« 晴れの日はアジサイを | メイン | コシアキトンボのメス »

2014年6月 1日 (日)

アルコールの害

次男の小学校の日曜参観で、「薬物乱用防止教育」の授業を聞いてきました。

学年ごとにテーマが異なり、次男の学年では「アルコールの害」でした。

他にも「タバコ」「薬物・覚せい剤」があります。近年新しく導入された授業だそうです。

よく「お酒は20歳になってから」という表記を目にしますが、

実際に「なぜ20歳になってからなのか?」という学習でした。

Rimg0578

それは、大人になるまでは、アルコールの分解能力が未熟なため、

脳細胞に与える悪影響が大きく、性ホルモンを作り出す機能も抑制され、

健全な発育ができない恐れがあるからです。

また、アルコールの分解能力には個人差があり、

急激に大量のアルコールを摂取すると命の危険にさらされる場合もあるからです。

それを知るため、パッチテストで個人の体質を調べる実験(体験)もありました。

Rimg0580

絆創膏に数滴のアルコール(消毒用)をたらし、利き腕でない方の腕、

ワキから肘までの間の柔らかいところに貼り付け、10分ほど待ちます。

それからゆっくり剥がした時に、皮膚が赤くなっていればいるほど、

その人はアルコールの分解能力が低いということになります。

保護者(参観者)も全員そのテストを受けることができました。

ちなみに私は…真っ赤でしたcatface ヤッパリネsweat02(画像では分かりづらいかも??)

Rimg0582

面白かったのは、この授業を受けた子供たちの中で、

「今までお酒を飲んだことがある?」の質問に対し、半数が勢い良く挙手papersign03(笑)

「大人に勧められて」「間違って」「お正月(おとそ)」「梅酒」など、理由は様々sweat01

アルコール依存症にならないよう、未成年のうちから習慣づけることは避けましょうup

また、特に女の子は、妊娠中・授乳中の飲酒は赤ちゃんの成長に影響が出るので

赤ちゃんのために、ちょっとの飲酒もやめておきましょうheart02

大人になってから、楽しいお酒を飲めるようになりましょうねhappy01

とっても充実した素晴らしい授業でした。先生ありがとうございました。











トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/32278375

アルコールの害を参照しているブログ:

コメント

何と、小学校でアル中の授業かぁ。
きっと、今の私は赤点かも。

本日は、いつになくひどい二日酔いです。
昨夜飲む前に、この授業を受けていれば、
二日酔いにならずに済んだかも。。

そして、本日も…。

ホソカミキリさま
昔はこんな授業なかったそうです。
だからホソカミキリさんは二日酔いになってしまうのかも?coldsweats01
アル中にならないよう、ご自愛くださいませup

人間ドックの栄養士さんの話とか,この手のアルコールの話とか,世の中には出たくない授業がいっぱいです。そんないやなことを忘れるためにも,「今夜も酒を,あおるのさ~♪」
太く短く生きたいものです。
今でも太いけど・・・・。

viola-kkさま
軽くアル中ですねsweat02
太く短くとおっしゃらずに、健康管理も大事なので、
お酒は適度な量でお楽しみくださいwink

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム