« 2018/6/16の桜島 | メイン | 鹿昆灯火採集会 2018/6/16 »

2018年6月17日 (日)

鹿昆臨時例会 2018/6/16

異例の6月中に2回目の例会、今回は特別講演として、

市川俊英先生と金哲史先生によるコラボ講話がありました。

①市川俊英先生:クヌギ樹液の滲出要因とオオスズメバチが嫌う樹液

Cce8773bd2ca41d4b775b76951ad1bb3

②金哲史先生:オオスズメバチが嫌う樹液の成分

E255f154c8424044a05594fcab41deb5

市川先生の素晴らしい観察眼・観察力から得られたヒントが、

金先生の元で分析・解析され、新しい発見を生み出す感動のお話でした。

要は、オオスズメバチの観察中に、樹液の好き嫌いがあることを発見し、

嫌いな方の樹液からその成分を見つけ出し、その性能を生かしたある商品を開発するお話。

その成分でハチは攻撃性を失い、ただただうろたえた後、去っていくとのこと。

お二人はいかに人にやさしく、虫にやさしく、被害を激減できるかという方法を見出し、

共同で「スズメバチサラバ」という画期的なハチ避けスプレーを開発されましたsign03

参加者は1本ずつ手にすることができましたが、これはもう1本欲しくなる魅力的なスプレー。

ハチのいそうな環境に出かける時はもちろんですが、ハチ避け、駆除作業などに効果があります。

7f72b1355de94134a3a034f889afd522

私の会社でもシーズンになるとたまにハチ駆除の依頼が入ってきたりします。

その時はこのスプレーを紹介してみようと思いますup

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/34131097

鹿昆臨時例会 2018/6/16を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム