« やっと雛人形を出しました | メイン | 何の種子かな?→テイカカズラ »

2012年2月17日 (金)

クワカミキリの食痕と脱出孔

2012/2/4 森窯近くの林にて

クワカミキリ…森氏に言わせれば、「どこでも、たくさんいるよnote」というカミキリ。

でも、うちはまだ出会ったことがありませんでした。

ミヤマカミキリくらいの、大型のカミキリムシです。

その脱出孔があったというので、見てみましたeye

0204 根元近くの丸い穴

0204_2 直径2センチ弱

さすが、よく見つけるなぁsign03…、知らなきゃ気付かない、気付いても何か分からないcoldsweats01

そう思っていたら、学習効果がすぐに発揮できました。

0204_3 自分でも発見scissors

別の場所でも、イヌビワの木の枯れ枝になんか入っていそうと思っていたら、

森氏がその枝を真っ二つに割って下さいました。すると下の方まで食痕sign03

0204_4

残念ながら、すでに食い尽くして成虫になり、出た後でした。

0204_5 古い脱出孔

それでもなんとなく、分かってきた気がしました。

山歩きの間、このような脱出孔を、長男は5つ、私は4つ自力で見つけていました。

なるほど、「どこにでも、たくさん」…分かったような気がしますup

種類によって成虫の発生時期・期間は異なり、短いものは1週間~10日、

長いものは1シーズン中というものもいますが、発生時期に出会えていないのか、

単に気付いていないだけなのだ…と、森氏と話していると視野や考え方がどんどん

広がっていく気がしましたconfident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/27940573

クワカミキリの食痕と脱出孔を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム