« 千貫平 灯火採集 (by博物館)  | メイン | マンションの壁にクマゼミ »

2010年7月25日 (日)

「ふんころがし」講座

生命と環境の学習館での夏休み対応企画、

うんち食堂!~虫博士のふんころがし講座~」に

参加してきました。昨夜は灯火採集にも行き、

ちょっとお疲れモードだったので、午後からの部に申し込んでいました。

小学生(保護者同伴可)が対象で、参加費500円でした。

まずはスタッフのお姉さんが「ふんころがし」について説明。

0725

日本には約160種類もの「糞虫(フンチュウ)」がいるそうですflair

途中から、塚田先生も登場shine

0725_3 0725_4

糞虫だけを集めた標本箱を見せたり、それの画像を映して説明wink

生態・生活史については、以前子どもが借りてきた本などで

いろいろ読んだことがあったので、話の内容はよく分かりました。

特に代表的なセンチコガネは、我が家では去年、初採集でした。

カラーバリエーションも豊富で、コレクターになる人の気持ちも少し

分かるような気がします。 本当にツヤがあるものは光って美しいshine

最後に少し、「その虫の特徴をとらえる」ことを目的とした、

観察=スケッチ、触って感じる、実物を楽しむという場面もありました。

0725_2

ひとつの昆虫にスポットをあて、その虫の生活史、役割などを知ることで、

子供たちの自然に関する興味が広がるような気がしましたhappy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/24752885

「ふんころがし」講座を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム