« 鹿博のギョボクで幼虫探し | メイン | ツマベニ幼虫すくすく »

2018年11月25日 (日)

2018/11/23の桜島、当たり前の言葉

朝陽が、桜島の流れる降灰にさえぎられ、オレンジ色の薄いカーテンみたいに…。

Img_7810

2018/11/23 鹿児島市

少し前にK子さんのお宅へ伺い、ひとつ印象に残った言葉がありました。

「1回目がなければ2回目はない」故・I氏がいつも言っていた言葉だそうです。

当たり前の言葉のように思えますが、それはとても意味のある深い言葉。

1回目を作ることに尽力し、それがうまくいけば2回目に繋がる。

何事もまずやってみること。やらなきゃ始まらない。1回目までのプロセスが大事。

また我が家では「朝起きて、夜寝る」という、これまた当たり前の言葉があります。

これにもいろいろな意味が含まれています。

それができるために一日をどう過ごすのか、しっかり組み立てる必要があります。

どちらも考えて行動することが必要です。桜島とは関係のない話になりましたcoldsweats01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/34153207

2018/11/23の桜島、当たり前の言葉を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム