2018年11月14日 (水)

ただの日記 2018/11/14

久しぶりの休日は晴天。

午前中、3種類分、洗濯機を回す。いつもの、ドライ、シーツ類。

まだ暑いほどの日もあるが、ここらでニット類の冬物を出しておく。

同時に着ない服を見極めて、着ないと思われる服は思い切って処分することに。

久しぶりに新しい服も欲しくなる。

午後に娘の小学校で行われた芸術鑑賞会(スペイン舞踊)を見に行った。

いつもの体育館にセットが組まれ、そこは異空間と化していた。

音響も照明も本格的なものが持ち込まれ、完璧な舞台が出来上がっていた。

力強いタップとカスタネットが響き渡り、踊り子の衣装はまるで生きているように揺れる。

本当に迫力があり、見ごたえある美しい舞台だった。解説もあり、非常に勉強になった。

最後に娘のクラスメンバーが一緒に舞台で踊った。

6月からこの日のために少しずつ練習をしていたのだ。

出演時間はわずかでも、ちゃんと衣装を着け、楽器担当と踊り担当でいい経験ができたと思う。

その後、夕方は塾の面談もあって忙しい一日だったが、

やりたいこと、やれることはできる限り頑張ってやる!そう、頑張ってます(笑)

2018年11月12日 (月)

赤いアロワナ

私が好きなこの施設には、ロビーの奥にこの赤いアロワナがいます。

Img_7595

2018/10/14 鹿児島市川田町

Img_7596

かなり大きい方だと思います。

そして大きな水槽の中で、ゆっくりと泳いでいるのです。

つい魅せられてしまう珍しい赤いアロワナ

2018年11月 8日 (木)

本「カメムシ博士入門」

あらためてカメムシのすべてを再確認できる素晴らしい一冊。

Img_7582

2018/9/12 入手日(TTルート)

半翅目好きなら、まずは押さえておきたい入門書。いやそれ以上だと思います。

2018年11月 7日 (水)

蕎麦屋「達善」へ行きました

友人と人吉方面へ。お昼に入ったのが蕎麦屋「達善」。

12時前からお店の駐車場が満車。ちょうど1台空いたので、入れ替わりとなりました。

私が注文したのは山かけ蕎麦。もう、絶品でしたheart04

Img_7698

2018/10/31 人吉市鬼木町

仕事がきちんとした丁寧なお蕎麦屋さんでした。

人吉方面に出向いた際は、またぜひ食べに寄りたいお店です。

2018年11月 6日 (火)

落下していた鳥の巣

これが何の鳥の巣なのか分かれば申し分ないのですが、

とにかく落ちていたこの巣が目について気になったもので…coldsweats01

Img_7689

2018/10/31 あさぎり町

まぁまぁの雑木林でしたが、この辺はスギの葉がたくさん落ちていました。

台風後にそのままになっていた感じです。

私(成人女性)の片手にすっぽり乗っかるくらいの大きさでした。

何の鳥の巣か分かる方、教えてくださいねhappy02

2018年11月 3日 (土)

スナアカネ 2018

鹿昆で話題になっていたスナアカネ

ママ虫友のT子さんにピンポイント情報をいただいたので、早速行ってみました。

長男は本当は受験勉強をしないといけないのですが、

私の運転中に車内でもやれるということで同行しましたcoldsweats01

びっくりするほどピンポイントだったので、幸運にもすぐにスナアカネを確認できました。

S__11173896

2018/11/3 指宿市山川

上の写真、赤いのがオス。下の写真、たまたま花にとまっていたメス。

Img_7722

台風に乗って飛来するため、毎年必ず見られるとも限りません。

でも今年は多く飛来したようで、当たり年だったみたいですshine

いずれも翅はやや傷んでいる感じがしました。

2018年11月 2日 (金)

おはら祭、前夜祭へ 2018

鹿児島の最大級のお祭り、「おはら祭」の前夜祭へ。

01154e6364664fbfb090ff6bf94c8adf

2018/11/2 鹿児島市 いづろ付近

初めて行きましたが、みんな楽しんでいましたnote

明日11/3が本祭りです。

2018年10月31日 (水)

小さな秋探し

紅葉狩りにはまだ少し早かったのですが、夏の忘れ物と少し色づいた紅葉maple

Img_7695

2018/10/31 あさぎり町

2018年10月27日 (土)

指宿のアマミトガリナナフシ

今年(2018年)は10月17~19日、東京から虫友のまーくさんが来鹿されました。

前半は私の方で薩摩半島をご案内。後半は鹿屋のひでさんと3人で遊んでバトンタッチ。

初日、空港までお迎えに行った後、薩摩川内市を回って指宿へ。

かなりタイムロスしてしまい、目的の半分を果たずことができず申し訳なかったですsweat02

指宿ではキョウチクトウスズメの飛来も無かったようで、帰りにアマミトガリナナフシを観察。

そこにはギョボクがあり、ツマベニチョウの卵または幼虫を探したのですが、

台風の影響でなのか、葉は塩害で枯れていて、またも幼虫・卵は確認できず。

そんな中、私の視界に地面をサササッと横切る何かが入りました。

振り向くと、カニが歩道を横切って草むらに入っていったようです。

「カニかぁ…」で、終わる気がせず、なんとなくその方向へ歩いていってしゃがむと、

目の前のフェンスにハラビロカマキリの死骸と、アマミトガリナナフシの死骸がありました。

(こういう何かの導き?のような不思議な現象って、たまーにあるんですよね)

おそらく台風でやられたのでしょう。どちらもフェンスにしがみついたまま力尽きた感じでした。

S__25395218

2018/10/17 指宿市小牧

ハラビロカマキリ…。

S__25395217

アマミトガリナナフシ…。

S__25395216

フェンスの向こう側には、けっこうな数のアマミトガリナナフシを確認できました。

よく擬態しているのですが、さてどれがアマミトガリナナフシか分かりますか?(笑)


S__25395215

メスは褐色タイプと緑色タイプ、どちらもいました。交尾中のオス(茶色)も。

ここは安定していつもアマミトガリナナフシが見られる場所のようです。

9/30の台風24号の影響だったのか、沿岸部の植物は枯れているものが多いようでした。

この日の成果はあまり芳しくありませんでしたが、「虫が少ない」という事は確認できましたcoldsweats01

その他、またまーくさんの鹿児島散策紀としてご紹介できればと思いますが、

まーくさんもご自身のブログに詳細をアップされているので、よかったらこちらもどうぞ!

2018年10月24日 (水)

指宿のクロボシセセリ

指宿市ではすっかりおなじみになってしまったクロボシセセリ

S__25395219

2018/10/17 鹿児島県指宿市東方

最近では鹿児島市内でも普通に見られるようになりました。

2018年10月22日 (月)

ミナミアオカメムシ 2018秋

キターーーーー!ミナミアオカメムシです。ノーマルタイプ。


S__25395204

2018/10/18 肝属郡肝付町富山

少し翅を開いた時に、隠れていた腹の部分が見えましたが、

黒くなかったのでミナミアオカメムシ。黒いのはアオクサカメムシ

最近はめったにお目にかかれないので、とても貴重な姿でしたshine

2018年10月20日 (土)

タテハモドキ(秋型)2018

翅のフチに尖がりがあるタテハモドキ秋型

残念ながら後翅の大目玉模様がほとんど隠れてしまっていますsweat02

S__25395206

2018/10/18 鹿屋市新栄町

S__25395205

黄色いセイタカアワダチソウの花のそばで日向ぼっこ。

そしてちょっとだけ…影での自撮り(笑)

2018年10月14日 (日)

サドルにツヤアオカメムシ

仕事の帰り、通勤に使っている私の自転車のサドルにツヤアオカメムシsweat02

Img_7586

2018/10/11 鹿児島市

このままでは乗れないので、とりあえず移動してもらいます(笑)

Img_7588

すぐ隣のブロック塀に移して帰りましたが、今年は昨年ほどの大発生は無いはずsign02

それでも今は成虫が多く見られる時期です。出会いは必須…ですね!

2018年10月13日 (土)

秋の高江 2018

秋の高江の風景です。たわわに実った稲穂ですが、台風時の風の形を残しています。

Img_7573

2018/10/8 薩摩川内市高江町

この用水路の眺め・風景は、どの季節も心を和ませてくれます。

Img_7575

ここではハグロトンボが多くみられ、オス同士で縄張り争い?

左右へ行ったり来たり、追いかけっこしながら飛び交う姿が多く見られました。

娘がいたずらに網を振った時、慌てて方向転換したハグロトンボのオスが、

蜘蛛の巣にかかってしまうハプニング発生…sweat02


Img_7577

娘はショックで「ごめんなさーいsweat01」を連発していましたが、

これも自然の中では起こりうるありのままの姿。

大きな自然の中には小さな生き物たちの厳しい世界が広がっています。

2018年10月 9日 (火)

ツノトンボ 2018

ススキなどの多い草むらに、ツノトンボ

Img_7560

2018/10/8 薩摩川内市高江町

一見、ウスバキトンボのような、ヘビトンボのような、ウスバカゲロウのような?

名前のとおり立派な触角があり、トンボに形がよく似ていますが、カゲロウに近い仲間です。

(トンボにはこんなに長い立派な触角はありません)

ちょっと不思議な昆虫ですね。

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム