« 何の幼虫かは不明… | メイン | スズメの巣穴 »

2016年6月 9日 (木)

病院で見た虫の本

「皮膚炎をもたらす身近な虫」とあります。

Rimg2496

2016/6/9 鹿児島市 猿渡ひふ科クリニック

スズメバチ、ブユ、イラガの幼虫、ネコノミ、ヒトスジシマカ、

ムカデ、アオバアリガタハネカクシ、ミツバチ、

ヒロヘリアオイラガの幼虫、チャドクガの幼虫・成虫、

アシナガバチ、イエダニ、アカイエカ…。さすが、皮膚科。なるほど…。

Rimg2495

次男に突発的なクインケ浮腫という病症が現れ、朝イチで皮膚科受診。

原因不明で薬もないのですが、数日で自然消滅するというので安心しました。

(この日の夕方には腫れは引きましたheart02

「皮膚炎をもたらす虫」とは全く関係のない病気ですが、

待合室でついつい手に取ったというのは、こんな本だったという話です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/33851923

病院で見た虫の本を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム