« ウラナミシジミ羽化 | メイン | 世界初昆虫食自動販売機 »

2019年1月30日 (水)

黄色い蛹 再び 2019

3年前とまったく同じ。(3年前の「黄色い蛹」はこちら

F8e8e7ddfc6b4cdf97dc6555e10d535c

2019/1/30 撮影

75909fead19c4f7face02e503a666735

葉の色はこれくらい。黄色い。

やっぱり葉が黄色くなると、蛹も黄色くなりました。

どういう因果関係なのか、まったく不明です。

食べた葉の組織によるのかな?

ちなみに、3年前の蛹は、4月上旬から中旬にかけて2頭羽化しています。

今年もそれくらいまでを目安に、楽しみを待つことにしましょうhappy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/34167931

黄色い蛹 再び 2019を参照しているブログ:

コメント

なんじゃこりゃー!
うーーーーむ。よくわかりませんが,是非投稿してください。
今回は日付もバッチリ押さえてあり,良い記録になりそうです。

冬だけかしら?
夏シーズンのサナギはどうなっているのかしらねー?

viola-kkさま
何でしょうね~。なぜ葉の色に合わせて同じように変色するのか?
食べた葉の成分が蛹の体内に作用するのでしょうか?
博物館の幼虫はどうですか?
そこは葉が濃い緑色のままなので、緑色の蛹を見つけるのは難しいでしょうね。
でも、先日見つけた幼虫はまだまだ小さかったようです。

viola-kkさま
追記です。
夏だったか不明ですが、以前ギョボクが緑色の葉のままの時期は、蛹も緑色でした。
葉の形によく似ているので、蛹を見つけるのも難しかった記憶があります。

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム