アクセスカウンター

  • TOTAL

2021年2月25日 (木)

藺牟田池、春のヤナギと梅

この日は予定キャンセルとなったため、午後から藺牟田池へドライブ。

春の風景を楽しめるかも?と思って。

202102211

2021/2/21 薩摩川内市 藺牟田池

暖かい週末でしたので、キャンプ場には10組くらい?のテントが張ってありました。

キャンプ場から梅畑あたりまで、ゆっくり散歩しました。

ヤナギはまだまだ、やっと新芽が出てきた頃です。ほとんどがまだ枝のみ。

202102214

202102215

ビオトープでは、おたまじゃくしがたくさん!

202102213

ウメは8分咲きといった印象でした。

202112216

3月下旬にはベッコウトンボも出現し始めます。

春の藺牟田池、楽しみです。

2021年2月17日 (水)

ヒカンザクラにセイヨウミツバチ

この日は遠出?をして、枕崎市方面へ。

途中、見晴らしの良い、素敵な風景に車を降りました。

202102102

2021/2/10 南さつま市

晴れわたる空に薄雲、そして遠くには開聞岳が美しくそびえたっています。

満開のヒカンザクラには、羽音をたてながらセイヨウミツバチが盛んに飛び回っていました。

202102101

素通りだけではもったいない、南薩もまだまだ素敵な場所がいっぱいup

再発見のドライブでしたhappy01

2021年2月15日 (月)

クロツラヘラサギ他、水鳥たち

このところ、実家からの帰り道は陸回りで、夕方鳥見をするのがお決まりになってきました。

この日もやっぱりそのまま帰れずに、鳥見ルートを走りました。

20210214

2021/2/14 加治木町

すぐにクロツラヘラサギの団体さん10羽がいましたが、

今回はツクシガモが多くみられました。ざっと20羽はいたと思います。

その他、カルガモコガモマガモオオバンが均等に見られ、

他にオナガガモホシハジロキンクロハジロが少数混じっている感じでした。

双眼鏡は車内に常備。チャンスを逃さないように!

一度見始めると、時間を忘れてしまいます。

この場所は安定して鳥見ができますが、いつか思いもよらぬ鳥に偶然出会えますように!

2021年1月 6日 (水)

2021の初チョウ

この日、長男と指宿山川の先、長崎鼻付近へ行きました。

目的は海釣りでしたが、私は浜へ降りる階段でイシガケチョウを見つけました!

Imgp1592

2021/1/3 指宿市山川

一瞬モンシロチョウが来たのかと思いましたが、飛び方ですぐに違うと分かりましたcoldsweats01

しばらく見ていると、私を通り越して、後方の階段に降りたところを撮影camera

成虫越冬のようですが、こんな海の近くで見るとは思いもしませんでしたsweat01

階段脇にセンダングサがたくさん咲いていたので、そこで吸蜜していたのでしょう。

実際、あとシジミチョウも1頭見ていますが、ルリシジミだったかも?

近づくとすぐに逃げてしまうので、種類の確認はできませんでした。

ハナアブの仲間も数種類来ていたようです。

この日は暖かかったので、海で釣りをする長男をぼーっと見ていてもそこまで冷えませんでした。

カメラを持っていて良かった!今年の昆虫初撮りでしたheart02

2021年1月 1日 (金)

2020→2021

明けましておめでとうございます。2021年(令和3年)となりました。

今年は大きな目標は掲げませんでしたが、

とにかく病気をしないこと。無理をしないこと。今できる事を一生懸命頑張る。

…と、これくらいにしておきますconfident

さて、こちら鹿児島でも年末から一気に冷え込みました。

31日に所用で溝辺空港辺りを通りましたが、霧島連山も雪化粧をしていました。

20201231

2020/12/31 霧島市溝辺町

また大晦日の晩のNHKカウントダウンでは、シマエナガが映っていて可愛かったlovely

20201231_2

そして、年が明け、初めて初日の出を見に行きました。

今まで実家でしか年末年始を過ごしたことがなかったため、元旦の日の出は初めてです。

今年はコロナの影響もあり、自宅で年末年始を過ごしたので、いい機会となりました。

ただ、一度行ってみたかった城山…ですが、曇りの予報にも関わらず、人が多すぎてビックリ。

太陽の姿は見えない日の出でしたが、上がる前に朱色の光線が広がってとても美しかったです。

202101011

2021/1/1 鹿児島市 城山展望所

その後、城山の駐車場横から、陽が上がった後の市内の風景。

202101012

その後は寒いながらもいいお天気になりましたsun

今年一年、コロナの終息を願いつつ、皆さまにとっても素晴らしい年になりますようにheart04

2020年12月24日 (木)

2020 夕暮れ時

だいぶ更新せずにおりました…。かなりお久しぶりですcoldsweats01

特に体調を崩していたわけでもなく、ただただ外出する機会も減り、

シーズン的に虫との関わりも減り、その他いろんなできごとが巻き起こり…といった次第です。

さて、今夜は2020年のクリスマスイブxmas

先日、会社帰りにここの近くを通ったところ、イルミネーションが素敵でしたので撮影しました。

20201221

2020/12/21 鹿児島市加治屋町 加治屋まちの杜公園(10/23 OPEN)

以前、市立病院があった跡地です。今きれいに整備され、素敵な公園になりました。

一角にはカフェレストランもあり、そこが写真のように光ってきれいです。

市電の新屋敷甲東中学校前電停の間に広がる公園です。

さて、コロナの影響で、今までとは異なるライフスタイルとなりました。

環境に適応しながら、知恵を出しながら、対応していかなければなりません。

皆さまもくれぐれも体調をくずさぬよう、ご自愛ください。

「コロナに年末年始は無い」と聞きますが、それでも新しい年はやってきます。

皆さま、よいお年をお迎えください。また来年も頑張りましょうね!happy01

2020年11月15日 (日)

ウマノスズクサの種

少し前だったのですが、指宿在住の虫ママ友のT子さんから、

ウマノスズクサのタネが送られてきましたhappy01

20201030

2020/10/30 撮影

ひと房の中に、約90~100枚の薄い種子がびっしりと並んでいます。

近々、鹿昆大会が催されますので、その際にT子さんの代理として、

ご来場、ご希望の方に小分けにしてお譲りする予定です。

20201115

平たい種子で、台形です。1枚の大きさは7~8ミリ前後?

ウマノスズクサジャコウアゲハの食草となるツル性植物です。

(種子を収穫する前の記事はこちら

2020年11月 7日 (土)

ボロボロのクスサン

玉名パーキングエリアにて。

翅は若干踏まれたのかもしれませんが、ボディは大丈夫。

でも生き絶え絶えのクスサンでした。

20201016

2020/10/16 熊本県玉名郡南関町

10月はいろいろな出来事があって、こちらのブログもほとんど手付かずでした。

虫も少し遠ざかっていたかもしれません。気になってはいますけどcoldsweats01

このクスサン、これ以上誰かに踏まれたりするのも気の毒なので、

建物横の草地にそっと隠してきました。久しぶりに見た大型の蛾でした。

2020年10月 5日 (月)

ルリタテハの蛹

先日の鹿児島昆虫同好会の例会にて、Sさんが持参したルリタテハの蛹を1つ頂きました。

ご自宅のホトトギス(植物・ルリタテハの食草)で蛹化したものだそうです。

202010031

2020/10/3 ルリタテハの蛹

まだ蛹になったばかりというので、あと1週間前後で羽化するでしょうか。

ちなみに、downwardrightこちらは花が咲いている時のホトトギスです。

昨年の秋に大隅で撮影しています。

201910193

2019/10/19 鹿屋市有武町

ルリタテハは、ここでも私がアイコンに使用している大好きなチョウですhappy01

2020年9月30日 (水)

フクラスズメの幼虫(毛虫なので閲覧注意!)

久しぶりにここの川へ立ち寄ったら、川沿いの土手が見事に除草されていて、

今まで隠れていたコンクリートの階段が見事に姿を現していました!

20200927k

2020/9/27 南さつま市金峰町大野

そしてこの川の手前でフクラスズメという蛾の幼虫が大量発生!

いや、大量発生ではなく、刈られたカラムシ(食草)の中で、唯一残ったこの1本に

幼虫たちが集中している光景ですcoldsweats02

202009279

食欲旺盛な幼虫たち。いったい何匹いるの??sweat02

そしてこの子たちにある仕掛けをすると…。一斉にダンスを始めます!

少し刺激を与えるだけで、ビヨンビヨン体を揺らすのですが、

私はフーーーーッと息を吹きかけてみました。案の定、ダンススタート!!

動画も撮りましたが、UPするのは控えておきましょうcoldsweats01

2020092710

とてもカラフルで目立つ大型の毛虫です。毒はないのですが、ちょっと触る気になれませんsweat01

少し歩いてみると、コンクリートの階段沿いを1匹の幼虫が一生懸命移動していました。

20200927101

私もその先に行ってみたかったので、しばらく散策してみると、

その向こう側にはたくさんのカラムシ(食草)と、仲間たちが待っていました!happy01

戻ってみると、まだこの子は一生懸命その先を目指して移動しています。頑張れ!up

たくさんの幼虫の中でも、1~2割の個体は行動派に思えます。

保守的に、その場でなんとか命を繋ぐ者、

そして、リスクを冒してでも現状を打破して新世界を見つける者。

人間社会にも当てはまるかもなぁ?…なんて思いながら、この後は私も新天地へ!(笑)

2020年9月27日 (日)

オキナワルリチラシ 2020

目の前を横切って、すぐ近くのムラサキシキブの葉にとまったのは、オキナワルリチラシsign03

Dsc_3674_2
2020/9/27 南さつま市金峰町 金峰山

Dsc_3672

灯火採集以外、日中に野外で見つけたのは初めてです!

胸が高鳴りましたup

記録として、一応採集しましたが、翅の裏側の支脈がメタリックブルーで美しいshine

Dsc_3675

似ている蛾で、サツマニシキもという蛾もいますが、

どちらも美しい昼飛性の蛾です。同じマダラガ科。

2020年9月22日 (火)

ムラサキツバメと一緒に退勤

最近、朝晩涼しく感じるようになりました。

この日は、仕事が終わって帰ろうとしたとき、

シャッターの内側、ドアのガラスに取り残されたムラサキツバメを発見。

20200919

2020/9/19 鹿児島市

ここに居たら残業になっちゃうよ~?(笑)と思いながら、素手キャッチ。

一度、逃げられてしまい、翅の紫色がチラチラ垣間見えましたが、

もう一度とまったところで再度素手キャッチ。成功!

すぐ横の勝手口から一緒に外に出て、街路樹のツツジのそばで放しました。

少し薄暗くなった夕方の街の中に隠れてしまうかな?と思って見ていると、

案外そのツツジの下の方に潜るように入っていきました。

寒くなると集団越冬する姿が観察されるチョウです。結構、街中でも見かけるチョウですね。

2020年9月21日 (月)

奄美での灯火採集 2020/8

このところ、年齢のせいでしょうか?更新を怠ってしまいがち…coldsweats01(すみません)

大変遅くなりましたが、そういえば、奄美での灯火採集の様子をUPしていませんでしたsign01

K先生からお誘いをいただき、宇検村某所にて奄美でのナイターが実現しましたup

Dsc_3396

2020/8/11 奄美 大島郡宇検村

Facebookで知り合った、奄美在住のNさんもK先生とお友達だったので、合流。

さらにNさんがカメムシ屋のYさんを連れてきてくださり、楽しい夜となりました。

Dsc_3403

私は初採集となったハグルマヤママユで大満足up

Dsc_3402

その他、奄美固有種や奄美以南の蛾や甲虫がやってきて、本当にワクワクでしたheart04

ここではK先生が大発見。小さなコオロギの仲間?ヒバリモドキ科の虫を発見。私は採集。

いろんな視点で、いろんな角度から見ることで、何か発見できると楽しいですねnote

今回はちょっとした気づきが功を奏しました。

クワガタ類は全く来なかったので不思議でしたが、近くにはいない環境だったのかも??

お忙しい時間を割いて名瀬市から宇検村まで来てくださったK先生、Nさん、Yさん、

本当にありがとうございました。とても貴重な体験となりましたhappy01

2020年9月 6日 (日)

ウマノスズクサの実

指宿在住の虫ママ友、T子さんから、今年8月の終わり頃、

ジャコウアゲハの食草であるウマノスズクサに、実が下がっているとの連絡がありました。

6月20日には、花やつぼみも確認されていて、なかなかそれを見る機会はなかったので、

本当に素晴らしい情報だと思っていましたshine

今回今までにない規模の大型台風10号が接近するとのことで、(今、まさに暴風域)

その前日に、もう探せなくならないうちに、と、指宿市まで走ってきました。

T子さんと待ち合わせをしていただき、現場ですぐに案内してもらったのですが、

案内がなければ短時間で見て帰ることはできなかったと思います。

202009051

2020/9/5 指宿市

2つ、実が確認できました。

202009052

T子さん、この場所に足しげく通い、同エリアでいくつもの小さな苗まで見つけています。

本当にすごいです!!!up

足元の10~15センチくらいの高さの苗には、ジャコウアゲハの幼虫も見つかりました。

202009054

美味しそうな若葉を食べて、大きくなってほしいのですが、

勢力の強い台風10号が通過するので、心配ですbearingsweat01

マングローブ林でヒルギカネタタキ

こちらは奄美カヌー体験をしたとき、休憩中に見つけたヒルギカネタタキです。

Dsc_3432

2020/8/12 奄美市住用町

折り返し地点で、ガイドさんがマングローブ林のトンネルの両脇にお客さんを寄せて、

いろいろお話(解説)されていた時だったのですが…sweat01

帰宅後、図鑑で調べるとヒルギカネタタキのオスということが分かりました。

オヒルギメヒルギから成るマングローブ林。だからヒルギカネタタキなんですね。

Dsc_3436

カヌー体験もとても楽しかったです。本当に美しい景色がいっぱいでしたhappy01

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム