« 黄金の稲穂と虫たち | メイン | ナミアゲハ採りまくる »

2010年9月22日 (水)

児童絵本「カマキリくん」

9月21日(火)

幼稚園の娘が図書室からおもしろそうな本を借りてきましたwink

カマキリくん」という本ですbook

0921

内容は、小さい子供がカマキリを通してひとつの経験をする話です。

その子は近所で虫取りをし、家に帰ったらそれを観察して、

色紙で模型を造ることを楽しみにしています。

そして、その日捕まえたカマキリの模型を作り終わったら、

飼っているバッタたちが入った虫かごに入れて、「おやすみなさい」。

朝起きると、そのカマキリに可愛がっていたバッタたちが食べられていて、

大泣きしてしまいますcrying

最後は、カマキリくんは自然の中にいる方がいいことを知り、

また捕まえた野原に帰してあげるというお話です。

子供の自然との関わり方が、子供目線でうまく表現してある本でした。

身近な場所で採集、標本を作る代わりに観察して模型を作るなんてheart02

そして、少し知識があれば、バッタと一緒のケースにカマキリを入れて

放置することはないでしょう。カマキリがバッタを食べるということを知り、

ショックを受けることも学習のひとつです。すばらしいと思いました。

そして「これが基本だなぁ~bearing」と痛感する一冊でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/25095597

児童絵本「カマキリくん」を参照しているブログ:

コメント

素敵な絵本ですね~
長女ちゃんは、いいものを借りてきますね!
私たちが知らないだけで、昆虫をテーマにしたすばらしい絵本がきっとたくさんあるんでしょうね。

珍しい昆虫を追い求めるより、身近にいる昆虫の生態を学習する方が、小学生の子供たちには価値がありますね。
色々考えさせられる今日この頃です、、、

虫っ子さま
何気ない絵本ですが、私にはガツンpunchときました。
きっと虫っ子さんも手にとって読まれたら同じだと思いますconfident
子供にはできることから始めさせて、
いろいろ学んでいって欲しいなぁと思います。
それと同時に私たちも学ぶことが多いですねheart02

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム