« 読み聞かせで使った「絵が変身する」仕掛け | メイン | ツマグロオオヨコバイ »

2011年3月19日 (土)

早春のサナエ

今年はムカシトンボよりも早く、あるサナエに出会いましたheart02

0319_2

ヒメサナエ ダビドサナエ(メス)かも…。 2011年初見です。

0319

本日羽化したばかりだったのでしょう…。

翅は柔らかそうで、ラップのように虹色にツヤツヤと光り、

複眼の色もまだグレー。体の色も薄い…。

かよわく、フラフラと、自分の体もうまく飛ばすことができない彼女は、

枝先から地面まで、風に乗って降り立ってしまいました。

そのときに思いっきり撮らせてもらいましたが、

自然の芸術品は、ただただ見守りたいという思いでいっぱいです…confident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/26172012

早春のサナエを参照しているブログ:

コメント

もうトンボが出ているんですね。
トンボに出会うと、本格的な春・・・って気がします。

私も探しているのですが、まだ出会っていません。
いつかは!と、期待を込め散歩に精を出しています。

南風さま
同定に自信はありませんが、図鑑で絵合わせする限りでは、
ヒメサナエかダビドサナエだと思います。
(ヒメなら5~9月、ダビドだと4~7月とあるので、ダビドの可能性大)
体の模様で識別するポイントを押さえて、数カット撮りましたが、
採集していないので、確実な確認ができませんでした。

他にも5~6頭、カゲロウのようにピラピラ~と飛んで行く、
同日羽化したであろう個体を、画像にあるつり橋の上から見かけました。
こんな早い時期に羽化しているのにも驚きましたが、
やはり何か異常気象の関係もあるんでしょうか…。
今年、ウスバキは見ていませんが、
今後もトンボの発生についても気を付けておきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム