかりました。これは次男が見つけたもの。

Img_3185

2017/4/29 薩摩川内市 藺牟田池

腰下までの低い位置、ツツジロードでたくさん見つかります。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム