« 波打ち際のシギたち | メイン | モンシロチョウ 初見2012 »

2012年2月29日 (水)

「タカラガイみつけたよ」をみつけたよ

久しぶりにブログの更新に1日穴があいてしまいました…wobbly

昨夜は10時過ぎに娘の寝顔を見て、隣にちょっと横になっただけで爆睡…sleepy

こんなことが年に1回はある…かなsweat01

さて、本題。

昨日(2012/2/28)は、娘の幼稚園の参観&PTA(学級会)でした。

参観の時間に、娘と借りる絵本を選んだのですが、新刊コーナーにこの絵本がsign03

Rimg0662

タカラガイ みつけたよ」(月刊かがくのとも 福音館書店)2012年2月1日発行

先日タカラガイ探しに行ってきたばかりの私にとってはタイムリー過ぎますsign03

私はこういう「偶然」を、「運命」とか「奇跡的な出会い」だと…少しオーバーに喜びますheart04

その方が楽しいですよねup 他からみたら、単に「おめでたい人」かもしれませんが…sweat01

娘に「これをsign01 これを借りてぇぇsign03」と懇願し、…借りてもらいましたgood

「月刊 かがくのとも」シリーズは、毎月定期購読で読める薄い絵本です。

でも、中身はとっても濃いです。児童書って、あなどれませんpaper

表紙絵も中身もすべてイラストですが、とてもリアルでした。

冬に浜に打ち上げられるタカラガイについて、その特徴や生態、種類、

成長段階、天敵…など、物語にそってまとめられていて感動confident

生きている時は「外套膜」に覆われているとか、タコやレイシガイという天敵の他に、

寒くて冷たい海が苦手で、命を落とす原因にもなること…。

先日U野氏から話を聞いた内容が、この本1冊でとてもよく理解できました。

娘にも教えてあげて、いつか一緒に貝探しにも連れて行きたくなりましたheart02

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/28012019

「タカラガイみつけたよ」をみつけたよを参照しているブログ:

コメント

これは、奇跡的な出会いを果たされたのですね。何か、不思議と欲すれば向こうから寄ってきたり、自分が知らず知らずに近づいていったり。この本、すごーく見たいです。探してみます。この前の山川図書館でも話題になりましたが、児童が読む本や図鑑にこそ多くの大事なエキスがつまってますよね。私は図書館好き人間なのですが、まず、大人の自然関係とか一通り見たあと、児童書のコーナーに行ってしまいます。

U野さま
アンテナ張ってるわけではないけど、
自然と呼びこまれるというか、出会ってしまうと嬉しいですよねhappy01
この本、見つけたらぜひ手にとって読んでほしいと思いました。
もう園に返却しましたが、私もまた見たいので、探してみまーすup

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム