« キイロシリアゲアリ?と思われるアリ | メイン | アヒルの行列 »

2010年12月 8日 (水)

児童図書「セミ・カメムシ・ハエのなかま」

長男が小学校の図書室から、こんな本を借りてきていました。

こども版(4)日本こん虫記 「セミ・カメムシ・ハエのなかまbook

1204_2

セミがメインでしたが、目からウロコsign03内容でした。

衝撃的だったのは、ニイニイゼミの声は、高音のため、

録音しづらいらしい。「モスキート音」と似たような感じで、

年をとると、聞こえにくくなるそうですcoldsweats02 まだ聞けているsign02大丈夫…dash

そしてニイニイは、鳴きながら横這いするそうです。

当たり前のように思いましたが、アブラゼミクマゼミなどは

一度とまると、横に移動はしないそうです。

すごい観察力だと思いました。セミの秘密をたくさん知りましたflair

ただ、悲しかったのは…、この本はかなり古く、1977年発行、

小学校には昭和54年(1979年)に入ってきているようですが、

表紙裏にある貸出票が白紙…sign02 

1204

なぜ…sign02 誰も記入しないシステムでしょうか?

そうであってほしいと思いましたsweat02

でも、案外そうなのかもしれません。今日はそのシリーズ本、

チョウとガのなかまbook を借りてきていましたが、

そちらも貸出票は白紙でしたcoldsweats01

きっと、他のカードがあり、そちらに記入しているはずですねsign03

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/25558921

児童図書「セミ・カメムシ・ハエのなかま」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム