« 2017年3月 | メイン

2017年4月28日 (金)

2017/04/28 夕方の桜島

ここ数日、桜島の噴火が続いています。

夕方、娘が一人で垂水へ渡るので、見送りに行きました。

実家の母が、明日は志布志お釈迦祭りに連れて行ってくれる予定です…。

Img_3150

2017/4/28 鹿児島市鴨池港

夕方、噴煙が南東の方へ流れていったのが、うっすらと見て取れます。

垂水にも降灰があるとのこと。

鹿児島市では灰が降らない平穏な日々が続いていますが、

不思議なことに、なんだかちょっと物足りないような…?(笑)

2017年4月25日 (火)

2014年 アザミ

アザミにはいろんな虫たちが吸蜜に訪れます。

Rimg0156

2013/4/21 伊佐市奥十曽池公園

4年前の写真です。今頃、各地で咲いているのかな?

2017年4月24日 (月)

ただの日記 2017/4/24

今年度(4月以降)の我が家の指針は「後回しにしない」こと。

面倒くさいと思わずに、やるべき事はさっさと片付けてしまおうと努力すること。

小さなこと、簡単なこと、当たり前のことがその場その場で片付いていくと、

あとが楽!!(笑) 時間を上手に使わなきゃ!

時に、すぐには片付けられない難しいこともあるだろうけど、

そんなときは誰かに相談しながら、よく考えて決めていこう。

ひとつひとつを決めていくことが大事。

2017年4月23日 (日)

春Pの帽子

素敵な帽子をお持ちですheart02

0515

2011/5/14 薩摩川内市

春P氏の帽子、トンボの刺繍とともに、ブローチと猫バスが付いています。

これから「いむた池愛好会」会長として、ますますご活躍されることと思います。

頑張ってください!

2017年4月22日 (土)

アブラギリ 2017/4/22

例年定点観察しているアブラギリの樹がありますが、

今まで4月に見に行くことがなかったので、この状態を見るのは今回初めて。

Img_3134

2017/4/22 鹿児島市中山町

まだ小さな若葉(5~10センチ程度)が出始めたといったところ。

全体的に黄緑色の若葉が可愛らしいですheart02

Img_3131

白いつぼみもいくつか確認できました。

もし時間がとれたら、あと1週間後くらいにまた見に行きたいです。

花が咲いている姿も見たい。その後、実がたわわに生って、

あのオオキンカメムシがやってくるはずなのです。楽しみ~♫

2017年4月20日 (木)

もうすぐこんな虫も?

もう少ししたら、こんな虫も出始める頃です…。

Rimg0665

2015/5/6 薩摩川内市 ジョウカイボン

初夏を感じ始める頃、出始める甲虫の一種です。

カミキリではないんですよねsweat01

この時期だけですが、見るときは飽きるほどよく見ますcoldsweats01

2017年4月19日 (水)

パース通りのツツジ見頃

サクラもピークを過ぎ、半分葉桜になってきました。

次はパース通りの赤いツツジが見頃を迎えています。

Img_3120

2017/4/18 鹿児島市南林寺町ー松原町

Img_3122

最近はスマホでもすぐにキレイな撮影ができるので、

急に撮影したくなった時などには重宝していますが、

時間に余裕があったら、ちゃんと一眼レフカメラで撮れるようになりたいです。

2017年4月17日 (月)

娘と二人シルエット

Imgp0900
2017/3/19

2017年4月16日 (日)

イカリモンガ

手乗りイカリモンガ

Img_2983

2017/3/19 伊佐市奥十曽

昼飛性のガで、まるでチョウのようです。

この日はテングチョウも多くみられましたが、それよりピラピラか弱く飛びます。

翅を開くとオレンジ色のイカリ紋が特徴的ですが、

翅の裏側は地味で、周囲の枯葉類に溶け込むのに適している模様です。

このあと、パッと飛び立って行ってしまいましたcoldsweats01

2017年4月15日 (土)

鹿昆例会 2017/4/15

今回は菊川蜻水先生のご講話でしたheart04

「虫とカメラのステキな関係 ーセイスイ流写真の楽しみ方ー」

さすが菊川先生、そのネームバリューで、本日の参加率はいつもの1.5~2倍ほど。

私は毎回ほぼほぼ出席していますが、今回はその多さにビックリ。満席でしたsign01

Img_3114

2017/4/15 かごしま環境未来館

蜻水先生の写真の世界は、見る側に癒しと感動を与えてくれます。

そのセンスの良さと、撮っている世界の美しさに心を洗われるのです。

先生のお人柄がにじみ出ていて、優しい気持ちになれますconfident

私も余裕ができたら、そんな写真が撮れるようになりたい…。

もちろん、今回は技術的なヒント(技法)も学べました。

でも一番は「神がほほえんでくれる時」を待つことsign02(笑)

そんな機会に恵まれるよう、私もこれからたくさん自然の中を歩いて、

素敵なシーンを切り取れたらいいなと思います。偶然も大事な要素ですし。

最後に個人的にご挨拶できなかったのが残念でしたが、

いつかまたお会いした際は、清い心でお話できたらと思います。

私にとっては、蜻水先生が神のような存在ですhappy01

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム