アクセスカウンター

  • TOTAL

2019年6月25日 (火)

アマサギ 隼人で鳥見

久しぶりにアマサギを見ることができました。

耕耘機が入ると、鳥たちが集まってきます。その中に大好きなアマサギも多数。

Dsc_1145

2019/6/19 霧島市隼人町

Dsc_1149

残念ながらスマホ撮影。遠いと写りが悪い。かろうじて証拠写真程度。

社員旅行で仲良くなった別の事業部の方に教えていただいた鳥見ポイント。

軽く車を流すだけで、他にも水辺ではダイサギチュウサギコサギアオサギ

畑ではオオヨシキリも。あとは飛び交うツバメや、堤防沿いでイソヒヨドリなども見ました。

冬はカモ類、クロツラヘラサギも飛来するなど、とても楽しめるポイントみたいですheart02

せっかくの鳥見仲間と思いきや、その方は7月から奄美に異動となりました。

次は奄美情報を期待しているところですuphappy01

2019年6月24日 (月)

昆虫図鑑(ハッピーセット)

前回知って、次回どうしても欲しかったマクドナルドのハッピーセット。

今なら小学館の図鑑NEO「昆虫」のミニ絵本が付いてきますsign03

Dsc_1168

2019/6/19 購入

手のひらサイズ、厚さ約3ミリ、全20ページ。クイズがなかなか面白い。

小さな子供の昆虫への興味を引き出すには十分な1冊だと思いました!

でも、ドライブスルーで注文したのですが、こんなやり取りになってしまいました。

「ハッピーセット(ナゲット・マスタード)、昆虫で1つ」

「おもちゃは昆虫図鑑ですね?」

「はい、そうです!」

「ドリンクは何にしますか?」

「コーヒーできます?」

「申し訳ございません。この商品にコーヒーはお付けできません」

「ですよねー。マックシェイク(チョコ)でお願いします」

「かしこまりました。他にご注文はございませんか?」

「ないです!」(笑)

だって、この図鑑だけが欲しかったのだもの…coldsweats01

2019年6月23日 (日)

ウラギンヒョウモン

何かの拍子に、連鎖的にまったく別のものを発見することがあります。

この時もそんな感じで、ふと見ると足元に羽化したばかりのヒョウモンチョウ!

Dsc_1071

2019/6/11 霧島市牧園町

Dsc_1069

なんとウラギンヒョウモン(オス)でしたsign03

この日、飛んでいるヒョウモンチョウを見て、平地のツマグロヒョウモンなどとは違う、

山にいるヒョウモンチョウだという印象がありました。

初めての出会いに、申し訳ないと思いつつ、初採集shine

そして、草むらの下からは羽化殻coldsweats02

Dsc_1073

野外で見つかるのは貴重だと思います。とても良い連鎖発見でしたup

2019年6月22日 (土)

クチキクシヒゲムシ 2019

この林道で拾いました。

Dsc_1077

2019/6/11 霧島市牧園町

クチキクシヒゲムシです。クシヒゲムシ科。謎多き甲虫。

この日は珍しく3体も、道際に落ちていました。

1体は死骸オス。1体は腹部無しの死骸(多分オス。大きさから)。

1体は瀕死のメス。上の写真は拾ってすぐのメス。

雌雄のサイズはこんなに違います。(左がオス、右がメス)

Dsc_1091

6~7月(主に6月?)、なかなか出会えない虫なので嬉しい。

2019年6月19日 (水)

吹上浜昆虫調査会(鹿昆)へ参加しました

鹿児島昆虫同好会の新企画・吹上浜調査会へ参加しました。

この時期に日程を組むのはとても難しいのですが、

もともと小雨決行とし、運が良ければ晴れる!との意気込みが感じられました。

当日はちゃんと晴れてくれて良かったhappy01

Dsc_1110

2019/6/16 鹿児島県日置市吹上町

担当の芝さんが事前に下見をした際に、確認できた昆虫の種類をリストアップしてくださり、

それについての数、それ以外の昆虫がいたら報告するというものでした。

ジャコウアゲハツバメシジミウスバキトンボなどが多く見られました。

テングチョウも多かったです!

個人的には、このベッコウハゴロモ(羽化したばかり)でテンション上がりましたup(笑)

Dsc_1116

Dsc_1120

最後にまた集合場所に集まって、当日の結果を出し合いました。

別班ではホソバセセリの幼虫・蛹などの観察もできたそうです。

集計結果等は後日、芝さんから発表があると思います。

午後はA子先生の案内でルイスハンミョウ探し。

Dsc_1123_2

某所にて、なんとか確認することができました!

暑い(熱い)一日でしたが、フィールドをゆっくり歩く調査・観察も楽しいものですnote

今回は小さなお子さんや女性の参加者も多く、和やかな雰囲気でしたconfident

みなさまお疲れ様でしたhappy01

北野天満宮 青もみじ、大福梅の収穫を見学

社員旅行の際、行先の京都にて、フリータイムで個人的に北野天満宮へ行きました。

Imgp1172

2019/6/8 京都市上京区 北野天満宮

ここは学問の神様、菅原道真公を祀っていて、受験生も多く訪れます。

この日も多くの修学旅行生(中学生)が訪れていました。

梅をこよなく愛したという菅原道真、この天満宮はの名所ともいわれています。

境内にたくさんが生っているので、この時は何となくの実を撮ってみました。

Imgp1176

どれも手入れが行き届いているようで、害虫(食痕等)は全く見られませんでした。

歩いていると、史跡御土居の「青もみじ」公開中。(2019/4/20~6/30)

入苑料は大人500円でしたが、せっかくなので入らずにはいられず…(笑)

Dsc_0967

少し小雨が降ったりするお天気だったので、やや薄暗い雰囲気でしたが、

青々としたもみじの重なる遊歩道は、とても風情がありましたheart02

Dsc_0986

Imgp1197

Imgp1202

とても美しい空間に癒されて外に出ると、今度は何やら宮司さんたちが作業中。

Dsc_0988

どうやらを摘んでいるようです。

面白い、珍しい光景だなぁと思って、しばらく境内を回ると、

本殿前で今度は巫女さんたちが収穫作業中。なんとTVの取材まで来ていました!

ちょうどこの日が、元号が変わり令和初の収穫始めの日だったそうです。

Imgp1206

ひとつひとつ手摘みしていきます。

実際の撮影現場はこんな感じ。

Imgp1207

お正月に授与(販売)される縁起物の「大福梅(おおふくうめ)」に使われるそうです。

この後、塩漬けにして土用干しされるのだとか。こちらの広報担当の女性に聞きました。

宮司さんたちは裏庭の方でたくさん収穫していましたが、

巫女さんたちの収穫はとても優雅で絵になりますねlovely

Imgp1210

受験生の次男のための参拝もありましたが、青もみじ、大福梅の収穫などが見られ、

北野天満宮を満喫できた時間でした。

2019年6月15日 (土)

伊丹昆虫館へ行きました

1泊2日の社員旅行で、京都大阪へ行ってきました。

初日の京都は団体行動、金閣寺二条城などを駆け足で回りましたが、

2日目の自由行動では、ここに行かずしてどこに行く??

私にとっては、こここそが今回のメイン、伊丹昆虫館へ行ってきました!

社員の中で生き物好きな方々と仲良くなり、5人で訪れることにhappy01

ミツバチの巨大模型の前で記念撮影camera

Dsc_1019_2

2019/6/8 兵庫県伊丹市昆陽池 伊丹昆虫館

事前に連絡のついた学芸員の長島さんにも直々に館内をご案内していただきました。

Dsc_1009

バックヤードツアーでは、なるほどと思える昆虫館の飼育裏話や、

工夫を凝らした飼育方法などを見せていただきました。みんな感動~heart02

Dsc_1024

upwardrightチョウ温室にて、ツマベニチョウが休んでいます。

チョウ温室の中では、フワフワと飛び回るチョウたちに癒されました~lovely

止まっている時しかうまく撮影できませんでしたが、こちらはオオゴマダラdownwardleft

Dsc_1025

とても大きいので、飛ぶ姿が優雅です。(指宿フラワーパークでも飼育されてます)

こちらはスジグロカバマダラdownwardleft

Dsc_1026

downwardrightカバタテハ。これは嬉しいsign03 どれもフィールドで出会いたい南の島のチョウたち…。

Imgp1218

ちょうど「羽化したチョウを放そう」という企画で、プラカップに入ったチョウを

配っていたので、私はリュウキュウアサギマダラをもらい、1頭放しました。

企画展でも「ちょうのくらし」を開催中でした。

そこではイモムシベンチに座れるコーナーや虫のお面屋台コーナーがあったのですが、

そこで撮ってもらった私の写真が、あまりにも喜びすぎていて…ここには載せられませんsweat01(笑)

伊丹市の生き物についても資料や標本が豊富で、とても楽しめる施設でしたhappy01

土曜日だったので親子連れも多かったのかと思いますが、

このご時世に、こんなにもまだまだ虫たちに興味がある子供たちがたくさんいることに感動sign01

こんな素敵な昆虫館があるからこそ、子供たちや大人にとっても身近に親しめるのでしょう。

お忙しい中、ご案内くださった長島さんには本当に感謝ですup

お土産を買ってバタバタと帰りの伊丹空港へ向かいましたが、またいつか行きたいですhappy02

Dsc_1053

最後に飲み物の伊丹昆虫館オリジナル自販機。

(私はこの虫の写真の載ったデザインのクリアファイルを買いました)

2019年6月12日 (水)

アカスジキンカメムシ 令和で初

平成で憧れたこのカメムシに、令和になってついに会うことができました!

Dsc_1064

2019/6/11 霧島市牧園町

アカスジキンカメムシです!とまっていたのはキブシの葉です。 

2019年6月 7日 (金)

産卵を見守るアサヒナカワトンボのオス

葉の上にじっとアサヒナカワトンボのオスがとまっています。

画像の左下には、メスがしっぽの先を曲げて、水中で産卵中。

Dsc_0842

2019/5/25 伊佐市

見ていると、近くまで飛んでくる同種のオスを追い払っては、

またメスの元へ戻ってきて、また定位置にて見守りを続けていました。

私がこんなに近くで見ていても、彼らにとっては命を繋ぐ一大イベント。

本当は私のことも追い払いたかったかもしれませんが、

何もしなかったので(撮影だけさせてもらいましたが)許してくださいcoldsweats01

2019年6月 4日 (火)

グンバイトンボ 2019

可愛らしいイトトンボの仲間。グンバイトンボ

Dsc_0840_2

2019/5/25 伊佐市

この日は「当たり日」だったのかも。足元からあちこちフワフワ出てきました。

白い軍配を持ったオスが多かったので、撮り放題と思いきや、

イトトンボの撮影は難しいsweat01

2019年6月 3日 (月)

ミヤマカワトンボが飛翔する風景

本当は縄張り争いをしている2頭のミヤマカワトンボのオスがハイスピードで飛び回りますが、

その事実とは対照的に、優美な川の風景に鮮やかなオスの色合いがアクセントを添えています。

まるで日本画の様な風景。(やや画質が悪いかもしれませんsweat01


YouTube: ミヤマカワトンボ戯れる沢

2019/5/25 伊佐市 奥十曽

Dsc_0831

向こう側にはたくさんのミヤマカワトンボが降りてきていました。

この風景は何度来て見ても見飽きない。幻想的な、癒しのスポットですheart02

2019年5月27日 (月)

ツバメの巣マンション

娘とお気に入りの温泉へ行くと、ツバメの巣がたくさん並んでいました。

風呂から上がり、帰るときにはすっかり暗くなっていて、

巣を見ると、それぞれの巣にオーナーツバメたちが帰ってきていました。

Dsc_0811_2

2019/5/19 鹿児島市川田町

Dsc_0814

こちらはヒナが大きくなりすぎて、親鳥が隣の崩れかけた巣で休んでいる様子。

みんな子育て頑張ってますねheart02

Dsc_0815

錦江町 花瀬公園にて

長男がこの日一時帰省してくれたので、大隅遠征となりました。

向かった先は花瀬公園

Dsc_0784

2019/5/12 鹿児島県肝属郡錦江町

途中寄り道もあったので、着いた時にはもうお昼。

バンガロー隣にある浜田農園でそうめん流しの昼食note

Dsc_0767

渓流の絶景を楽しみながら…のはずが、

長男は待っている間、午前中寄り道した場所で採った微小昆虫の仕分けcoldsweats01

Dsc_0774

そうめんランチ、やっぱりこんな景色の中で食べられるのは最高shine

食後は、自家製シャーベットもいただきましたdelicious

Dsc_0779_2

私はここの農園で育ったブドウのシャーベット。娘はマンゴー。さっぱりして美味heart02

この後、一応ネットを持って散策。特に何狙いというわけでもなく。

ヤマサナエイチモンジチョウミヤマカワトンボなどを採集。

そして、この風景。鹿昆会員の方で、懐かしいと思われる方もいらっしゃるかも?

Dsc_0781

2011年、合宿なるものを行い、集合記念写真を撮った階段ですconfident

実に8年ぶりに訪れましたsweat01

天気も良すぎて、歩いているだけで自然を満喫できる一日。

Dsc_0782_2

長男もすっかり虫屋です。(ネットの中で小さな虫を自作の吸虫管で採集しているところ)

次男が参加できなかったのが残念ですが、良い大隅遠征=母の日となりましたup

長男はこの日の晩、新幹線で福岡へ帰りましたcoldsweats01

2019年5月23日 (木)

マルベリー(桑の実)

実家の裏庭に生っていたマルベリーの実です。様々な品種があるようです。

Dsc_0734

2019/5/8 実家にて(垂水市

濃い紫色になったら完熟。熟れ過ぎると、ちょっとした振動でボトッと落ちてしまいます。

一つ摘むつもりが、その振動で別の実がボトボト落ちてしまうようなcoldsweats01

母は少し前に大量に収穫してジャムにしたんだとか。

私は「カイコを飼うには葉が小さいなぁ…」と思って見ていました(笑)sweat01

2019年5月22日 (水)

実家でハーブティー

今夜(2019/5/22)は鹿児島のローカル番組(MBC「てげてげ」)で、

アンミカさんが来鹿され、大隅半島のハーブをめぐる旅をやっていました。

そういえば、私も先日実家にてハーブティーをいただいたばかり。

ハーブティーって香りが強いのかな?と思って、

今まであまり積極的に飲んでいませんでしたが、これは衝撃的に美味しかった!up

まずは実家の裏庭で育てている?レモングラスの葉を採ってきて、

適度な長さに切り、ポットへ。切りたてなので、新鮮ですshine

と言っても、私はただ見てるだけで、母が手際よく作っていくのですが…coldsweats01

Dsc_0740

2019/5/8 実家にて(垂水市

他に母がおすすめのハーブ(何だったかは失念)と、カモミール

摘みたてのバラ(つぼみ)の花びらだけを入れてます。 

Dsc_0743

お湯をそそいで完成。

Dsc_0744

Dsc_0746

ほとんど透明なハーブティーですが、香りがとても素晴らしく、味もスッキリhappy01

母は「リラックス効果があるからheart02」と、最近よく飲んでいるとのことでしたが、

私にとってこのハーブティーの香りと味は、

まるで山に行って車から降りた時、湿った草木の香りが立ち込めて、深呼吸するような、

そんな風景を思い出すような気がして、それがシンクロしてある意味リラックス効果あり!

この日は「母の日」を前倒しして実家へ行っただけだったのですが、

なかなか良い時間を過ごせましたnote

実際の母の日は、自分が母でもあるので、子供たちとゆっくり過ごしましたwink

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム