2016年10月19日 (水)

満月 2016/10/16

この日は某温泉に寄ってゆっくり帰りましたが、

帰路、車内から見える満月は見事なものでした。

Rimg0108

2016/10/16 伊佐市

とてもよく見える場所があったので、停車して撮影してみました。

意外とちゃんと写ってくれるほど、明るくて見事な満月heart02

なんでだろう、見るとワクワクしてしまうし、元気になれますhappy01

2016年10月11日 (火)

メダカと共に泳ぐクラゲ

この日は藺牟田池昆虫調査日。主に水生昆虫を調べました。

調査中はカメラや携帯は水没の危険性があるため、所持せずdown

帰りにアクアイム(生体系保存資料館)に入ると、

ヒメダカと一緒に泳ぐクラゲを見ることができました。

真水で生きるタイプのようです。

Rimg0039_2

2016/10/9 薩摩川内市藺牟田池アクアイム内)

体長1センチ前後の小さなクラゲです。

ヒメダカの水槽にいるので、ぜひ探してみてくださいwink

2016年9月27日 (火)

ねばり勝ち!

私もこの日は頑張ったけど、捕れなかったクロスジギンヤンマ

彼女は、ねばり勝ちですsign03

Image1_2

2016/9/21 指宿市東方

2016年9月 7日 (水)

藺牟田池の風景

なかなか見ることができないアングルから。

Rimg2219

2016/4/30 薩摩川内市 藺牟田池

調査のため(予行)、ボートで中に入っています。許可有り。

これによって池の内部の昆虫、魚類、植物の調査が可能となりました。

2016年8月21日 (日)

渓流脇のコケ岩の風景

そこにいるだけで癒されるような空間。

Image2_2

2016/8/13 伊佐市奥十曽

足を踏み入れるのが申し訳ない気がするのですが、

こういう場所にたどり着くと、いろんな虫に出会えたり、

鳥の声が聞こえたり、いろんなことを想像できるので楽しいheart02

2016年8月 4日 (木)

オオマリコケムシ

藺牟田池での水生昆虫調査の際、T氏が紹介してくれたのが、

このオオマリコケムシsign01 何これsign02 初めて見ましたsweat01

Rimg2829

2016/7/30 薩摩川内市 藺牟田池

コケムシという仲間らしいのですが、ウィキ先生の解説をどうぞcoldsweats01

元々は小さな下等生物の集まりらしく、まだこれでも小さな群体らしいのですが、

秋にはもっと大きくなり、冬には消滅してしまうそうです。(by T氏)

長男は触りましたが、私も触ればよかった…。撮影のみでしたsweat02

2016年7月29日 (金)

卵を抱える母クモとゴマダラカミキリ

大きなクモが卵(卵嚢)を抱えていました。

撮影しようとしていたら、その横を淡々と歩いていくゴマダラカミキリsign02

Rimg2696_2

2016/7/17 薩摩川内市 藺牟田池

まさかのツーショットとなりましたcoldsweats01

クモの種類は分かりませんが、ゴマダラカミキリのおかげで

ある程度の大きさは推測できると思います。かなり大きなクモですね。

藺牟田池ヤナギ林では多くのゴマダラカミキリが見られます。

この日は5頭。興味があるので、サンプル採集しました。

2016年7月21日 (木)

Yーtail

藺牟田池での昆虫調査中、こんな生き物にも出会いました。

Rimg2685

2016/7/17 薩摩川内市 藺牟田池

カナヘビですが、よく見ると尻尾の先が分かれています。

Rimg2686

トカゲ類は身の危険が生じた時、尻尾を「自切(じせつ)」することがありますが、

この個体は一度切れかけた尻尾の傷口から、また新しい尻尾が再生されたのでしょうか?

Rimg2688

次男は爬虫類系も大好き。手に取って記念撮影?(笑)

撮影後は、また草むらの中に帰しましたhappy01

2016年7月12日 (火)

帰りに束の間の虹

夕方、高い建物の向こうにボーッと大きな虹が見えましたlovely

Rimg2609_2

2016/7/12 鹿児島市

建物のない、もっと広い空にかかる虹を撮りたかったけど、

やっとたどり着いた時には、ちょっと薄くなってしまいましたsweat02

2016年6月25日 (土)

知林ヶ島のカタツムリ

結構、数多く見ることができたカタツムリ

Rimg2327

2016/5/5 指宿市 知林ヶ島

これは普通の右巻きですが、稀に左巻きの個体もいるそうです。

そんなことを調べていたら、おもしろい記事があったので紹介しておきます。

http://s-park.wao.ne.jp/archives/1443

clover右利きのヘビと左巻きのカタツムリ…「右」と「左」から迫る生物進化の謎

この日、知林ヶ島で本当にたくさん見かけたので、つい1枚写真を撮りましたが、

左巻きもいると知っていれば、もっとよく見ておいたのになぁ…coldsweats01

今度からカタツムリを見つけたら、気をつけてみようと思いましたflair

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム