« あれ?アブラゼミ… | メイン | トノサマガエル休憩中 »

2013年9月28日 (土)

ただの日記 2013/9/28

カテゴリーを「家族」にしようか、かなり迷ったが、「日記・コラム」で…。

今日は長男の誕生日だった。祝・13歳!

中学1年生なりに、いろいろ大きく変わる年齢でもあると思う。

それでも、本人は分かっているのかいないのか?大人なのか子供なのか?

やっぱり、どっちつかずで中途半端。でも、そう…これから、これからなのだ。

その通過点としての一日であったに過ぎないけれど、

今日は思いがけない嬉しいことがあった。

バースデーケーキをどうしようか迷ったあげく、特に予約もしていなかった。

それでもやっぱり夜になって、「あれば食べたかった…」という言葉に心が痛み、

まだやっていそうな洋菓子店へ走ってみた。

まだ明かりはついている。入った瞬間、ショーケースはガラガラだった…。

「まだやっていますか?」との問いに、ちょっと困り顔の若い女性の店員さんが、

申し訳なさそうに「小さなバラ売りのケーキでもいいですか?」と答えてくれた。

一度下げたものが奥にあったのだろう。すると、店長?の男性が出てきてくれて、

その女性店員に「いくつか聞いて、差し上げて」と!?

差し上げて??

店長さん「もうこれは私たちがおやつにしても食べきれないし、捨てちゃうんですよ」と…。

ビックリしつつも、かなり嬉しい。

私「そんな、スミマセン!実はこの子の誕生日なんです。ケーキも予約してなかったから、

ここが開いてたら…と思って来たのですが…、それではこの子にプレゼントしてもらえると

いうことで、いいでしょうか??本当にありがとうございます!」

すると店長、「だったらプレートも書いちゃおう!お名前は?」と聞き、

奥で店長自らバースデープレートも書いてくれた。ショートケーキの上に乗せて。

しかもロウソク付きで、いろいろなケーキを2個ずつ4種類(8個)も!!!

こんなことってあるんだ…。

「食べきれなかったら捨てちゃう」という言葉、長男は真面目に受け取って驚いていたが、

そう言われると、受け取り側も頂きやすいもの。粋な心遣いに感動…。

もちろん、ケーキは旨い!(だからこの店に走ったのだが)

そこのスタッフの方々に感謝。

そしてそういうシーンを一緒に買いに行って体験できた長男にも、感動が味わえて

いい経験になったと思う。

だから今回は「日記・コラム」にした。ある洋菓子店での心温まるエピソード。

長男にはこれからもっといろんなことを頑張って欲しいと、親としては期待するのだが、

こういう日常のワンシーンで感動することも大切だと思った。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/456531/31871315

ただの日記 2013/9/28を参照しているブログ:

コメント

とても素敵な誕生プレゼントでしたね。長男君がもう少し大きくなって「そういえば」ってこの誕生日ケーキのことを思い出し、その意味を理解したときまたひとつ大きくなったなって再認識するのでしょうね。自分は、「そういえばあの時は若かったなあ」って思う(反省する)ことがあればあるほど成長(かはわかりませんが)していると実感するようにしています。
以前の日記で書かれてたようにお母さんとしての誕生日でもあるので、その意味でもおめでとうございました。

rurinと長男の初めての出会いから,13年もたったんだね。

ママ&長男君
誕生日オメデトウ(^▽^)ゴザイマースbirthdaybirthdaybirthdaybirthdaybirthday

うちの子の一番の友達・長男君へ

いきなり,部活が終わるなり,うるさいオバちゃんに付き合わされ衝撃を受け,いろんな意味で一つ大人になった長男君wobbly
これからも,お母さんを支えてね。
外履きに履きかえることよりも,昆虫標本を大事そうに抱える姿が,やっぱり,ママと築いてきた虫との関わりの全てを物語ってて微笑ましかったよ。ママに見せたかったheart02

rurinへ

お互い,子供に喜びもらったり,困らせられたり・・・
毎日事件ばかりだけど,自転車が止まったら倒れるのと同じ,子育て完了するまで,こぎ続けようup

neo カン ト リー 万歳\(^^@)/

ドラマのように素敵な誕生ケーキを食べれたのもママだからこその経験だったねheart04


心温まるエピソードに、感動しました。
素敵なお誕生日のお祝いになりましたね。
長男君は、息子も私も大好きです!
これから、大人になる過程でいろいろあるとは思いますが、、、
乗り越えていってほしいですね。
おめでとうございます。

金太郎さま
ありがとうございますconfident
ただ今、反抗期突入…の長男。何に対しても素っ気なく、
この日この時のことを「そういえば」って思い出せるほど記憶してくれていればいいと願うばかりです。
本当に意味のあることを理解すれば、少しでも一歩でも大人になるんでしょうね。
今はそれを感じて欲しいです。

ももりんさま
ホント、この日は(も??)いろいろあったけど、
いつもありがとう…weep
ももりんのコメント読んで、この日の出来事を全部思い出して号泣したよcrying
本当に子育ても自転車と同じ、どこかでこぐのを止めてしまったら転んじゃうんだよねbearing
止めるときは、ちゃんと周りを見て、しっかり足をついて大丈夫なときだね。

ハチっ子さま
私も長男と一緒に乗り越えないといけないことばかりです。
今は何と思われようが、後で理解してもらえたらと願います。
あの夜は、店長さんからのお計らいによって、
美味しいケーキに救われました。

コメントを投稿

ブログ内検索

  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
フォトアルバム