« ハチ展に行きました | メイン | 窓辺のカサブランカ »

2011年10月 6日 (木)

感動再び、橋口五葉展

鹿児島市立美術館で開催中の「橋口五葉展」に行きました。

1006_3

橋口五葉は、鹿児島の画家で、夏目漱石の「吾輩は猫である」の本の装丁を

手がけていることでも有名です。

今回は「生誕130年 橋口五葉展」でした。

昔(独身の頃)、一人で観に行ったこともありました。(平成7年の五葉展)

当時買った図録も、まだ実家にありますbook

五葉の作品…特にポスター系、本の装幀などのデザイン、俗女(裸婦)のデッサンなどが

お気に入りですheart02 植物や昆虫が描かれている作品も多いです。

版画も素晴らしいのですが、私は鉛筆デッサン、水彩画なども好き。

繊細な描写、女性の体のライン、着物や背景に描かれる模様まで見入ってしまいますheart02

感性にとても惹かれるものがありました。今回は図録は購入しませんでしたが、

またいつか五葉の作品に触れる機会があることでしょうheart02

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/27211121

感動再び、橋口五葉展を参照しているブログ:

コメント

橋口五葉というと、なぜか与謝野晶子のみだれ髪の表紙を思い出します。
表現することと生きることが一緒だった時代、あの頃に生きてみたかったように思います。

南風さま
自分の表現の世界を確立していく姿…。
芸術家の生き方って、苦悩もあり、喜びもあり、まっすぐなところが素敵ですよね。
今の時代は似たようなものが多すぎますから、本物を見つけるのが難しいですね。
五葉展、よかったらぜひ脚をお運びくださいheart02

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム