« 奄美旅行 2日目 コシブトトンボ | メイン | ナガサキアゲハ白(有尾型)採卵ならず »

2010年7月24日 (土)

奄美旅行3日目 ナガサキアゲハ

奄美から帰ってもう何日経つでしょうか…

同時に子供たちも夏休みに突入し、なかなかブログの更新ができません。

奄美旅行記はこれがラストsweat01

3日目、最終日は、幻の池でアマミルリモントンボ探し、住用小学校にて

成見先生の交流講座&採集会、午後はオキナワチョウトンボ探しと、

空港近くでアカボシゴマダラ探しをしてから夕方帰りました。

住用小学校に着いてから、そこの児童たちとの交流講座に参加する前、

少し時間があったので、校内に来るチョウなどを採集していたら、

主人がナガサキアゲハの白色型のメス、有尾型を採りました。

ナガサキアゲハは後翅が丸く、アゲハ独特の尻尾がありません。

「何かチョウを採ったよ~」と網を持ってきたので、「ナガサキかぁ」と

思った瞬間、かなりのレアものに、思わず緊張しましたeye

0721

その後、講座に参加し、あとは三太郎峠という場所で、

そこの児童たちの親子と一緒に採集会。

0719 0719_2

私は網がないので、ビーティングネットで採集しました。

天気も悪く、イマイチでしたが、小さな昆虫をいくつか採集。

午後は龍郷町にある池で、オキナワチョウトンボを狙いました。

0719_3 0719_4

その池にたどり着く直前、車の前をたくさん横切るので、

すぐに車を停めたくなりましたが、池に着くと、もっと多くの

オキナワチョウトンボが乱舞 みんな夢中になって数頭ずつ採集。

最後は空港近くでまた中峯先生、鮫島先生と合流し、

アカボシゴマダラ(チョウ)を探しました。

0719_5

食樹はあるけど、成虫は見ない…今は世代交代時期で、

終齢幼虫~蛹の時期だったようです。1頭、成虫が飛んでいるのを

見ましたが、みなさん網を伸ばしても届かず…coldsweats01

0719_6 0719_7

しかし、中峯先生のおかげで、4つ蛹を見つけいただき、各家族1つずつ

持ち帰ることができましたheart02

最後にナミエシロチョウの集まる場所にもご案内いただき、メス1頭採集。

0719_8

実はその食樹にいるかもしれないカメムシも探しましたが、見つからずdown

あっという間にタイムアウト。空港へ向かい、レンタカーを返しました。

レンタカーは「林道を走らないように」という契約だったようですが、

思いっきり林道、しかも原生林の山道ばかり走ってきた気がしますcoldsweats01

かなり車も汚れましたが、雨も降ったので、仕方ありませんsweat02

中峯先生、鮫島先生はお見送りまでしてくださり、

18:45発の飛行機で一同鹿児島へ…。さようなら奄美…airplane

成見先生曰く、「3日間で20日間分くらいの収穫があったsign03」と。

確かにそれくらいハードに移動し、多人数で採集しました。

奄美の自然の豊かさを実感でした旅でした。

狙っていて採れなかった昆虫もいますが、それは今後の楽しみに

とっておくことにします。一度に全部採れては、おもしろくありません。

成見先生、中峯先生、鮫島先生、そして一緒に採集に行った採集仲間の

ご家族の皆様、本当にいい思い出になりましたね。お疲れ様でした。

またこの絆を大切に、昆虫を通して人と人との繋がりも大事にしたいと

思います。ありがとうございましたheart02

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/24742585

奄美旅行3日目 ナガサキアゲハを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム