« 小ちゃなタンポポ | メイン | イボタガ 2017 »

2017年3月24日 (金)

ただの日記 2017/3/23

2017/3/23 次男、小学校卒業式。

流した涙の分だけ、親子共々思い入れが強い学校生活が送れたのだと思った。

保護者としても、チームワークの良い先生方や地域の方々の支えがあってこそ、

安心して子供を任せられてきた。

その中で、子供たちもお互いを思いやり、学び合い、助け合って成長した。

次男の小学校では、その絆を強く感じることができる仲間に恵まれた。

この日だけ雨となり寒かったが、感動の卒業式、心は晴れ晴れの一日だった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/34050389

ただの日記 2017/3/23を参照しているブログ:

コメント

卒業おめでとうございます!
12歳,まだまだ大変だけど,夢が広がっているとも言えますね。
がんばって!
いや,今も頑張っているから,これからもこの調子で!
かしらね。

卒業おめでとうでした。
わたくしは、寒すぎて涙もでませんでしたcrying

viola-kkさま
ありがとうございます。
毎年いろいろな成長の段階がありますが、
これからも多方面で頑張っていけたらなと思います。

そして残留おめでとう?ございます。
また博物館でお世話になることもあると思いますので、
その時はよろしくお願いいたします。

ひでさま
ありがとうございます。
確かにこの日は本当に寒かったですよね!
ひでさんも心の中では泣いていたんでしょう?smile
子供の成長って早いですよね。

ご卒業おめでとうございます。いい友達などに恵まれてよかったですね。中学生活もがんばって行きましょう。

金太郎さま
のすけ君も卒業おめでとうございます!
またお互いの「幼少期」に遊んだ仲として、
再会の際は一緒に楽しく過ごせたらいいなと思います。
「またのすけに会いたい」って言ってます。

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム