« 夜桜 | メイン | イカリモンガ »

2017年4月15日 (土)

鹿昆例会 2017/4/15

今回は菊川蜻水先生のご講話でしたheart04

「虫とカメラのステキな関係 ーセイスイ流写真の楽しみ方ー」

さすが菊川先生、そのネームバリューで、本日の参加率はいつもの1.5~2倍ほど。

私は毎回ほぼほぼ出席していますが、今回はその多さにビックリ。満席でしたsign01

Img_3114

2017/4/15 かごしま環境未来館

蜻水先生の写真の世界は、見る側に癒しと感動を与えてくれます。

そのセンスの良さと、撮っている世界の美しさに心を洗われるのです。

先生のお人柄がにじみ出ていて、優しい気持ちになれますconfident

私も余裕ができたら、そんな写真が撮れるようになりたい…。

もちろん、今回は技術的なヒント(技法)も学べました。

でも一番は「神がほほえんでくれる時」を待つことsign02(笑)

そんな機会に恵まれるよう、私もこれからたくさん自然の中を歩いて、

素敵なシーンを切り取れたらいいなと思います。偶然も大事な要素ですし。

最後に個人的にご挨拶できなかったのが残念でしたが、

いつかまたお会いした際は、清い心でお話できたらと思います。

私にとっては、蜻水先生が神のような存在ですhappy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/34055432

鹿昆例会 2017/4/15を参照しているブログ:

コメント

穴に入りたいようなお褒めの言葉をありがとうございます (^^) 老人はトイレが近くてご挨拶する時間がなくて失礼いたしました (^-^; 風薫る中の林道歩きがとっても楽しい時期です。楽しんでいただけたらと思います (^^♪

セイスイさま
コメントありがとうございます!!!happy02
写真は本当に楽しいですheart04
被写体が昆虫だと、ついつい焦ってしまいがちなのですが、
それより自然を楽しむ心の余裕が大事なのかも。
先生の感性、本当に素敵ですheart02
これからの作品も楽しみにしていますhappy01

(#^^#) (^^♪ (*^^)v

happy02note

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム